お伊勢さん代参犬

江戸時代後期、旅が出来ない人の代わりに、犬にお金を持たせて「お伊勢参り」を頼み、

参拝をさせてお札(ふだ)をもらうことが流行りました。それが、「おかげ犬」です。

ise_dog1

広重の東海道五十三次の浮世絵にはお伊勢参りをする犬が登場します。

お伊勢参りをしたくてもできないご主人の身代わりにお伊勢参りをする犬がいたようです。

それも1匹や2匹ではありませんでした。江戸時代確かにそういう犬が各地から実在したのです。

 犬の首輪にお賽銭や餌代を入れて、お伊勢参りにゆく旨を書いておくと、旅人が犬の同行をしてくれたのです。

もちろん、犬一匹だけの旅ではなく、
旅が出来ない人が参拝に行く人に頼んで、犬を一緒に連れていってもらう場合もありますし、

各地の街道すじの人たちに頼む場合もあります。(下記詳細)

犬は、旅人や街道すじの人たちや、参拝客や、伊勢の人から食事をもらったりしながら、
伊勢神宮を参拝しお札をもらい、無事家に帰るのです。

 (江戸時代の参宮記「神宮参宮記大成」にも記載されています。)

 

犬の首に食べ物代と、世話代と、書状を巻いて書き付け、見せると、
代参の証明に、
きちんと伊勢皇太神宮のお札と、宮司の奉納金の受領書と、
途中での食べ物の代金を差し引いた帳面も、持って帰っていたそうです。

 

犬がお札を持って無事に帰ってきたのを見たら、家の人達はとても喜んだでしょうね。

 

なんて日本人は温かいのだろうか。 そして教養深いのだろう。なんと犬を可愛がるのだろう。

 

ise_dog
 

現在、伊勢おかげ横丁の「おかげ座」に、この犬の人形があります。この犬は、しめ縄を首に巻き、お札を担いでます。

文政13年(1830)おかげ参りをした『おさん』です。紀州犬ですね。

「おさん」は、おかげ参りをしたことで有名な犬のこと。文政13年(1830年)のことを記した御蔭おかげ参宮まいり文政神異記」に、確かにお伊勢参りをした阿波国徳島(徳島県)のおさんといへる小ぶりなる犬のことが、挿絵とともに記されている。

  「代参」と分かる書き付けとともに、さい銭や路銀の銅銭を包んだ風呂敷を首に巻いていた。餌をもらう茶店や途中で出会った人たちが、「感心な犬だこと」とさらに銭を入れることもあったらしい。
「銅銭で風呂敷が重くなり、犬が難儀をしている様子に、軽い二朱銀などに両替をしてやる人もいた」という。

その謎を解明するヒントは、お蔭参りの規模にある。年間300万人とも500万人ともいわれ、当時の日本人の10人に1人、あるいは6人に1人が伊勢を目指して、伊勢街道はもとより、東海道もごった返した。親に内緒で飛び出した子どもたちだけの抜け参りも大勢いた。そして街道筋の人たちの善意が彼らを支えた。「代参」の犬と知り、世話焼きを買って出る住民や旅人もいたに違いない。

ise_dog6

広重の錦絵も、夫婦連れの旅人が、まさに両替してやろうという場面のようだ。

おさん以外にも伊勢参宮犬はかなりいたらしいが、日本人には犬の風呂敷からお金を盗もうなどという不届きな人間はいなかった。

それでも、主人がいるわけでもなく、ひもを付けて引っ張るでもない。
お伊勢参りをして、ふたたび元来た道を帰ることができたのだろうか。
 

人波が伊勢へと向かう往路だけではない。
人波が分散する帰路でも、書き付けの住所を見て、
「おーい、○○方面へ行く人いないか」などと声をかければ、
「おれが途中まで連れてってやる」と応える人がいたことだろう。
錦絵からはそんな善意の応答まで聞こえてきそうだ。

 

