1:2014/08/13(水) 22:25:03.26 ID:
「戦艦大和」艦長などを務めた海軍軍人が昭和初期、

アメリカ滞在中につけていた英文の日記が見つかった。


当時すでに「仮想敵国」だった米国の武力を探る一方、

その豊かな国力を肌で感じていたことが分かる。

当時の軍人によるアメリカ滞在日記が公になることはほとんどなく、貴重な1次資料だ。

日記をつけていたのは松田千秋・元海軍少将(1896~1995年)。
長男の孝行さん(81)が遺品の中から見つけ、
孫で毎日映画社ディレクターの文治さん(44)が解読を進めていた。

*+*+ 毎日jp +*+*
http://mainichi.jp/select/news/20140814k0000m040071000c.html
松田千秋・元海軍少将


48
:2014/08/13(水) 22:44:30.67 ID:
この国力差を大和魂で乗り越えるんだ、と煽り倒した メディアと   踊った大衆

近衛文麿が大人気だったのと民主党に投票したのと、大して変わらんわ

あと海軍善玉説も大概

今となっては言い訳でしかない

どうしても勝てないのなら、どんなことがあろうと非戦

それだけ大衆がアレで、内戦回避のためやむを得なかったって判断したんだろうけど

59: :2014/08/13(水) 22:47:16.02 ID:
↓主に朝日新聞です 

太平洋戦争を煽ったのもマスコミだった 
http://www.chitobe.com/bbs/bbs.php?i=200&c=400&m=150167 

私がまだ共同通信の記者をやめる直前の『沈黙のファイル』の取材で、
同僚と一緒に太平洋戦争開戦前夜の参謀本部作戦課の内情を調べたことがある。

作戦課は陸軍大学校出身の超エリート参謀二十数人からなる陸軍の中枢機関で、

国防方針に基づいて作戦計画を立案し、約四百万人の軍隊を意のままに動かした。 

その作戦課の元参謀たちに 

  「 勝ち目がないと分かっていながら、なぜ対米戦争を始めたのか 」 

と聞いて回ったら、ある元参謀がこう答えた。 

  「 あなた方は我々の戦争責任を言うけれど、新聞の責任はどうなんだ。 

   あのとき新聞の論調は我々が弱腰になることを許さなかった。 

   我々だって新聞にたたかれたくないから強気に出る。 

   すると新聞はさらに強気になって戦争を煽る。 

   その繰り返しで戦争に突き進んだんだ 」 


この言葉は私にとってかなり衝撃的だった。

というのも、私はそれまで新聞は軍部の圧力に屈して戦争に協力させられたのだと思い込んでいたからだ。

それが事実でなかったとしたら、

私たちが教えられた日本のジャーナリズム史は虚構だったということ になる。

649: :2014/08/13(水) 23:57:38.12 ID:
戦争開戦の責任は左翼のせい 

ソ連スパイ朝日新聞の尾崎秀実は 

支那問題の専門家として、むしろ戦争反対ではなく、 
中国との戦争継続、戦争拡大のみ主張しています。 

日中の講和を目指した広田弘毅などの路線をすべて閉ざして、 

「国民政府を相手とせず」などという近衛首相の声明はみな尾崎の煽動によると思えるのです。 

尾崎はこの日中戦争を拡大継続することが、必ず米英との戦争になることが判っていました。 

そうすれば、蒋介石国民政府も敗れ、日本も敗れ、 
だが同時に米英仏蘭の欧米各国はまたアジアの植民地を解放
せざるをえないのです。
 

そしてそれは、中国日本アジア諸国を共産化できる道でした。

尾崎にはそれが「東亜新秩序」であり、真の目的だったのです。 

尾崎秀実のことで 
http://shomon.livedoor.biz/archives/51879145.html
173: :2014/08/13(水) 23:06:05.43 ID:
>>12
毎日ってところが気になるよなあ
4:2014/08/13(水) 22:27:35.83 ID:
国力も土地の広さも桁違いで  よく頑張ったもんだな日本
6:2014/08/13(水) 22:28:02.72 ID:
負けた戦争を始めた責任は一命をもっても償いきれない。クソな奴らめ。
14:2014/08/13(水) 22:30:43.02 ID:
>>6
そしてそれに懲りず、またしても負ける戦争をしようとするアホな奴等がいる。
65:2014/08/13(水) 22:48:36.01 ID:
>>44
主に陸軍、朝日。
戦争は群の存続をかけた争いなんだから必ず勝てなければならない。
そして、勝者は正義、敗者は絶対悪だ。
200:2014/08/13(水) 23:10:08.92 ID:
>>8
ばかいうなよ。
海軍のほうが、やるならはよやれ、と積極的だったんだよ。
アメリカが石油輸出禁止していたから、
はやく開戦しないと、勝ち目はない、しかし、勝算はないとか、意味不明なことをいっていた。
陸軍はシナで戦争していたから、多方面作戦になるのを懸念して、対米英開戦には反対だったよ。
231:2014/08/13(水) 23:14:10.93 ID:
>>8
でも実際にやる気満々だったのは海軍の方。
陸軍にその気があったにせよまだ準備不足。対ソ戦想定で南方装備が間に合ってなかったし。

