試行錯誤の資産運用〜旅

二度のバブル崩壊を経験しながらもマイホーム資金を稼ぎ出すことができた。 今回の株価暴落はチャンスだと思いますがねぇ〜? 目標は生涯に渡り資金を稼ぐ能力の取得。夢はリタイヤ後の世界遺産巡り。

IPOは買い疲れ?

買い疲れと言うよりは食い荒しでは。
セカンダリーを見れば一目瞭然。

今からは動く銘柄に飛び乗るスタイルであり動かねば閑散じり貧。
まだ初値に限り地合いは良いけどセカンはしだいにボロボロ。
好地合いは公募組とセカン組の相乗効果で成り立つ。片輪走行だけでは長くもたない。
これで初値水準は確実に下げ傾向、黄信号か?

だからNo1の初値は予想屋の初値予想より下で寄った。
オークネットも公募は割らないだろうけど初値は低くなったと思う。
もし思わぬ低さでスタートすればセカンで賑わうかも。

初値でシコリ始めればその後のIPOにも影響してくるのでユーザーローカルの初値は思っているより低いかもしれない。

今日は久しぶりに直近IPOをさわってホールド。 No1を@3330
いいところで買ったと思ったのに・・・

スシローIPOをどう見るか

参加したい人は優待など期待するなら参加すればっていうのが私の見解。
普通はIPOとして魅力ある案件では全然ないのでスルーでしょう。

プチ値ガサでもあり割高な公募価格。ディスカウントが全然ないと言った方がいいのか。
仮条件下限決定でわずかなリターンより大きなリスクがあるとしらしめた案件。
でもこんな数%の上がる可能性しかない株でも当選に目がくらみ参加する人も少なからずいるからね。

これに参加するぐらいなら同じ再上場のウエーブロックの方がまだリスクが少ない気も。
仮条件をかなり下げたのは危機回避に見える。
みずほ系ファンドが売り抜けるのだから主幹事みずほとしても失敗できないだろうというのがコンセンサスか?
公募価格も手頃だしね。最近1000円以下の公募はかなり健闘している。

高利回り商品はまず疑うこと

話題になっても決して手を出さなかったソーシャルレンディング。
調べれば調べるほど納得させられるけど今の時代これってどうなのって疑うばかり。
結局はもうしばらく様子見を・・・・そんなさなかでこのニュース。

みんなのクレジットもこれでミソが付けば終わりだね。
信用を売り物にしている会社がそれに反したことをする時点でアウト。
私としてはまず今後決して手を出すことは無いだろう。

てるみくらぶも似たりよったり。
やはり今の時代うまい話は一見さんにはまず回ってこない。

上がるから買うIPO相場

IPOは今総楽観からつまみ食い相場へ。
先導したのはラーメン屋さんか。

ラーメン屋が上がったのは話題性があり手掛けやすく提灯が付きやすいからでは。
この株の相場が一段落するあたりで一旦全体が冷やされそうな感じ。
ここからのセカンでは異常に買い進まれた銘柄や値ガサは怖いね。
公募組だけの相場が続きそう。

今からもし初値で狙うとすれば予想屋の初値予想と下方向でかなり開きのあったやつなどがあれば・・・

今日は赤字のバイオソレイジアの初値売り。 @234
1000株あったのでそこそこの利益に。
これも思った以上健闘してくれたのでビーグリーの買い増しを。
それ以外ではリファインバースの利食い。
リファインは残り100株に。このまま権利をもらおうかどうか?

グリーンズ健闘

公募同値と思っていただけに初値売りで約1万ほど儲けさせていただきラッキー。
すべては地合いのおかげ主幹事の采配のおかげかと。
月末の飲み代出ました!

