カテゴリ: FREE LESSON

私の仕事場NOMAでフリースタイルレッスンを始めて
1年以上が経ちました。
少しずつ生徒さんの数も増えてきて
自由に作品を作る楽しさを共有させてもらっています。
女の人はみんなバッグが好き、ということで
みなさんバッグを作るのがやっぱり一番楽しそう!
レッスンで出来上がった素敵なバッグの数々をご紹介します。

Nさん作、ブルーの丸底バッグ。
好きな糸で初めてデザインも自分で考えました。
お財布と携帯が入るような小さめサイズ。

RIMG0250









ステッチ作業も楽しみながらできました。

RIMG0245









同じくNさん作、生成と紫のぺたんこトート。
紫の部分は2種類の糸で奥行きを出しました。
裏地のボーダーが効いてます。
5色のドットは全部素材が違います。
この春編みものを始めたばかりのNさん。
月一度のレッスンで、もうこんなにキレイに
目の揃った細編みが編めるようになりました。

RIMG0111









RIMG0115









Eさん作、パープル系のシルクで編んだ丸底バッグ
手編みバッグ初挑戦とは思えない素晴らしい出来栄え!
細かい作業もすべて丁寧にこなし、100点満点です。

RIMG0093









この日着ていらしたブラウスとの相性もバッチリ。
出来たばかりのバッグをとても
愛おしそうに提げて帰られました。

RIMG0092








アトリエカンタントの池上夏生先生作
その名も「夜の海」バッグ。
細編みだけで編まれていますが、黒をベースに
いろいろな色と質感の糸を自由に組み合わせて
こんなに豊かなデザインになりました。
絵を描く人ならではのなっちゃんの感性には
レッスンしていても驚かされることばかりです。

RIMG0378









RIMG0373







最後はOさん作、生成リネンベースの縦長トート。
遠方から通って下さっているので
ステッチ作業までNOMAでやり終えて
持ち手や裏地付けはご自宅で。
完成写真を送って下さいました。

能勢バック縮小版














いろんなリネンで細編みして
編み地にニュアンスを出しています。
ステッチは絹のリボンのような糸で入れました。

10/17追記
一緒にレッスンに来ておられたOさんのお嬢様も
その後無事バッグを完成されたとのことで
写真を送って下さいました。
全体にドットを付けるという大作にチャレンジ。
編みものを初めて間もないとは思えないほど
素晴らしい出来栄えです。
白とピンクを散りばめた配色がとってもキュートです。

由美子バック小












私は色合わせや糸選びのお手伝い、
仕上げの方法をお伝えするだけで
デザインはすべて作り手さんにお任せしています。
それぞれのお人柄がバッグににじみ出てくるのが
とても面白いし、喜んで使って下さる姿に
とても温かい気持ちになります。
これからも「世界にひとつだけ」を作る
お手伝いができたら幸せです。








NOMAでのフリーレッスン。
マンツーマンなので、ゆっくりと
マイペースで好きなものを作って頂いてます。

糸選びからバッグの形、サイズ、編み方、
中布と持ち手の革えらび・・・
すべてご自身で自由に考えて頂きます。
もちろん編み図などありません。
私は作り方と手順をお伝えして
迷われたらアドバイスをするだけ。
なのにこんなにも素敵な自分だけのバッグを
仕上げて頂けて毎回大感激。
作り手の個性がそのままバッグに現れています。

こちらはTさまのバッグ。
TさまはKCC三宮教室の生徒さんですが
大きなバッグにチャレンジしたいとまだ暑い頃
はるばるNOMAまで何度も習いに来て下さいました。
選ばれた糸は生成のループ状リネン。
引き上げ編みが入った模様で縦長トートにしました。
底まち部分は堅めのストレートリネン糸。

RIMG0111

中布はお手持ちの花柄の生地を持参されたので
その色に合わせてパープル系の革で持ち手を付けました。

RIMG0115

A4サイズが入る大きさ。
初めてとは思えない出来栄えに
Tさまも大満足でした。
作り方を把握されたので冬にはご自分だけの力で
ウール素材のバッグも完成されていました。

RIMG0119

 
こちらは毎月来て下さるHさまの新作。
夏にリネンで四角いトートを作られたので
今度はウール素材で丸底バッグを。

RIMG0168

細めのグレイ杢のウールで大きいサイズにしたので
本体を編むだけでもかなり大変だったと思います。
ディテールは刺し子風ステッチに挑戦。 
Hさまのお好きなピンク〜パープル系の糸を選び
ひと針ずつ全体のバランスを見ながら刺していきます。
どこから刺し始めて、どこで終わるかも自由なので
初めてのHさまにはそこが苦心されるポイントでした。

RIMG0171

ピンクの革を自分でカットして持ち手を作り

RIMG0170

RIMG0172

中布もピンクのキャンバス地を選びました。

RIMG0173

どうです!この完成度の高さ。
レッスンした私も鼻高々の素晴らしい出来栄えです。

RIMG0012

Hさまはすでに次回作に挑戦中。
次はどんなバッグができるのかとっても楽しみです。 

春から始めたフリースタイルバッグレッスン。
5月から来てくださっているH様が
3回目のレッスンでめでたく完成第1号〜!
デザイン、糸選び、ディテール、中布、持ち手まで
すべてH様の好みで作られました。
ピンクのリネンで底部分を編み
ストレートとスラブ、二種類の生成リネンで
スクエア型に本体を編まれて
シルクで編んだドットを3枚、さりげなくポイントに。
中布は生成とネイビーボーダーのハーフリネンで仕立て、
持ち手はインディゴブルーの革で太めのワンハンドルに。

RIMG0141

RIMG0113

RIMG0116

RIMG0125

RIMG0121

私はポイントごとにアドバイスしたり
難しい工程をちょっとお手伝いしただけで
ミシンの工程も、固い革ハンドル付けも
本当にH様おひとりでやりとげられました。
とっても気に入って下さって
持参されたバッグからわざわざ荷物を移して
うれしそうに大切に下げて帰られました。
このレッスンを企画した時、
本当にうまく進行できるのか少し心配もありましたが
こんなに完成度の高い作品ができて
私自身が一番感動しています。

H様は早くも第2作目に向かって創作意欲満々。
次はどんなバッグを作って下さるのかとっても楽しみです。
 

↑このページのトップヘ