海軍贔屓の言い草で「海軍には世界を知ってる人が多かったとかいってるけど戦争停められなかったんだから結局は無能で無責任。
開戦に反対だったなら陸軍参謀本部に艦砲射撃するくらいのとこやってみろよw

戦後海軍兵学校出身のクソ作家がノスタルジーをこめて海軍礼賛してその反動で陸軍がバカで好戦的と思われてるけどまったく逆。

陸軍のほうがよっぽどまとも。
 
13:2014/08/13(水) 22:30:26.99 ID:
>>1
途中までしか引用しないならそう明記しろボケカス

記事の続き
当時、少佐だった松田は1929年、語学研修のため渡米し翌年、在米大使館付武官補佐官に就任、
計2年間、主にワシントンに駐在した。
見つかったのは29年6~9月のもので、約120ページ。

サンディエゴでは「飛行機に乗り街を見下ろした。約100隻の駆逐艦があり、20隻は稼働中だった」と記した後「標的」を意味するとみられる「gun targets」と書くなど、米軍艦に強い関心を示している。


一方、アメリカは人も建物も大きく、食事に行っても食べきれないほどのものが出てくるなど、豊かさに驚く記述も目につく。

アメリカ通の軍人が少ない中、実体験でアメリカの国情を感じていたようだ。

戦後は
「アメリカは資源の豊かさや生産性など、日本とは比較にならないと思った」と振り返ったという。
松田少佐は第2次近衛文麿内閣の直属機関で、開戦前の41年4月にシタートした「総力戦研究所」の
所員として研究生を指導。

諸外国の国力や国際情勢を踏まえつつ戦争のシミュレーションを行った。

その結果8月、「日米戦日本必敗」の結論を下した。
開戦後の42年、海軍のシンボル「戦艦大和」の2代目艦長に就任するなど第一線で戦った。
日記の内容は14日午後9時、BS11の「報道ライブ21 INsideOUT」で放送される。

ほかにも武官補佐官時代の記録など手つかずの資料が多いため、文治さんは専門家と協力して
研究を進める。【栗原俊雄】
昭和史が専門のノンフィクション作家・保阪正康さんの話
軍人のアメリカ滞在日記は極めて珍しい。何に関心を持ちどんな活動をしていたのか、解読を進める必要がある。
53:2014/08/13(水) 22:45:21.72 ID:
>>42
いや、日本の最上層部の開戦決断は敗北まで織り込み済みの決断だよ。

昭和天皇「独白録」等を見れば分かる。
43:2014/08/13(水) 22:43:04.84 ID:
>>15
海軍には反対派の派閥があったと言うだけで(これは陸軍も同じ)
海軍大臣だった永田修身などは賛成。

実は真珠湾攻撃の機動部隊は政府の許可なく日本から出撃している。
これはハルノートよりも早い。
この動きは首相であった東條すら知らなかったと言われている。
16:2014/08/13(水) 22:32:15.04 ID:
インディアン虐殺したアメ公の太平洋亜細亜侵略に対して、勇敢にも戦った英雄に感謝
19:2014/08/13(水) 22:33:05.78 ID:
>>1
日本軍上層部ほど
アメリカとの戦争はしたくなかったからな

山本五十六でさえ、戦前にアメリカ見てたから
いかに国力が違うことよく知ってたし
51:2014/08/13(水) 22:45:08.68 ID:
>>34
1943年CBSがカラーテレビの商業放送を開始している。
304:2014/08/13(水) 23:22:03.34 ID:
>>85
本土決戦やってたら
米軍とソ連軍が南北から攻め込んできて
戦後の日本は「日本国」と「日本人民共和国」に分かれただろう
337:2014/08/13(水) 23:25:48.86 ID:
>>304
当時の赤軍に渡航作戦は無理だっただろうね
その米軍だってダウンフォール作戦の損害を30万以上と見積もってやめたぐらいだし
圧倒的戦力をもってしても上陸作戦は簡単には行かないんだよ
373:2014/08/13(水) 23:29:21.59 ID:
>>304
1、九州上陸作戦→関東上陸作戦