伊勢に行きたくてもどうしても行けないという人もおり、
そういった人達は、自分の代理として他の人に伊勢にお参り行って来て貰う事で、神宮に代参をしたのです。

そして、そのうちに、人間ではなく自分の犬に代参を託す人も出てくるようになり、
近所でおかげ参りに行くという人に自分の犬を預けて連れて行って貰ったり
もしくは、道中の人々がその犬を伊勢へと案内してくれる事を期待して、犬一匹だけで送り出される事もあったようです。
 

こういった犬のおかげ参りは江戸時代後期に流行り、おかげ参りをしている犬である事がすぐ判別できるよう、犬には御幣や注連縄が付けられ、また、犬の首には道中のお金などがくくりつけられて送り出されました。
 

伊勢へと通じる道々では、そうした犬が来ると皆で餌をあげたり泊めるなどして、その分のお金を少し貰ったりもするのですが、逆に「これはとても立派な犬だ」と言ってお金を足してあげる人も多く、犬の首に掛けられている袋のお金が増えてくると、袋が重くて犬が可愛そうだと一枚の銀貨に両替してくれる人までいたそうです。

当時の人々はとても信心深かったので、おかげ参りをしている犬からお金を盗むような人はなく、
こうして犬は人々の善意に支えられながら伊勢へと送り届けられていったのです。

■こちらは大名行列に引かれての犬のお参りです。しかも江戸から伊勢へです。毎年ではありませんが、何年かに一度はあったという言い伝えです。

春三月、東海道を諸大名の行列が、西へ向かって移動をしていきます。その行列に付きまとう犬がありました。

 初めは「シッシッ」と追い払います。場合によっては叩いたりしますが、それでも懲りずについてきます。供の家来たちは、次第に根負けして、「これは伊勢参宮の犬ではないか」と考えるに至ります。というのは、昔からの言い伝えがあるからです。(昔がいつかなどということは、分かりませんが)

竹筒を作って、犬の首に結わいつけます。その筒の中に、若干の銭を入れて様子を見ていると、この犬はその日から大名行列の後を追わず、意のままに歩みを進めてゆくことになります。

日暮れになると人家の前に立ちます。竹筒を見て「これは参宮の犬だ」ということになり、家の中に入れて餌を与え、寝かせます。竹筒の中からいくらかの銭を費えとして取り、また心ばかりを返します。犬は出された朝飯を食べると、走り去っていきます。

こうやって日にちを重ね、伊勢参宮を果たすのです。
伊勢の神官は犬に気付くと、お札を竹筒に入れてやります。犬はやって来た道を、江戸へ向かって帰ってゆくわけです。

「おやハチ、姿が見えなかったが、どこへ行っていたんだ」そう言って町の人は竹筒に気がつきます。
「お伊勢参りをしてきたのか。えらいえらい」大騒ぎをして、ハチを可愛がります。

めでたしめでたしのお話です。
http://blog.livedoor.jp/chino17jidai/archives/51504686.html
 

■福島の忠犬シロのお伊勢参り

福島県須賀川の旧家、

市原家の8代目を継いだ市原綱稠に飼われていた白毛の秋田県シロは、人間の言葉がなんでもわかって、買い物をしたり用足しをしたりする利口な犬で、町中の評判であった。

市原家では、毎年伊勢の皇太神宮の春のお祭りには、主人が欠かさず参拝するならわしにしていた。ところが、ある年主人が病気のために行けなくなってしまい、みんなで相談して、このシロを変わりにお参りさせることにした。

そこで、「この犬は、主人が病気のため、代わって伊勢の皇太神宮にお参りさせるもので、途中水や食べ物を欲しがって立ち寄ったときは、食べ物を与えて相当の代金を取り、その金高を帳面に書いてもらい、また、この犬は人間の言葉がわかるので、「伊勢までの道順をよく教えてください」という帳面を入れた頭陀袋を首にかけ、

