ネット業界の独り言垂れ流し

元ネット金融マン、現ITコンサルタントが、楽天、SBI、サイバーエージェント、ソフトバンクなどの企業の動きや経済系の時事ネタを綴っていきます。趣味のクレジットカードや競馬についてもつぶやきます。

SBIの2014年度1Q決算は83.4%の減益

SBIが2014年度1Qの決算を発表しました。

 2015年3月期第1四半期 決算発表

売上高は前年同期比44.6%減の444億円、営業利益は83.4%減の51億円でした。

■SBIホールディングス2015年3月期第1四半期
売上高  444億円(- 44.6%)
営業利益   51億円(- 83.4%)
(内は前年同期比%)


アベノミクス全盛の昨年同時期と比較されてしまうのもかわいそうな気はしますが、最近の相場は膠着状態が続いていますので、相場の影響ということでしょうか。

なお、同じタイミングでSBI証券も1Qの決算短信を発表しています。

SBI証券2015年3月期第1四半期決算短信

売上高は前年同期比24.3%減の159億円、営業利益は33%減の65億円でした。

■SBI証券2015年3月期第1四半期
売上高  159億円(- 24.3%)
営業利益   65億円(- 33.0%)
(内は前年同期比%)

グループ全体よりも下げ幅は小さく、今回のホールディングスの減収減益要因は、アセットマネジメント部門が所有する上場株式の評価損によるもので23億円の赤字になっています。

IFRSの会計基準にのっとった処理ですが、リプロセルやアキュセラなど昨年上場したバイオ銘柄が軒並み株価が低調なことによるものですね。

その他に証券事業に大きく頼るSBIマネープラザ、PTSのジャパンネクスト証券も前年同期比マイナスとなっており、厳しい状況です。

プレゼンテーション資料の中では、証券市場と関係のない収益構造が構築されているとコメントがありましたが、まだまだ証券市場との関連性は強く、モーゲージが連結から外れると今後さらに証券市場と業績の相関が強まりそうですね。

今朝の日経に野村や大和も減益と出ていますが、証券業界は軒並み前年比という意味では厳しい決算が続いていますね。


SBIが子会社のSBIモーゲージをカーライル・グループに売却

SBIホールディングスが子会社のSBIモーゲージをカーライル・グループに売却すると発表しました。


SBIモーゲージは前期当期純利益25億円をあげるSBIグループの中核企業の一つですので、2012年のSBIベリトランス売却に続く優良子会社の売却です。

SBIモーゲージは住宅ローンの提供を行うモーゲージバンクですが、SBIが掲げるコア事業の証券、銀行、保険には当てはまらず、シナジーも強く見込めない状況で、かつコア事業の一つである住信SBIネット銀行で住宅ローンを提供していることから、カニバリゼーションが今後大きくなるという判断からグループから切り離し売却という流れになったようです。

売却によって約140億円の特別利益を計上予定とのことです。

毎年数十億単位で利益貢献をしていたSBIモーゲージを連結から外したことで、SBIの規模の縮小は避けられませんが、株式売却により得た140億円でコア事業へどのような投資が行われていくのか注視が必要です。

新しい産業のバイオ事業はいまだに赤字を出していますので、気付いたら赤字の補てんくらいにしかなっていなかったという事態は避けないといけませんね。

考えられるのは、SBI損保の増資、生保会社への設備投資などでしょうか。

対面営業部門のSBIマネープラザに投資して、一気に店舗展開を広げるというのもなくはないでしょうか。。

いずれにせよ、優良子会社売却によって得た資金がどこに向かうかで、今後のSBIグループが力を入れる分野がどこなのかが見えてきそうです。

 

SBIホールディングスがSBI 貯蓄銀行の増資引き受け

SBI からSBI 貯蓄銀行の増資を引き受けるというリリースが出ていました。

当社子会社の実施する増資引受に関するお知らせ 

金額は日本円で約326億円と結構な額ですが、SBIは一度引き受けるだけで、すぐに外部の投資家に売るようです。

正直SBI 貯蓄銀行についてはよくわかりませんのでこれから勉強しよう。

ニュースなどではSBIのアキレス腱となりうるとありましたが、SBIのプレゼン資料などをみると収益あげてそうな書きっぷりですので。

情報収集不足ではずかしいです。

こういうときだけファクタが気になりますね。


 
プロフィール

元ネット金融マンの現ITコンサルタントです。ソフトバンク、SBI、楽天、サイバーエージェントなどの企業や経済系の時事ネタでブログを書いてます。
趣味は競馬でたまに予想も載せてます。スペシャルウィーク世代です。

記事検索
にほんブログ村 経済ブログ 日本経済へ
にほんブログ村
  • ライブドアブログ
相互リンク