【拡散希望】歴史を直視

コリアン(朝鮮民族、韓国人・北朝鮮人)が認めたがらない歴史的事実一覧
完全まとめ集


・稲作が九州から朝鮮半島に伝わったこと
・唐辛子が日本から朝鮮に伝わったこと(足袋(たび)に入れて足を温めるものとして朝鮮半島に持ち込まれたのが唐辛子)
・半島南部の先住民が日本人(倭人)であったこと
・新羅の建国時の宰相が日本人(倭人)であり、王家の二つが倭人系統であること、また始祖の朴赫居世についても日本人説(倭人説)があること

・百済、新羅が大和朝廷に対し従属的地位にあったこと
・大和朝廷による任那(伽耶)地域の支配があったこと(半島南部における多数の前方後円墳の存在)
・朝鮮半島における文化的独自性が欠落していること(あらゆる分野での古典の不在)
・属国として歩んできた歴史であること(漢民族・モンゴル民族・満洲民族のどの民族からも朝鮮民族は格下扱いされてきた)
・中国の属国になってから、みずから改名して、中国語の姓名であること
・秀吉の朝鮮出兵が日本と明の戦争であったこと(李氏朝鮮の軍は明の軍の指揮下に入り、和平交渉も日本と明の間で行われた)
・李氏朝鮮王が、中国の地方長官の地位でしかなかったこと
・清から、李氏朝鮮が琉球とベトナムよりも格下に扱われていたこと
・李氏朝鮮の前の高麗では、元の命令で、王妃が代々モンゴル人であり、モンゴル人の母親から生まれた息子しか国王になれなかったこと
・朝鮮半島の国が、歴史上一度も、単独では戦争に勝ったことがないこと(朝鮮民族と組んだ国も戦争に勝てない。高麗と組んだ元の元寇、大韓帝国を併合した大日本帝国の大東亜戦争)
・朝鮮民族が雑多な民族の集まりであること
・ハングルで表記できない発音がいくつもあること
・チマチョゴリが、子を産んだ女性は胸を露出して着る服であったこと
・朝鮮半島に唐辛子が広まったのは、塩の代わりの調味料だったこと
・李氏朝鮮の時代に、木を丸くする技術がなくて、二輪車がなかったこと
・秀吉が朝鮮に出兵した時に、秀吉側について明と戦った朝鮮人がたくさんいたこと
・馬に乗って戦っている倭寇がいて、日本人じゃない倭寇がいたこと
・日本に文明を教えてあげたと主張する王仁博士の出身地に、王仁博士の一族の末裔も王という姓の人もいないこと
・竹島が古代から一貫して日本の領土であったこと
・テーブルで肉を焼く料理法は戦後、日本から韓国に伝わったこと

统一新罗九州




 
文盲だった朝鮮人にハングルを教えることにしてハングルを広めたのは日本人であること
・高麗の時代には、済州島は元の直轄地で、元の領土だったこと
・朝鮮戦争前はむろん、朝鮮戦争後もずっと、韓国人は白米を常食にできなかったこと
・朝鮮半島の国は中国の国に朝貢するにも朝貢する文物がないので女性を献上していたこと
・大韓帝国(李氏朝鮮)の外国からの莫大な借金を、日本が代わりに支払ってやったこと

・大韓帝国(李氏朝鮮)の李王家の帰国を大韓民国(現在の韓国)が拒否していて、大韓帝国と大韓民国は別の国であるので、大韓帝国併合については大韓民国人(韓国人)は言及できないこと
・2000年近い朝鮮半島の歴史の中で、朝鮮半島を統一した独立国家としての歴史は、936年から963年までの高麗の27年間と、
1895年から1910年までの李氏朝鮮(1897年から大韓帝国と改称)の15年間しかないこと

・朝鮮という国名にしたのは明だが、他国に自国の国号を決めてもらった世界にただ一つの国であること

・百済と新羅の時代に朝鮮半島に住んでいた日本人が文明人として他の民族から尊敬されていたこと
・百済と新羅から帰化した人からの朝鮮語の伝搬が見られないことから、帰化人とは朝鮮半島に住んでいた日本人であったこと
(帰化人を渡来人というのは誤り。文字通り帰ってきた人達。朝鮮半島からの帰化人は引き揚げ者)


・昔から今まで常に日本列島が朝鮮半島よりも文明文化が進んでいたこと
・済州島には朝鮮民族とは別の言語・風習を持っていた、朝鮮とは別の民族が住んでいたにもかかわらず、済州島を併合してしまったこと

・1948年に、済州島の民族を大虐殺したこと
・済州島の民族の言語とアイヌ語に共通な語があって、済州島には日本列島と同じ民族が住んでいたこと

・元寇の兵の大半は高麗人(朝鮮民族)だったこと(韓国では元寇を元の「日本征伐」としていて、高麗人が元寇の主力兵だったことを教えていない)
・民族が到達しやすくても脱出しにくいのが半島だが、そもそも朝鮮半島には日本人が住んでいて、後から別の民族がやってきて、それが朝鮮民族になったと考えられること
・民族は敵性民族がいなければ暖かい所に移動するので、朝鮮半島の朝鮮民族は北のほうから南下してきたと考えられること