人間にものを頼むようにこまごまと言い聞かせて、家族が町外れまで見送って出発させた。

市原家では朝晩神棚に灯明をあげて、無事に帰れるよう祈った。
それからまるまる2ヶ月目の夕方、

シロが無事帰ってきた。頭陀袋の中には、皇太神宮のお札と、宮司の奉納金の受け取りや、

途中での食べ物の代金を差し引いた帳面も入っていた。

市原家ではみんな涙を流して喜んだ。

また、「主人に代わってお伊勢参りをした忠犬」ということで町の大評判となって、みんなにかわいがられたが、それから3年後に病気で死んでしまったという。

十念寺に立派な犬塚があり、シロはそこに祀られている。  参考 『須賀川市史』

http://www.city.koriyama.fukushima.jp/www/contents/1210566941987/files/26P1516.pdf

忠義犬シロ

日本書紀 

■政争で蘇我馬子に殺された主人の遺骸を埋め、そのまま墓を守り続け飢え死んだ犬
岸和田市の史跡として残る「大山大塚古墳」と隣接する「義犬塚」

■主人の遺骸をくわえ続け、側に横たわって固く守り、遺骸を収めさせてから立ち去った犬

d706d151

(「BOOK」データベースより)

近年、巡礼や遍路は大きく見直されてきた。ストレスの多い仕事や生活といった日常から離脱する、聖なる旅の心持ちに、大きな魅力があるからである。私たちにとって巡礼は「こころのふるさと」「癒し」「健康」「成長」といった巡礼・遍路に関する素朴な疑問にわかりやすく答える画期的入門書!各項目に詳細な図解や写真・地図などを添え、実践者に向けた親切なガイドブックとしても便利に使える巡礼者必携の書。「日本の巡礼地100撰」付き。

【犬好きの聖地】
犬は人間の最良の伴侶であると、いつも思う。
人間を助けるために自らの命を投げ打ち、死してなお人間を守護してくれる犬を祀る寺社は全国各地にある。犬を愛する人ならば、一度は愛犬とともに巡礼したい聖地ばかりだ。そのうちのいくつかを、祭られている犬とともに紹介したい。

老犬神社(秋田県大館市) 飼主を助けるため懸命の働きをするも、ついに倒れたシロ。
多茂木神社(同) 雨乞いの犠牲となった犬。
犬っこ神社(同湯沢市) 犬っこ祭のとき雪で造られる。泥棒など災難から飼い主を守るお犬様。
椙尾神社(山形県鶴岡市) 庄内三大祭「大山犬祭」で有名。村人を苦しめる化け物をかみ殺し、自らも倒れた丹波国のメッケ犬。以下二社も同様。
犬の宮(同高畠町) 甲斐国の三毛犬・四毛犬。
妙見神社(同天童市) 信濃国のベンベコ太郎。
十念寺(福島県須賀川市) 伊勢へ代参したシロ。
三峯神社(埼玉県大滝村) 日本武尊を助けた山犬様(大口真神、御眷属様)。寶登山神社(同長瀞町)や武蔵御嶽神社(東京都青梅市)でも祀る。
水天宮(東京都中央区) 子宝犬に安産を祈る。
忠犬ハチ公墓(同港区青山墓地) 四月八日は渋谷駅前で慰霊祭がある。大館駅の銅像も有名。
国立科学博物館(同台東区上野公園) 南極犬ジロと忠犬ハチ公の剥製を展示。
光前寺(長野県駒ヶ根市) 狒々退治の早太郎。
山住神社(静岡県水窪町) 徳川家康を助けた犬。
鬼岩寺(同藤枝市) 幾万もの神犬を呼んだクロ。
犬頭神社(愛知県豊川市) 蚕にまつわる犬。
犬塚の欅(滋賀県大津市) 蓮如を救った愛犬。
犬鳴山七宝滝寺(大阪府泉佐野市) 主を助けるも主に殺された悲劇の犬。
播州犬寺(兵庫県神崎町) 長者を助けた二犬。
犬墓大師堂(徳島県市場町) 空海を守った犬。
羽犬塚(福岡県筑後市宗岳寺) 秀吉の愛犬。
コウザキ様・コウザケ殿(宮崎県下) 猟師の犬。