2、いきなり関東上陸作戦

2つの案があった。
32:2014/08/13(水) 22:40:14.73 ID:
>>26
開戦を決定した軍部の上層部が、留学経験すらない井の中の蛙だったということじゃないの?
33:2014/08/13(水) 22:40:19.77 ID:
 ,;:⌒:;,
8(・ω・)8 第一次大戦を経てアメリカはもう軍事大国だったからな
      国土もラジオとか映画も栄華を極めとって華やかじゃった
      自動車も大衆車が出て庶民でも買えるようになってたしな
436:2014/08/13(水) 23:36:29.70 ID:
>>33
ガキの頃
旧トムとジェリー(1940年代の作品)を見て
アメリカの凄さを知ったわ
日本人が「欲しがりません勝つまでは」「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」とか言っていた時に
アメリカ人はこんな生活してたのか
こんな国と戦争しても逆立ちしても勝てるわきゃないと子供心に思ったわ
37:2014/08/13(水) 22:41:11.10 ID:
まあ事実だけど基本的に朝日と毎日のソースは一切信じません
40:2014/08/13(水) 22:42:42.24 ID:
陸軍は戦争反対やろ。朝日新聞が煽って国民が戦争を求めてポピュリストの近衛文麿が暴走して支那事変が拡大した。海軍は対米戦を想定して予算要求しまくってたから反対できなかった。
41:2014/08/13(水) 22:42:46.78 ID:
何故か、
毎年7月~8月にかけて続々と新発見と報道される現象が今年も・・・w
やらせ報道が過ぎるわ
50:2014/08/13(水) 22:44:52.29 ID:
いやもう毎年8月15日前を狙って
こういう戦争絡みの取り置きニュース配信するの
いい加減にやめてくれねぇかな

ちゃんと見つかった段階で報道しろよ
それが報道機関ってもんだろ
55:2014/08/13(水) 22:46:09.52 ID:
戦争を始める始めないを語るには日清、日露戦争まで遡る必要がある。


79
:2014/08/13(水) 22:52:37.75 ID:
>>64
同じ人口と同じ土地があったら
とっくの昔にアメリカのGDPさえも抜いてるわアホ


何も考えず中国は日本より豊かになったとか書いてんじゃねーよ
67:2014/08/13(水) 22:49:41.52 ID:
朝日新聞が大日本帝国政府から弾圧を受けて戦争を煽ったどころか
軍と結託して煽ったことを朝日新聞自身が記事に書いているw

東京朝日新聞主催「盧溝橋事件一周年座談会」
http://www.geocities.jp/yu77799/rokoukyou/zadankai10.html
これは最後のページですが、当時の支那駐屯軍の報道担当の将校の発言から、
支那駐屯軍の戦線拡大派(この座談会の出席者)と東京朝日新聞社が結託し、


 政府、軍中央の不拡大路線をなんとか一撃必殺論に覆すため、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 都 合 よ く 世 論 を 煽 動 し て 成 功 し た 、 ということが
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あっさりと明らかにされています(赤字部分の発言内容など)。

しかも当時、 朝 日 は こ れ を 自 慢 し て 紙 面 に 載 せ て い ま す。
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ちなみにあの牟田口廉也も出ています。
71:2014/08/13(水) 22:50:04.26 ID:
> 孫で毎日映画社ディレクターの文治さん(44)が解読を進めていた。

変態新聞社の眷族なわけね
73:2014/08/13(水) 22:50:33.53 ID:
天皇陛下の開戦の詔を読めばなぜ戦争をしなければならなかった
理解出来る

鬼畜米英

の意味もな
81:2014/08/13(水) 22:53:07.59 ID:
>見つかったのは29年6~9月のもので、

ウォール街大暴落の直前だな
バブル頂点のアメリカ、そりゃ豊かに見えたろう
86:2014/08/13(水) 22:53:34.10 ID:
あの戦争を煽ったのは 「アジア主義者 」 たち、 現在の 「 リベラルサヨク 」 たち
別にA級戦犯の東条英機が戦争を煽ったわけではない

アジア!アジア! アジアのためのアジア! 国民の声を聞けーーーー!!!!

そう叫び、戦争を煽りに煽ったのは 「 朝日新聞 」 「 毎日新聞 」 「 社会党系言論人 」
を筆頭とする 「 アジア主義者 」 たち、 現在の 「 リベラルサヨク 」 たち

戦前は 「 日本 」 の軍国主義を賛美!イケイケドンドン東アジア共同体 → 大東亜共栄圏
現在は 「 中国 」 の軍国主義を賛美!イケイケドンドン東アジア共同体 → 大中華共栄圏

戦前は 「 日本 」 の帝国主義を賛美! → しかしそれでも自国であり、民主主義国家だった
現在は 「 中国 」 の帝国主義を賛美! → 他国の独裁国家である → 戦前よりタチが悪い