これで明日の赤字のバイオにも期待が持てた。
どちらかと言えばこちらの方がまだ勝算あるとみていたので気が楽。
この調子でいけば寿司以外どれも順調な滑り出しになるのでは。
ラーメンがあそこまで上がれば今まさにIPOバブルだね。w

気を付けないといけない事はこんな時に急にドデンがあること。
ある切っ掛けで地合いが急変するのもIPO市場ではよくあること。

証券割当

マクロミルは予想通り

ファンドの出口案件は最も恐れられる。
公募価格が低けりゃいいけどそうでなきゃ個人投資家を食い物にするって分かっていた。
何度も危ないと言っていたので皆さんもスルーでケガは無かったでしょう。

今のところ初値への投資意欲はまだ高水準だと思う。セカンでは息切れもあるけど。
明日のグリーンズでどうなるか。東2で70億の調達は普段じゃまず厳しい。
公募価格をクリアーすれば御の字かな。

昨日と今日で即金含めセカンの参戦は無し。
ラーメンなど考えられない水準まで駆けあがっちゃって。笑うしかないね。
今のところ魅力ある銘柄も無いし。

ビーグリーはちょくちょく見ていたけど結局買えず。
手持ちでCAPを今日の戻りで売り。替わりにリファインバース買い増し。
どちらも月末分割権利付きだけど一つに絞ってみた。

微妙銘柄の行方

3月上場銘柄で公募割れを予想した3銘柄を除き微妙にした銘柄は、サイズを基に
ロコンド、うるる、グリーンズ、ソレイジア、オークネット の5銘柄
そのうち4銘柄は野村主幹事でありロコンドうるるは思いのほか順調な滑り出し。
やはり主幹事の力はだてじゃないような。
その流れでいけばグリーンズオークネットも上手くいきそうな気もするけど分からない。
でも仮条件を上ブレさせ上限決定はすべてに共通で心強い。

その期待感からグリーンズを購入したのだけどどうなるか。
また幹事に大手上位6大証券が勢揃いしているので早売りは少なさそうに思うけど?
どちらに転んでも初値売りもしくは初日に売る予定。

もうひとつ購入したのが野村以外で唯一みずほ主幹事のソレイジア
みずほ主幹事は昨年の今頃アイドマMがこけたので良いイメージがないけど値が低いのと仮の上限決定で購入。まあマネーゲームと割り切って楽しむつもり。

以前同業のバイオトランスジェニックが同じような公募価格で上場し健闘してくれたのでそのことが頭を過ぎったことも。2002年
昔の再来があるかどうか分からないけどげん担ぎ。
資金調達36.5億、公募180円、初値235円

IPO混戦時に気を付けること

この時期ロケットスタートの初値買いは注意せねば。即金でも公募の3倍以上となれば。
逆に公募よりチョイ上でスタートだとおもしろそう。

今回のようにドンドン上場が控えていればいつもの展開とはならないと思う。
来週のIIFラーメン屋は即金だろうから2日目どの辺りで寄りつくかで流れが決まる。
即金売り気配スタートでもあれば参戦するかも。
次の魅力銘柄は・・・・あえて言うならオロあたりかと。

22日の天王山を越えればかなり買い疲れが出てくると思われるので以後初値がどれも低く抑えられそう。
こんな時に限って金の卵が低く寄り付くことも。マクロミルが市場の地合いをどう変えるか?
公募割れするかどうかの銘柄もあったり初値リターンが思ったより低くなる可能性もあったり。

サイズもそうだけど値ガサも避けられる要因。
VCの有無、ロックの縛りを見ながらセカンダリー銘柄は絞られていきそう。
後半戦のオークネットでこのサイズが割れることなく無事通過するかどうかで地合いも分かりそう。
この再上場銘柄がいいとは全然思えないけど今では誰もが欲しがっている?何でも来いの雰囲気なら・・・

なにゆえ資金は早め早めで引き上げている。勢いがないと感じれば早めの撤退。
リスクマネーはいつまでも留まらないということを気にしながら金の卵に出会えゲットできればいいけど。

うるるはスロースタート

うるるは新興銘柄続落の中終日結構しっかりしていたような。
三連休前なので最後引け成りで手仕舞ったけど出来高できるので来週も期待できそう。
でもほぼ日は・・・・
SBI


火曜日は二社上場があるけどどちらも即金ポイ。
22日がもしかしたら4社同時上場となりそうで今月の天王山かも。
予想としてマクロミルはたとえ公募割れするにしても資金をそれなりに持っていく。
スピードマネーは即金2銘柄へ来るだろうから割を食うのは2部のフルテックか。

