そのときあべべが壊れた

インターネットの歴史やゲーム、コンピュータに関心があり、ゲームレビューやネット論、非モテ論などを書いている。 趣味でお絵かき、3DCG、音楽制作などをやっている人。

英語でスピーチの練習 #2:English Speach Practice #2 Favorite Comics

英語でスピーチの練習 #1:English Speach Practice #1 Hi My Name Is Miserable !

ハッピーハードコアというジャンル

音楽のジャンルにUK HARDCOREというジャンルがあるのですが、BPMが160以上と早めの曲なんですが、これが熱い! UK HARDCOREというジャンルの他にもHAPPY HARDCOREというジャンルがあったりする。 この辺がよくわからないけど、とりあえず、いろいろ聴いてみたいって感じです。

クラブ系に似合わないけど、クラブ系の曲が好きなんですよね。困ったことに笑

ハッピーハードコアのミックス動画置いておきます。
集中して何かに取り組めそうな音ですよね!

漂白ソング 次亜塩素酸ナトリウムの歌

冬のウイルス対策 手を洗おう!

アクロバティックキス動画



この動画を見たんだけど、こんなキスの方法があるのかと衝撃を受けた。

非モテでキスもしたことがない僕がいろんなキスの方法を考えて絵で表現してみる企画とか考えてみようかな。それにしても羨ましいですね。。。。

ブリッジキスとか、ぶら下がりキスとか、縛られて芋虫状態でキスとか

最近僕のブログ見始めた方で、引いた方いるかもしれませんが、昔はこんなこと普通に書いてましたよ笑

何をやってもダメな人間でも人生は楽しめる

非モテの僕たちがクリスマスを楽しむ方法

あまり本を読まなくなってしまった話

2013年の3月からひきこもりがちになり、休みの日は家にいることが多いため、本を買ったりする機会が減ってしまった。 最近(2014年10月中旬)あたりから、外に出て行こうと図書館に行ったりする機会が増えた。 自分の気にしていることで悩み続けているけれど、ちょっとずつ外の世界にも出ていこうと努力しているつもり。

本屋にも出向いてお店に並んでいる本を見て、かつては自分も普通に本屋に行って本を買っていたなあとあの頃の自分を思い出すとつらくなる。 落ち着いて本を選べなくなってしまっていて、本屋にいくとそそくさとパッと本棚を見て瞬時に面白そうな本を何冊かピックアップして買う。 長居できない悩みを抱えているので、そういう買い物スタイルなのだ。

最近、購入した本の中で結構読んでて面白いと思った本は『ネットが生んだ文化』という本だ。 一冊2500円だが、インターネットの歴史を振り返るのには結構いい本だと思った。 前記事に書いたこれまでのインターネットという記事はこの本の一部を読んでから書いているので、僕が忘れてしまっていたこととかも書かれていた。 インターネットの進歩の過程で起きる様々な出来事、新しいものが生まれ流行るようになる。 そういったことを振り返ることができる本であると思う。

本の感想はまた別の記事で書くとして、本屋に行かなかったりすると話題に取り残された感はある。 最寄駅ですらあまり普段は近づいていなかったので軽い浦島太郎感を感じることが出来る。 ときどき本屋ぐらいは行って新しい本を買ってみたいなと思っている。

これまでのインターネット

僕がインターネットというものに出会ったのは小学生6年生の時(1997年)だった。 まだ双方向コミュニケーションが円滑に出来るような時代じゃなかったと記憶しているが、僕の頭の知識でインターネットで出来ることが狭すぎただけかもしれない。 当時の僕はネット上に掲載された個人が運営するゲームの攻略サイトを見ていて、ゲームの攻略情報を調べる程度にしか使っていなかった。

中学に入って、ゲームラボという雑誌でエミュレーターというパソコン上で家庭用ゲーム機を再現してゲームを描画できるツールがあることを知った。 ネット上でそのようなツールが配布されていたり、ゲームのROMが配布されていたりするのを知ってから色々と試して遊んだ記憶はある。 ただ、あまりエミュレーターには関心が無くてすぐにやめてしまった。
中学2年か3年あたりで、いじめにあって色々つらかった時期はWEB漫画(インターネットのサイトに掲載された漫画)を見てすごしていた。 その頃から僕の気持ちが根暗になっていった記憶があり、インターネットにどっぷり浸かっていたいという気持ちが強くなった気がする。

2000年になり、僕は高校生になった。 あるゲーム攻略サイト(メタルギアソリッド)の中に掲示板という今まで見たことが無かったシステムがそこにあったことを知る。 さまざまな書き込みがあったが、ほとんどがゲームに関係しないようなことばかりであったから友達と一緒にいたずらで書き込みを試みた。 すると驚いたことにものの数分で返事が返って来てしまったので友達と二人して驚いていたのを記憶している。 そこで初めてインターネットを通じてコミュニケーションが出来ることを知ることになった。
その掲示板に居た親切に対応してくれた人は僕の中学時代の友達の高校で出会ったという友達であることをその後知ることになり、意外とネットの世界は狭いらしいということが分かって大変面白かった。