まさに愚か者としか言いようがない。

ことさら歴史!歴史!と講釈してるバカほど歴史を知らない
ことさら平和!平和!と講釈してるバカほど平和の敵である

これが戦後日本の現実だ!
「 歴史 」 や 「 平和 」 は戦前軍国主義者が戦争責任から逃れるための道具にしている

「 朝日新聞 」 「 毎日新聞 」 「 社会党系言論人 」 が戦争責任から逃れるために
中国、韓国に都合の良い 「 歴史認識 」 や 「 平和 」 を叫び続けている
                    ~~~~~~
戦前軍国賛美、スターリン賛美、文革賛美、ポルポト賛美、北朝鮮賛美

まさに戦争と大虐殺ばかり賛美してきた
これが 「 朝日新聞 」 「 毎日新聞 」 「 社会党系言論人 」 がやってきた現実だ

まさに 「 平和に対する罪 」 「 人道に対する罪 」 としか言いようがない
「 アジア主義 」 で暴走してるバカこそ、戦前軍国主義者の正体だ
90:2014/08/13(水) 22:54:32.46 ID:
またNHKがプロパガンダ番組をやってる


NHKスペシャル「狂気の戦場 ペリリュー~“忘れられた島”の記録~」


ほんと反吐がでるぜ

犬HKはよ
113:2014/08/13(水) 22:59:25.12 ID:
>>92
だな。南方作戦終了後、陸軍は戦線の維持を主張したのに
海軍は米豪遮断をすすめて、ガダルカナルの国力消耗を招いた
たとえ太平脳の島々を陥落させ、米豪を遮断しても
広大な太平洋でどうやって島を占領してそれを維持するかの
補給と言う基本的なことも考えられなかったわけだ
93:2014/08/13(水) 22:54:43.75 ID:
>>1
確か

陸軍はドイツ

海軍はイギリス・アメリカ


で留学の行き先ほぼ固定されてたような
これを適度にシャッフルしてれば対米戦争起きなかったかも
99:2014/08/13(水) 22:55:33.44 ID:
東條英機をはじめ当時の国の首脳でアメリカと戦争やって勝てるなんて
思ってた人はいないだろ

アメリカの要求が厳しすぎて、交渉での解決は難しい状況になり、
それならアメリカから宣戦されるまえに、こちらから先制攻撃を加えて
少しでも勝利の可能性を高めようとしたんでしょ

もしアメリカからの要求を受け入れていたら、国中で暴動が起こって
どのみち崩壊していたろうね
まあ歴史上戦わずして広大な領土を手放す決断をした国なんて
ないと思うけど
145:2014/08/13(水) 23:03:13.83 ID:
>>99
開戦決定までのプロセスを描いたドキュメントを前にNHKがやってた。

で、軍部首脳も含めて誰もアメリカに勝てるわけ無いと思ってたんだが軍人は負けるとはいえないし二・二六事件とかあって文民大臣は軍人が怖くてこれまた言い出せない。

結局なし崩し的に開戦になっちゃったとか言う身も蓋もない内容だった。

終戦時の閣議もこんな感じだったがご聖断をあおぐという逃げ道があったんだよなぁ
169:2014/08/13(水) 23:05:44.84 ID:
>>145
そんな国民性を考えて第9条があるんだよ。
なんとなく戦争してしまうこの国の愚かさを、戒めるために。
102:2014/08/13(水) 22:56:00.13 ID:
日本軍は馬鹿とかレスしてる奴に限って
追い込まれると戦争しだすようなタイプだからなw

こういう奴らに限って当時の状況をまるで理解してないし

日本軍がバカとか言ってる奴らは
今ガソリン止められたら生活して行けるのか?
電気もろくに使えなくなるぞ?w
114:2014/08/13(水) 22:59:28.78 ID:
>>102
追い込まれるような振る舞いをしてたからだけどな。
中国大陸の利権を分け合う方向に譲歩できなかったのはアフォ。
146:2014/08/13(水) 23:03:24.51 ID:
>>102
中国から手を引いて満州も捨てればよかっただけじゃね?
そのほうが国民生活は全然良かったはず
103:2014/08/13(水) 22:56:16.60 ID:
海軍は空の戦力を過小評価していた。それが敗戦を導いた。負けて当然の戦争。
161:2014/08/13(水) 23:04:53.44 ID:
>>106
理研は限界まで頑張ってたよ。
理研だけでどうにかなる戦争じゃなかっただけの話だ。
111:2014/08/13(水) 22:58:43.08 ID:
>>103
航空戦力の重視は日本の方が先
むしろアメリカ遅かったくらい
まぁあとから月刊正規空母に週刊護衛空母なんてとんでもないことをやってきたけどね
225:2014/08/13(水) 23:13:36.06 ID:
>>103
機動部隊を作り出したのは日本だよ。
というか指揮官に問題があった。
149:2014/08/13(水) 23:03:39.67 ID:
>>105
東條含めて勝てるなんて思っていたのなんて軍幹部には一人も居なかったよ
でも避けられなかったのが戦争
煽ったのは朝日始めとするマスコミだしゾルゲとか開戦させる為に暗躍している
だから戦後レッドパージが起きたんだよ
136:2014/08/13(水) 23:02:09.19 ID:
>>118
当時の欧米は
日本よりも先に同じようなことしてたし
むしろ、日本よりも酷い植民地政策してたんだが?