HTでオロの補欠はダメだった。今の段階で表示がそのままならアウトだろう。
TKPもHTで補欠があるけど業種が地味なのと値ガサだからねー
この時期の値ガサはネット系人気株ならまだしもそれ以外はあえてパスかな。どうせ数からして繰上げも無いだろうし。

ビーグリーへ参戦

ビーグリーの公募割れは魅力に見え下で指していたら上に行っちゃって。

意外に値持ちがいいので順張り参戦。
ただ同期のエレベーターが下げてきたので飛び降り。
うるるへお引越し。
ほぼ日の即金も考えたけど予想以上に弱いので見送り。即金売り気配スタートは自分の中では買いなんだけど後いっぱい上場が控えているから今回はパス。
ビーグリー
livedoor プロフィール


にほんブログ村
訪問者数

    記事検索
    天気予報
    当選IPO 
    (2017年)
    ソレイジアF1000株、グリーンズ100株、ファイズ100株、ロコンド100株、安江工務店100株、森トラストホテルR1口

    (2016年)13銘柄
    エイトレッド100株、JR九州600株、キャピタルアセットプランニング100株、デファクトスタンダード100株、大江戸温泉R4口、三井不動産ロジR1口、インソース100株、LINE200株、丸八HD400株、イワキ100株、富山第一銀行400株、中本パックス100株、ラサールロジR5口

    (2015年)25銘柄
    ケイアイスター不動産100株、ソーシャルワイヤー300株、ビジョン100株、ツバキ・ナカシマ200株、日本郵政1400株、ゆうちょ銀行2300株、かんぽ生命100株、GMOメディア100株、AppBank200株、ブランジスタ100株、JESCOHD200株、べステラ200株、SKホーム100株、デクセリアルズ700株、サムティレジR2口、メニコン300株、中村超硬100株、エコノス100株、ヘリオス100株、日本動物高度医療100株、ヘルスケアメディR3口、エスエルディー100株、ファーストロジック100株、KeePer技研200株、ケネディクス商R6口

    (2014年)19銘柄
    エクストリーム100株、イーレックス100株、メタウォーター200株、gumi200株、積水ハウスR4口、トーセイR2口、SHIFT100株、リクルート1000株、ホットランド100株、JインベストメントA200株、ニュートンFC100株、インベスコオフィスR8口、日本リート5口、ジャパンディスプレイ500株、日立マクセル100株、ダイキョ―ニシカワ200株、日本BS放送100株、アキュセラ1100株、ヒューリックR2口

    (2013年)22銘柄
    足利HD300株、ダイキアクシス100株、アーキテクツSJ100株、日本アクア100株、オンコリスバイオ100株、アライドアーキ100株、じげん400株、イオンR5口、システム情報100株、エナリス100株、バリューHR100株、Nフィールド100株、サントリーBF1200株、野村不動産MF30口、ペプチドリーム100株、サンヨーホームズ100株、タマホーム200株、アサンテ100株、鴻池運輸200株、オルトプラス100株、日本プロロジスR3口、メドレックス 300株

    (2012年)14銘柄
    enish100株、IBJ100株、大和ハウスR2口、エストラスト100株、キャリアリンク400株、トレンダ―ズ100株、JAL600株、モブキャスト100株、ケネディクスR2口、こころネット100株、ウチヤマHD200株、アイスタイル100株、ティーライフ400株、MV九州100株

    (2011年)9銘柄
    スターフライヤー100株、Jマテリアル100株、ネクソン1000株、SEMITEC200株、日本ドライ100株、ハウスコム200株、クロタニ300株、アイディーホーム200株、AGS200株、

    (2010年)10銘柄
    JMNC100株、大塚HD200株、ポーラ・オルビス200株、トランザクション100株、電算100株、アゼアス100株、第一生命32株、ダイト200株、エスクリ100株、ア二コムHD100株

    (2009年)11銘柄
    ヤーマン100株、日本海洋掘削1200株、FOI200株、三菱総合研究所100株、シーボン100株、SHO-BI600株、八洲電機100株、常和HD100株、JCLバイオ100株、大研医器200株、VISA2株

    (2008年)7銘柄
    Paperboy200株、グリー200株、オーウイル200株、メディサイエンス200株、アクセルマーク1株、ネットイヤー1株、セブン銀行4株、

