朴大統領の風刺画の展示が拒否される=韓国ネット「韓国では事実を描くと叩かれる」「ここは独裁国家か?」

Record China 8月14日(木)0時40分配信

2014年8月11日、韓国・聯合ニュースの報道によると、光州広域市立美術館で来月開催予定の光州ビエンナーレ20周年特別展で、朴槿恵(パク・クネ)大統領を風刺したホン・ソンダム氏の絵画「セウォル、五月(オウォル)」の展示が拒否されたことについて、波紋が広まっている。

【その他の写真】

セウォル号を題材としたこの絵は、カカシに見立てた朴大統領を、韓国軍と金淇春(キム・ギチュン)大統領秘書室長が背後から操っているという構図で描かれている。光州広域市側が修正を求めたことで論争となり、展示がとりやめとなった。

芸術家らは、「作品展が光州民主抗争の精神をモットーに開催されてきたにも関わらず、始まる前から検閲のようなことをされるのは納得できない」と主張している。

これについて、韓国のネットユーザーは次のような反応を示している。

「大統領を揶揄するのは、自分の顔に唾を吐くこと。自重すべきだ」

「行きすぎた風刺は自重すべきだが、今の政府はあまりにもひどいので仕方ないと思う」

「民主主義社会で、大統領を批判したからといって問題視されるのはおかしい。ここは北朝鮮か!」

「韓国は独裁国家なの?」

「表現の自由を弾圧するのか。物言えぬ社会。恐ろしい世の中になってきた」

「風刺はユーモアでしょう。笑わせるつもりなのに必死でねじ伏せられる。笑うに笑えない」

「世相をよく描いた絵だと思う。事実を事実通りに描くと叩かれるのが今の韓国の現実」

「いっそのこと海外で展示して、世界中の人に見てもらえばいい」(翻訳・編集/雲間草)

 

朴大統領は“カカシ”、「風刺画」のため展示を拒否の主催側に抗議の声=絵には安倍首相も―韓国メディア



2014年8月12日、韓国の光州広域市で来月美術展が開催予定だが、朴槿恵(パク・クネ)大統領を風刺した作品の展示が拒否され、物議を醸している。11日には、同美術展に出展予定だった芸術家2人が作品の展示を取りやめ、主催側に抗議している。韓国の報道を引用し環球時報(電子版)が伝えた。 
12日、韓国の光州広域市で来月美術展が開催予定だが、朴槿恵大統領を風刺した作品の展示が拒否され、物議を醸している。11日には、同美術展に出展予定だった芸術家2人が作品の展示を取りやめ、主催側に抗議している。資料写真。
そのほかの写真

韓国・聯合ニュースは11日、「韓国の画家は、美術展にセウォル号を題材とした絵の展示を計画していた。この絵は、朴大統領をカカシに見立て、韓国軍と金淇春(キム・ギチュン)大統領秘書室長が背後から操っているという構図。ところが、主催側は絵が朴大統領を風刺していると判断し、展示を拒否。これに一部の芸術家が不満を漏らしている」と報じた。 

作品の展示を取りやめる予定の芸術家は、「大統領の風刺というだけで展示ができないのは、芸術が政治の影に覆い隠されたことを意味する。主催側の決定は恥だ」と抗議。さらに、光州の複数の市民団体は11日、「主催側の決定は“国民の芸術の自由を侵害”している」との声明を発表し、主催側に画家への謝罪を求めている。 

一方で、光州広域市の市長は「画家の創作の自由は尊重すべきだが、光州広域市の美術展が政治的な物議を醸すことは望んでいない」と発言。さらに一部の韓国保守団体は、展示を拒否された画家の作品は「名誉毀損(きそん)」だと主張している。 

このほか、韓国日報は「展示拒否の作品では、安倍首相や韓国の首相に指名され辞退した文昌克(ムン・チャングク)元中央日報主筆、李明博(イ・ミョンバク)元大統領なども描かれていた。韓国政府は大統領の印象を重視しており、今月3日に日本の産経新聞が『セウォル号事故当日、朴大統領は男性と密会』と報道したことに対して厳しく抗議している」と伝えている。(翻訳・編集/内山)