黒人奴隷も知らないのか?
171:2014/08/13(水) 23:06:02.42 ID:
>>136
これですね。

欧米植民地の残虐さ
http://kenjya.org/ajia1.html


>インドは昔から木綿産業が盛んだったが、産業革命が起きると、
>イギリスのマンチェスターから木綿が圧倒的に安い値段で入ってくるようになった。
>インドで木綿を作って生活している何百万人という人たちが、これにより生活できなくなった。
>普通の独立国だったら、国は農民を保護するために輸入制限をしたり、関税をかけなければならない。
>しかし、輸入を拒否したくてもできないのが植民地だ。
>その上、イギリス政府は木綿を作りにくくするために、木綿の作り手たちを何万人も集めて、その手首を切り落とした!
>インドの木綿工はそのまま仕事がなくなって、餓死してしまった。ベンガルからインド洋まで、何百万人という白骨が並んだと伝えられている。
128:2014/08/13(水) 23:01:22.35 ID:
敵を知り己を知らば~

なんで戦争に踏み切ったのかねぇ

まあ結果として日本は豊かになったけどさ
137:2014/08/13(水) 23:02:29.54 ID:
>>128
何で戦争に踏み切ったかわからないのは単にお前が勉強不足なだけだw
278:2014/08/13(水) 23:19:55.97 ID:
>>203
まぁ戦争始めたら
なかなかやめることなんて出来ないんだよ

国民はなんも知らないから
もっとやれやれと煽るし

オバマだってやっとイラクから米軍撤退させたくらいだし
戦争始まったらトコトンまでやるまで
終わらせることは出来ない

日本は、天皇がいたから
まだ本土を決戦までしなくてすんだけど
天皇まで戦争責任追求されたら
間違いなく本土も戦場になってただろうな

国民が米軍に黙っちゃいねーし
328:2014/08/13(水) 23:24:05.48 ID:
>>278
戦争には必ず利権が絡むからな

戦争が始まったということは
戦争で利する(と考える)人の意見が日本では強かったということだ
つまるところ戦争も外交手段なわけだし

あなたの言うとおり、
もし天皇の戦争責任が追求されれば
日本人は文字通り一億玉砕したろう
261:2014/08/13(水) 23:17:49.06 ID:
>>227
ロシアは最初世界中から講和勧告されても
従ってない。今のクリミア以上になんだし、
勝ってたらわざわざ半島中国権益を日本に割譲して講和する必要ない。

講和したのは陸軍が打ち破られ、艦隊も撃滅されたという
日本の戦術的な勝利が一番の理由。
485:2014/08/13(水) 23:41:35.11 ID:
>>271
日露戦争は明石で勝った。
ロシアは戦線を後退させながら補給路を増強してゆく、内地に呼び込んで叩く古来の戦法だった。
出血も相当だったが継戦能力の喪失までは至っていない。
逆に日本は兵站の問題で攻勢限界寸前だった。
しかもカネがない。

そこから先の日本の話は、大体陸軍の悲哀の話が多い。国民は餓えている。
海軍は大規模な軍縮交渉で軍事バランスを固定化されそうになっていた。
そこに刺激が加わって、国民はあらゆる事態を軍事力によって解決することを希望するようになる。
その希望を汲んで陸軍の某が満州あたりで暴れまわり、収拾がつかなくなる。
どたばたしてる間に陸軍の仮想敵ソ連はドイツと戦争状態になり、海軍は対米戦を意識し始めるが国力の差に絶望。
早期開戦しないと一方的な戦力差が発生することが明確で大和の進水を契機に開戦することを決意。
ちなみに天皇陛下は戦争回避の指示を再三出されていた。
日米停戦交渉は米国の主力艦艇をほぼ全滅すれば(そのチャンスは実際にあった)テーブルにつくくらいはあったかもしれないが、週間軽空母の国じゃあ交渉にはならんよな。
187:2014/08/13(水) 23:08:25.12 ID:
>>130
ハルノート突きつけられて、もう交渉どころじゃない
最後通牒だと踏んだんだと
昭和天皇の親書がルーズベルトに届いていれば開戦回避の可能性もあったとか
色々言われてるけど