    (2007年)30銘柄
    JTEC1株、プレサンス1株、駐車場総研1株、産業ファンドR1口、テクノアルファー1株、野村マイクロ100株、リアルコム1株、バンテックG1株、ニックス200株、チャイナボーチ6株、サムティ2株、三ツ知100株、UBIC10株、インフォテリア1株、日本一ソフト1株、カービュー1株、ITメディア1株、八千代銀行1株、アーバンネット1株、シスウェーブ10株、AIT3株、ネクストジュン1株、ジーダット1株、AQインタラク1株、TSテック200株、ファーマライズ1株、インネクスト1株、野村不レジR3口、アマガサ1株、光ハイツ1株

    (2006年)46銘柄
    WDI100株、東京一番フーズ1株、VSN100株、共栄製鋼1200株、ダスキン300株、森ヒルズR3口、H&F400株、エレコム100株、あおぞら銀6000株、タカタ100株、アコーディアG4株、三洋堂書店100株、ネクスト1株、ファンドクリ1株、出光興産200株、アクロディア1株、JSC100株、SRIスポーツ3株、バンクテック1株、野村不動産HD500株、スターマイカ1株、ペッパーフード1株、インタースペース1株、オービス200株、ビックカメラ2株、イーサポート1株、バリューコマース2株、カワサキ100株、東京建物不販売300株、インスペック1株、OKウェイブ1株、モジュレ2株、CDG100株、健康コーポ1株、平河ヒューテ100株、システムディ100株、アドテックエンジ100株、ニッポ電機100株、テンプスタッフ2株、比較コム2株、BSP100株、ITCN1株、いい生活1株、エスプール1株、フェリシモ100株、岩井証券400株

    (2005年)22銘柄
    PGGIH3株、サマンサタバサ1株、エイティング1株、SUMCO600株、オハラ200株、ランドコム1株、クリエイトレス100株、BBタワー1株、マルマン200株、AMI2株、Eコンテクスト1株、ゼンケンオール1株、日本通信2株、JCOM2株、シダー100株、カブコム6株、ナルミヤ1株、Fエスコ1株、ロジコム1株、ヒューマン100株、DeNA1株、NECリース100株

    (2004年)40銘柄
    ワールドロジ2株、GMB400株、パラカ1株、P&P1株、太洋工業100株、Eトレード1株、ダイキサウンド1株、オプトエレ100株、国際石油開8株、賃貸住宅5株、トラスト2株、NTT都市開1株、アートコーポ100株、HS証券100株、ヒューマンHD1株、興銀リース100株、電源開発100株、ウェブクルー1株、ニッシン債権1株、ADM100株、ネクストJ1株、あさひ100株、タツモ100株、朝日インテ100株、レカム1株、メッセージ1株、レイテックス100株、アルバック300株、クロスプラス100株、ツクイ100株、三井物産テレ3株、GDO1株、大証1株、メガネスパー100株、アルファT1株、日立システム600株、ネクサス1株、セガミ200株、日本プリメ100株、クリエイトSD100株

    (2003年)26銘柄
    ジップHD1株、岡本硝子400株、トーカロ100株、大黒天物産100株、カルラ100株、石油資源200株、オンコセラ1株、アップル3株、ベリサイン2株、アイロム1株、イーアクセス1株、マックガーデン1株、メディビック1株、CLS100株、ビジネスバンク100株、日レストラン100株、三井海洋100株、ハーバー研究400株、創通1株、ワコム1株、太陽生命2株、Drシーラボ1株、風力開発1株、トーメンサイバ1株、セガトイズ100株、ワイアリーバ4株

    (2002年)21銘柄
    システクアイ1株、ピクセラ100株、トランスジェ1000株、マーべラス2株、クエスト200株、フージャス1株、東北新社100株、ネットビレッジ4株、NECフィール200株、ヘラルド2株、モスインス1株、レントラック300株、イオンモール100株、ビック東海100株、スタジオアリス200株、高千穂電400株、学情100株、ドリームI1株、テイン1000株、クインランド1株、アグレックス100株

    <切っ掛けは01年11月電通IPO
     誤発注に魅せられて(笑)>
    • ライブドアブログ