2002年頃から2ちゃんねるを見始め、西鉄バスジャック事件の犯人が2ちゃんねるにネオ麦茶というハンドルネームで犯行直前に書き込みを行っていることを知る。 そのほか、酒鬼薔薇聖斗事件に関することが書かれていたスレッドには犯人の名前が書き込まれていたり、酒鬼薔薇聖斗のファンサイトまで作られていることを知り、まだまだ2ちゃんねるがアンダーグランドな空間であったことを記憶している。

2004年頃、僕は大学生になった。その頃からブログブーム到来である。 個人が物を自由に書いて発信する時代になった。 個人が自分のサイトを持って自分の意見を長文にわたって書けるというのは当時、僕は大変わくわくしていた。 つまらないことでもとにかく毎日書き込んでいた記憶がある。 その当時(2005年2月頃ブログ開始)のことは当ブログにも残っているので見ていただけたらいいと思う。

ブログの登場によって個人が自由に物を書けるようになったが、その結果として今までインターネットは僕みたいな非モテとか、僕みたいな充実した社会生活を営めない人間がこそこそ楽しむものであったものが普通の人たち、大衆が使うようにシフトしていった。 インターネットが流行る前から使っていた僕たちはある程度いろんな失敗をしてきた側であったため、それなりにインターネットリテラシーは持っていた。 しかし、あとから入ってきた新しい住人たちはあまりリテラシーがない人も入ってきていたため、そこで初めて炎上というものが始まった。

おそらく、最初の炎上事件といわれているものはきんもーっ☆事件であると思われる。 僕はあまり同人誌とか買ったことはないんですが、どちらかというとオタクな考え方だし、オタクなルックスだし、容姿も悪いため、きんもーっ☆事件では怒りを感じた記憶はある。 僕らみたいな人のためにあるインターネット空間へ土足で入られてさらにバカにされた。しかもコミケでとなると怒りが収まらなかったんだろうか。

2005年にはSNSブーム。 大学二年生だった僕は当時友達がいなくて、ひたすら友達を作ることに必死になっていた記憶がある。 その当時のSNSといえば「mixi」である。 当時は日記を毎日のように更新していて、学校の友達に見てもらうために使っていた。 僕は無口で不細工でダメな男だが、日記は面白いと言っていただけて僕も若干ではあるが、mixiのおかげで大学ライフは楽しかったと記憶している。
mixiでは大学の友達だけでなく、中学や小学校時代の友達までさかのぼって友達登録することが出来るため、同窓会などがある前はかなりわくわくしていた気がする。 ある程度交流しておくと相手のことが分かったりして結構楽しいものだなあと思ったりしていた。

そんなこんながあり、今度はツイッターブーム。 2007、2008年あたりから最初のツイッターブームが始まった。 当初はインターネットに長く接ししてきたネットに詳しい系の人たちが使い始めたサービスだった。 当時僕は別にネットに詳しくはないが、気軽に書き込んで更新が出来るというサービスに魅力を感じていた。当時はマイクロブログと呼ばれていた気がする。 すぐに返事が帰ってくるのでチャットとブログの延長のようなサービスだなあと思っていた。
2010年、2011年あたりから多くの人が利用しはじめ、一般階層にまで広まっていった。 その結果、わざわざ自分の悪事をツイートしてネット上に公開してしまう人たちがいて、それに目をつけたネット住民がネット上の公の場所に晒しだすなどして炎上が一般化していった。

2010年あたりからSNSの第二のブームが到来した。 Facebookである。 個人的なつながりだけでなくビジネスつながりでも繋がることを目的としたSNS. 僕自身は海外で出会った友達と繋がるために使ったのがきっかけだった記憶がある。最初は英語の投稿があったが、日本の友達も使うようになってきて、最終的には日本語だけになってしまった。 海外の友達には悪いと思っているが・・・。

2014年、現在。 今はあまり当時と変わったことは見られない。 これまでのインターネットを振り返ってみたが、技術的なことの進歩により、発信することが簡単になり、多くの人が参加するようになった。 その結果として負の祭りとしての炎上が盛んに起きるようになってしまった。

これからのインターネットはどうなるのだろうか。 あまり変わらないのだろうか。
 これまでのインターネットを振り返ることで次のインターネットが見えてくるかもしれない。
今後のインターネットの発展に僕らはどういう思いで迎えるのだろうか・・・。