ハルノートの内容で東郷外務大臣はもうダメだと諦めたんだが、
吉田茂はハルノートには最後通牒と「書いてはいない」、向こうは最後通牒のつもりかも
しれんが、知らんぷりして交渉しろ、それでもダメなら、お前、辞表出せ、
内閣吹っ飛んでお前、暗殺されるだろうが、俺が骨拾ってやるから諦めるな、
と無茶苦茶な説得をしたそうな
202:2014/08/13(水) 23:10:51.96 ID:
>>187
ハルノートなんて最後通告でもなんでもないし、そもそも従えばよかっただけの話
131:2014/08/13(水) 23:01:35.99 ID:
山本五十六は長官になる前はアメリカとの戦争に反対してたが
長官になってからはノリノリだと聞いたが
こいつの責任は大きいだろ
183:2014/08/13(水) 23:07:42.42 ID:
>>131
ノリノリで何ヶ月も前から奇襲作戦立てて海軍動かしてたからね
途中までは知らないが
開戦前数ヶ月は反対だったとは思えん
本当に反対だったらあれこれ理由つけて奇襲作戦とか遅らせて時間稼ぎ出来る立場なのに
252:2014/08/13(水) 23:16:31.59 ID:
>>220
顔面に一発パンチ(真珠湾攻撃)食らわせた後に講和しましょうって最初の出発点から間違ってるだろ
山本はアメリカはちょっと死人出たらヘタれるような国だと勘違いしてたんじゃないのか?
312:2014/08/13(水) 23:22:43.54 ID:
>>252
アメリカは高度な文明を持っている!
なら精神的に堕落しているに違いない!
戦争の死傷に耐えられないだろう!
きっと講話できる!

いっぽうアメリカは週刊空母と原爆を造った
309:2014/08/13(水) 23:22:19.17 ID:
>>277
お前みたいな幼稚なバカが軍部の一部にいたのと、慰安婦問題で捏造した
バカな新聞社が同じような主張をして悲惨な結果になったんだよ。

戦争を始めるも難しいけど、終わらせるのはもっと難しいだよ。
143:2014/08/13(水) 23:02:53.94 ID:
NHKスペシャル「ペリリュー島の戦い」は印象深いものだった
前回の放送と違い米軍側のカラー映像を多く使用した
菅さんはペリリュー島で遺骨収集しないのかな
硫黄島だけじゃないんだよ

安倍さんも休暇中の山口でこの番組を見ていたと思う
166:2014/08/13(水) 23:05:30.51 ID:
>>143
遺骨はやめとけ バカwww

まぁ そこから知られざる旧人類の骨格も見つかるかも知れんから
あながち無駄とは言えないか・・・・
144:2014/08/13(水) 23:03:09.85 ID:
昔の白黒のアメリカ映画見てるとすでにエアコンがあって
電子レンジでピザ焼いて食ってるからびっくりする
147:2014/08/13(水) 23:03:26.82 ID:
譲歩すればさらに譲歩をせまられる
それが国際社会というもの
それを止められるのが力。ここでいいなんてものはない

国際政治の基本がいまだにわかってない馬鹿がいるなw
160:2014/08/13(水) 23:04:51.56 ID:
昔も今も頭の悪い官僚が国をダメにしてるんだねえ
162:2014/08/13(水) 23:05:01.03 ID:
お前ら、中国人の不当な反日殺戮がすべての原因だぞ。

気に入らない条約は平気で破る、破るに当たっては愛国無罪で殺しまくり破壊しまくり。

日本軍の作戦の目的は治安維持だからな。
170:2014/08/13(水) 23:05:49.43 ID:
大和が沈んだ時にはとっくに司令部付の偉いさんになってたのかな
最後の特攻指令とその時の艦長に対して思った事とかの手記は残ってないのかな
176:2014/08/13(水) 23:06:49.61 ID:
陸軍の仮想敵国はソ連
海軍の仮想敵国はアメリカ

戦後、陸軍悪者論を喧伝する恥知らずな海軍
日米戦を引き起こし、へたくその用兵でことごとく艦船を沈め
太平洋をぐちゃぐちゃにしたのは海軍
178:2014/08/13(水) 23:07:13.64 ID:
戦争を煽りまくったのは朝日新聞。
232:2014/08/13(水) 23:14:25.04 ID:
>>189
戦わないで譲歩してたら
その残った島もよこせと譲歩を迫られたわけだ

それはカルタゴの歴史、インディアン、ハワイの歴史だわかるんだがなあw

そしてそれは今、リアルタイムで進行している移民、TPPこの先に
何があると思う。3代のちには皆、アメリカ人かもなw
197:2014/08/13(水) 23:09:45.64 ID:
戦艦大和の艦長で、アメリカ滞在の経験もあるっていうから
小沢整一の事だと思った
小沢中将もアメリカで駐在武官を務めた経験があるからな
243:2014/08/13(水) 23:15:20.40 ID:
>>197
小沢治三郎と伊藤整一がごっちゃになっているな
小沢さんは大和には乗ってない
伊藤さんは大和には乗ったが、艦長としてではなく第二艦隊司令長官としてだな
206:2014/08/13(水) 23:11:00.36 ID:
フィリピンを占領した日本軍が押収したアメリカの映画フィルムを見た。
その出来に衝撃を受けて封印した話は有名だねw










