2005年05月06日

BARホンダ出場停止

ま、言われていた様な、
今季残り全部と言う訳ではありませんでしたが、
(執行猶予付ではありますが・・・)
今週末と次のモナコの出場停止と言う事になりましたね。
BARとしては、裁定に異議を申し立てるつもりだった様ですが、
時間的な猶予がないのと、これ以上争っても、
裁定が覆る事はないとの判断になったのでしょう。
結果的に、受け入れざるを得ない様ですね。
理由はどうあれ、再車検で重量が軽かったのは事実の様だし、
またしても、レギュレーションの穴を突いた格好になったので、
FIAからは、悪意を持ってやった事と見られた感じです。
裁定では、故意ではなっかたとして、
2戦の出場停止とサンマリノの失格に落ち着いたと思われます。
見ている側としては、08構想との確執と言うか、
政治的思惑が感じられなくもない気がしますが・・・。
もてぎでのインディジャパンでは、
ガス欠からタナボタの勝利を貰ったのに、
F1では、ガソリンタンクから墓穴を掘って失格・出場停止に。
悲喜こもごもってな感じですか・・・。

おまけでスーパーGTの話。
4日の新生富士での第2戦。
NSX−GTは、まだまだ勝てそうにないですなぁ・・・。
300クラスのNSXは磐石だけど、
500クラスは、他とのタイム差があり過ぎで、
勝負になってない感じです。
エンジンなのか車体なのか、
5000万もするホモロゲ対応の市販車まで造ったんだから、
次のセパンでは、何とかしてほしいなぁ。
って、ターボエンジンには、気候が暑過ぎるか・・・。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/abechan0/21141536
この記事へのトラックバック
フジテレビは困っているだろう 何とか最悪の事態は脱したものの、スペインとモナコの2戦は欠場という重い処分となった。 当初、FIAは、国際法廷に対しBARホンダの選手権からの排除を要求しており、最悪、今シーズンは日本人期待の佐藤琢磨の走りが見られないところ
BARホンダ F1世界選手権からの永久追放 何とか逃れられる【V35スカイラインクーペが欲しい!】at 2005年05月07日 10:06
フジテレビは困っているだろう 何とか最悪の事態は脱したものの、スペインとモナコの2戦は欠場という重い処分となった。 当初、FIAは、国際法廷に対しBARホンダの選手権からの排除を要求しており、最悪、今シーズンは日本人期待の佐藤琢磨の走りが見られないところ
BARホンダ F1世界選手権からの永久追放 何とか逃れられる【V35スカイラインクーペが欲しい!】at 2005年05月07日 10:08
F1LIVEより 第4戦サン-マリノ GPにおいてジェンソン・バトンのマシンB・A・R Honda 007がレギュレーションで定められた重量に満たなかった問題の裁判がパリの国際裁判所で現地時間5日(木)の午後行われた。 国際裁判所はFIAの提訴を受けて、サン-マリノGPでジェンソン・バ
BAR HONDA、スペインとモナコ、出場停止処分【はびのすブログ】at 2005年05月07日 13:30
前戦で不正があったとかで、 2戦の出場停止と前戦の失格と言う裁定が下りました。 裁定が重いか軽いかは、論議を呼ぶところかとは思いますが、 再車検で、重量が規定よりも軽かったのは事実の様ですし、 残り全戦からの除外と言う、当初言われていたものよりは、 軽い裁定に
BARホンダ・・・【きまぐれ OPEN SPACE 別館】at 2005年05月07日 22:53
この記事へのコメント
トラックバック、ありがとうございました。

確かに、コンコルド協定?でしたっけ。それが影響しているように思えます。
昔から政治的思惑ってのがありますものね、F1には。

まあ、亜久里さん曰く、他の9チームの合意を取り付けばモナコに出場できる、とのことなのでそれに期待したいと思います。

ぜひ、モナコで琢磨が走る姿を見たい!

Posted by たけし# at 2005年05月08日 08:37
毎度どうも。
モナコ、走れると良いですけどね。
ま、出たなら、ぶっちぎって勝ってもらいたいものです。
バラストは固定しておいてね。(^_^;)
Posted by 管理人 at 2005年05月09日 00:15