・朝鮮民族が南下してきたといっても単一の民族としてではなくて、満洲民族、モンゴル民族、漢民族、北方のツングース民族等が南下して朝鮮民族になったと考えられること
・韓国では中国を親の国、韓国を兄の国、日本を弟の国だと教えているが、それ自体が韓国の属国思想であること(日本は独立国だったので、そういう発想がない)
・宦官制度が新羅の時代から1894年の甲午改革で廃止されるまであって、去勢された男子の宦官がいたこと
・朝鮮民族は漢民族・満洲民族・モンゴル民族に従属していて格下の民族とされていたこと
・清朝の冊封体制の中で李氏朝鮮の地位は低く、朝鮮使臣のみが丸首の衣で歩いて裏門から入ったこと(朝鮮使臣のみが礼服と籠に乗ることと正門から入ることを禁じられていた)
・昔の李氏朝鮮の大極旗には清国属国旗と記されていること


名前が「金(キム)」や「朴(パク)」などのようにワンパターンになった理由を説明するのがわかりやすい。

1.朝鮮人は長い間中の属国として低い身分にあったため、低い身分の者や貧困者、弱者、ひいては身障者などへの虐待を「下の者が下に見られるのは仕方のないこと、上の者が下の者を見下すのは当然のこと」と考える 民族的傾向が定着していた。屈辱を「当然」と考えなければ精神的に乗り越えられないほど“千年の隷属”というのは長かった。 

2.虐げられる者の反動として、朝鮮の国内では、より低い者を虐げる「貴族社会」が長く続くことになった。貴族社会においては、 家系・家柄が悪ければ、努力はほとんど無意味だった。貴族が裕福なのも、奴隷が貧しいのも、生まれた家に決定された。 

3.身分制度によりどんなに努力しても不遇を変える方法がない社会では、当然の流れとして、低い身分にある者が「自分の先祖は名門だった」と偽る行為が横行しはじめる。それしか不遇を抜け出す方法がないのだから 

そうなるのは必然で、いつしか「偽の家系図を買う」
または 「家系図を書き換える」

ことで底辺で虐げられる身分から 逆転を果たすことが流行するようになってしまった。
 


4.その結果、皆が「限られた同じ名門(両班という)の名前」になり、形の上では多くの者が同じ名門の家系出身ということになった。

逆に底辺(白丁という)の出身者は歴史の闇へと消えていった。その証拠に、現在、どの韓国人に聞いても「私は由緒ある両班の出身だ」と必ず答える。今はもう白丁の子孫であっても、本人にその自覚すらなくなっている。

元より宗主国・中国も姓の種類は少ないが、その一部をコピーした属国の中で、さらに系譜の偽装が行われ「名門・良家の姓」にのみ絞られていったため、朝鮮人の姓は極端に種類が少ないのである。 


<朝鮮半島併合時に日本が推進した政策と功績>

・朝鮮半島の人口が2倍に増えて24歳だった平均寿命が30年以上伸ばされた
・人口の30%を占めてた奴隷が解放されて幼児売春や幼児売買が禁止された
・家父長制が制限されて家畜扱いだった朝鮮女性に名前がつけられるようになった
・度量衡が統一されて8つあった言語が統合されて標準朝鮮語がつくられた

・朝鮮語教育のための教科書・教材が大量に作成されて持ち込まれた
・5200校以上の小学校がつくられて師範学校や高等学校が合わせて1000以上つくられた
・239万人が就学して識字率が4%から61%に上がった

・大学が造られて病院が造られてカルト呪術医療が禁止された
・上下水道が整備されて泥水啜って下水垂れ流しの生活が出来なくなった
・日本人はずっと徴兵されて戦場で大量に死んだが、朝鮮人は終戦間近の一年しか徴兵されず内地の勤労動員だけで済まされた

・志願兵の朝鮮人が戦死したら日本人と同じく英霊として祀られた    
・3800キロ鉄道が引かれて港が造られて電気が引かれた
・会社が作られるようになって物々交換から貨幣経済に転換した
・二階建て以上の家屋が造られるようになって入浴するよう指導された
・禿げ山に6億本の樹木が植林された

・ため池がつくられて今あるため池の半分もいまだに日本製
・川や橋が整備されて耕作地が2倍になった
・近代的な農業を教え1反辺りの収穫量が3倍になった
・糞を喰ったり乳を出したりして生活するのが恥ずかしいことを教えた


これで植民地だと騒ぐのなら、本当の植民地にされていた国は怒るだろう

ついでに言えば、これで今なお謝罪と賠償を叫ぶ朝鮮人が異常すぎて軽蔑されるということ