風と共に去りぬという映画だけど。
222:2014/08/13(水) 23:13:26.11 ID:
>>211
欧州は複雑怪奇なんて言ってる国にまともな外交が出来る訳がない。
214:2014/08/13(水) 23:12:22.17 ID:
日本の兵隊は餓死しまくってるのに、見栄張って役にも立たない戦艦なんか作りまくってたんだもんな
まんま今の北朝鮮と同じ状況、ってこれって今の日本も同じじゃねw
国民は不況で喘いでるのに外国にはムダ金ばら撒いてる安倍
216:2014/08/13(水) 23:12:43.10 ID:
まあ戦争やったから、アメリカの豊かさに追いつけたようなもんだわ。
戦争やらなきゃ戦前の格差のまんまだったね。
236:2014/08/13(水) 23:14:43.79 ID:
>>216
アメ公にボコられてやっとわかって、
それからずっとギブミーチョコレートでやってきたものな。
217:2014/08/13(水) 23:12:51.58 ID:
やっぱ近衛が南進を選択したことが全てのターニングポイントだったな

あれをしてなければ日本はやられることもなかった
262:2014/08/13(水) 23:17:51.96 ID:
>>217
ゾルゲや朝日の仕業ですね。
218:2014/08/13(水) 23:12:52.05 ID:
ハルノートに従ったら完全解決!
とかお花畑全開だな。
もちろんその次もあるよ!

アメリカに目ぇ付けられた時点で戦争突入不可避だったんだよ。
245:2014/08/13(水) 23:15:44.64 ID:
「戦ったから多くのものを守れたんだ論」が一度も腑に落ちたことないんだけど、
どうして負けて守れるんだよ。もし戦いを避けられたらもっと多くのもの守れてたろ。
318:2014/08/13(水) 23:23:24.88 ID:
>>245
日本は負けたけど、大した損害なかったじゃん
今は戦争できない哀れな国だが
安倍ちゃんが変えてくれる
299:2014/08/13(水) 23:21:29.53 ID:
>>250
日本が喧嘩を売ったのは米ではなく、大英帝国だよ。
植民地をひっくり返していった。

危機感を感じた英がアメリカの重い腰を上げさせたんだよ。
254:2014/08/13(水) 23:16:57.04 ID:
太平洋戦争の原因は海軍でも陸軍でもなく国民の意識そのものだぞ

日清戦争、日露戦争、第一次大戦

戦えば勝った勝ったの三連勝で国が広がりんぐ夢も広がりんぐ
255:2014/08/13(水) 23:17:07.68 ID:
仮に貼るノートを受諾して戦争を回避できたとしてどんな未来(今から見れば過去だが)が待ってたのか。
連合国側に入りたいって言ってもアメリカや中華がダメって言うだろうし、いいとこ中立か。
で、「ドイツが終わって次はお前なんだが」になったのか「ソ連マジキチだからお前仲間になれ」になったのか
354:2014/08/13(水) 23:26:57.74 ID:
>>255
ドイツの不可侵条約無視の対ソ戦開始を理由に三国同盟を破棄すればよかったんだよ
不可侵条約を破ったことによるドイツにたいする不信は立派に理由になる
260:2014/08/13(水) 23:17:33.95 ID:
ロシアに勝ってしまったのが大きい。
同じように停戦に持ち込めると思ったんだろう。
日本人は馬鹿だね。
389:2014/08/13(水) 23:31:09.41 ID:
>>302
間違えた
こうだな

リットン調査団は満州国を侵略だと結論づけたうえで
起こったことはしかたないから満州は日本の管理下におくことにしよう
なんだよな
これを受け入れるのが最善だった
282:2014/08/13(水) 23:20:03.42 ID:
平成3年、日本傷病軍人会代表団が、大東亜戦争の敵国であったオランダを訪問した折、同国の
傷病軍人代表と共に、首都アムステルダム市長主催の親善パーティに招待された。その時の市長の挨拶です。

あなた方日本はアジア各地で侵略戦争を起こして申し訳無い、諸民族に大変迷惑をかけたと自分を蔑み、
ペコペコ謝罪していますが、これは間違いです。
あなた方こそ自ら血を流して東亜民族を解放し、救い出す、人類最高の良いことをしたのです。
何故ならあなたの国の人々は、過去の歴史の真実を目隠しされて、今次大戦の目先の事のみ取り上げ、
或いは洗脳されて、悪いことをしたと、自分で悪者になっているが、ここで歴史を振り返って、
真相を見つめる必要があります。

本当は私共白人が悪いのです。100年も200年も前から競って武力で東亜民族を征服し、
自分の領土として勢力下にしました。植民地や属領にされて永い間奴隷的に酷使されていた
東亜諸民族を解放し、共に繁栄しようと、遠大崇高な理想を掲げて、大東亜共栄圏と言う旗印で
立ち上がったのが、貴国日本だったはずでしょう。