もうPATMに関しては書かないことにする

もう僕はPATM、人に咳やくしゃみをさせてしまうアレルギー体質についてのブログ記事は書かないことにする。
というのは書くと荒れるからです。 
コメント欄に面倒なコメントを書かれるのも嫌ということもあり、そっとしておいてほしい

ここでPATMと見切りをつけて、新しく心機一転といいますか。

治ったわけじゃないけど、気にしてても仕方ないし、自分なりに解決方法を探します。

あと、ブログ活動復活ということもありますかね。 他のブログも書いているのですが、書く内容、テーマが決まってて書くネタがないという悪循環に陥っている。 本当はもっといろんなことを書きたいけど、なかなかそのようにはいかないかな。

ブログを書く能力もかなり落ちていて、幼稚な文章になっているかもしれませんが、徐々にこれを気に読みやすくわかりやすいブログを目指していけたらいいなと思っています。

まあ、そんなところで今回は!

ではでは

おひさしぶりです

死んだわけじゃないので心配しないでくださいね。
まだ生きていますから。

最近は出勤日数も増えて仕事ちゃんとやってますね。
なので仕事やれ厨の人を黙らせることが出来そうです笑

相変わらず、YOUTUBEは続けてます。
もっと人に見てもらえるようにがんばらないとなー。

がんばります。

ではでは

ひきこもり講師による授業 2時限目:ひきこもりの問題点

ひきこもり講師による授業 1時限目:普通の生活とは何か

引きこもって仕事をする権利ぐらいほしい

Unityでカメラをスクリプトで動かすテスト

スクリプトでUnityのカメラを動かすテストです

心の底からこの状況から抜け出したい

昨日から新しいバイト先でバイトが始まりました。 初日はあまり咳き込まれなかったものの、帰り際に咳き込まれてしまった。

PATMの人特徴として最初はあまり反応されないことも結構あって、徐々に働いていくうちに反応する人が出てきて、長時間たつにつれてその反応も激しくなっていく傾向にあります。

正直外とかにいける人がほんとうらやましいです。 こんな体になってしまったことがホントくやしい。 生きていても何の楽しみもないですね

せめて生きるための技術ぐらい身につけたい。 引きこもってても生きていける力がほしい。 それだけだ。

外に出てだれかの迷惑になるくらいなら引きこもりビジネス的な仕事をもっと増やさないともうだめだ

世の中は外に出て誰かに会う仕事ばかり。

誰にも会うことが出来なくて、迷惑をかけてしまうから引きこもる人がいるわけで、そういう人のための仕事をもっと世の中に作ったほうがいいなと僕は思うわけです。

Youtubeで前に作った曲公開してます



相変わらずUnityをいじってる私

ゲーム作り再び初めて続けてます。
もうてっきり諦めるかと思ってたんですけど、意外と続いております。
小さなクソゲームを一つ一つ作ろうと思ってやってて、それだけでもいろんなギミックだったり、仕掛けが必要だったりして新たに学ぶことが多いです。

ゲームっていうのはたぶんそうした積み重ねや経験でこうやって作ったらこうできるみたいなのがわかったらもうこっちのものでしょうね。 セオリーみたいなものって必ずある気がします。

まあ、気長に続けていこうかと思っています。
Unityでやりたいこと意外とたくさんありますね

がんばります。

クソゲー倉庫が出来ました。
是非行って遊んでやってください
といってもゲーム一個しかないけどね

HTML5とUnityでゲーム作り

最近、Unityゲームエンジンの勉強をしてて、ちょっとミニゲームっぽいものを作ってみたんだけど、まだスコアとか作ってないからゲーム性はないけど、それっぽいものがひとつ出来た感じですかね。 ゲームを一つ作ると次のゲームを作る際には割りと早く作ることが出来るんじゃないかと思います。 経験を続けることで引き出しとなる機能とか技術とかが身に付くので何をしたらいいかが分かるからかな。

で、出来たゲームがこちら
こちらをクリックするとゲームのページに飛びます。
Unity Web Playerというのがインストールされていないと遊べないので、インストールしてみて遊んでみてください。他にもUnity製のブラウザゲームで面白いゲームがたくさんあるサイトとか紹介しとこうかな。

UnityGameUploader
このサイトお勧めです。どうぞ!

あとHTML5 Canvasも同時に勉強を始めた。 これを使うとアニメーションを使ったサイトを作ったり、色々描画することが出来たりするので、ちょっと勉強したくなった。 HTML5のゲームはCanvasを使うらしく、Javascriptの知識も必要とのことで昨日は一日中Javascript、Canvasの勉強をしてた。 今日も引き続きCanvasの勉強をする予定です。
HTML5ゲームも出来たらアップするので気が向いたら遊んでください。

とりあえず、がんばります!
Recent Comments
Skype Me
  • ライブドアブログ