本当に悪いのは侵略して権力を振っていた西欧人の方です。日本は敗戦したが、その東亜の解放は
実現しました。即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から追放して 終わりました。その結果アジア
諸民族は独立を達成しました。日本の功績は偉大です。血を流して戦ったあなた方こそ最高の
功労者です。自分を蔑むのを止め て、堂々と胸を張って、その誇りを取り戻すべきです。
286:2014/08/13(水) 23:20:12.44 ID:
米軍の民間人の虐殺は昔も今も同じだな
日本の都市を空襲して、おもしろ半分に地上を攻撃して
原爆落として、
今も変わらんアメリカ軍
287:2014/08/13(水) 23:20:14.18 ID:
大正デモクラシーとかで右や左の活動家が
好き勝手言って、国民がイケイケになってただけだろ。
活動家の話なんて1/10くらいに聞いておくのは現代も同じ。
289:2014/08/13(水) 23:20:25.55 ID:
アメリカに較べたら貧しいが
北朝鮮みたいなレベルではないぞ
たしか当時のGDPで5位かその辺だろ
292:2014/08/13(水) 23:20:41.80 ID:
ハルノートって叫ぶやつほど笑えるよね
中国から撤退すりゃよかっただけじゃん
なんの中国侵略に何の意味あったの?
320:2014/08/13(水) 23:23:29.78 ID:
>>292
石橋湛山は中国から総撤退して、
中間加工貿易の通商国家になろうと主張していたけど
当時の白人支配の列強がそんな甘いことでどうなるわけでもない。
369:2014/08/13(水) 23:29:00.03 ID:
>>292
ハルノートは満州進出以前に戻すことを日本に求めたもので、日本が到底のめる
ものではなかっただろ
満州というか関東州は多大な犠牲を払ってロシアと戦って得た防衛上の重要
地域だったし、国民感情からしてとても受け入れられんかったといわれてるな
605:2014/08/13(水) 23:54:19.71 ID:
>>409
バカだろ
ブロック経済化で日本は欧米の植民地から締め出され経済がガタガタになったんだよ
生きていくためにしょうがなく出ていったのが満州
日本は戦争止めて全員餓死すればいいとか言ってる奴にはへどが出るわ
296:2014/08/13(水) 23:21:23.87 ID:
うちの親は団塊の世代で子供の頃(って言っても10代後半だけど)アメリカのドラマ見て
冷蔵庫から牛乳出してがぶ飲みしてるシーンで衝撃受けたってよw
そんな事で驚くくらい当時の日本は貧しかった
314:2014/08/13(水) 23:22:59.95 ID:
総力戦研究所の想定では対米戦は絶対負けるから、対米開戦不可と東條に言いに行った人だな。
開戦前から敵の急降下爆撃を回避する操艦術を編み出した名艦長で、レーダーにも目を付けて、
航空戦艦化した伊勢・日向による輸送作戦を無傷で成功させたりすごい人だわ。
こういう人が少将で終わったというのが日本のダメなところだ。
315:2014/08/13(水) 23:23:05.06 ID:
日本人はアメリカ映画見てシャワーから湯が出るのにも驚いたしティッシュペーパーが取っても取っても出てくるのは魔法のように見えたそうだ。
321:2014/08/13(水) 23:23:33.27 ID:
自国より大国と戦う事が失政なら、日清日露戦争は挑めなかった。
もっと言うと日本は有史以来、自国より国力の大きい国しか周りになかったので、
一切の対外戦争起こせない事になる。
時には自国より国力の大きい国と戦わないといけない時がある。
かつて日本のようにアメリカと戦った国がある。そうベトナムだ。
ベトナムも日本の様にズタボロになったが最後まで戦い抜いた。ベトナム国内で
当時アメリカと戦った事を恥じている国民などいない。みんな誇りに思ってる。

抗う事無く歴史を刻む国もある。そうお隣の韓国である。国民は当時日本の併合を
受け入れた国の指導者に対して嫌悪感を抱いている。なぜ戦わなかったのか?と。
韓国の歴史は日本に武力で強引に併合されたと子供達に教えている。戦わずして
国を明け渡した事を恥ずかしくて子供達に教えらえれないのだ。
隷属の歴史は国民の自信を失わせる。強い者の巻かれる事が正しい外交だとは言えない
証拠が韓国国民の心だ。現代の日本を叩く事で今を生きる韓国国民の心は戦っているのだ。

日本国民は当時アメリカと戦った事を誇りに思えば良い。
324:2014/08/13(水) 23:23:42.79 ID:
別にハルノートまでいかなくてもリットン調査団の報告書通りに
国連がやろうとしたんだから、やれば良かっただけ。

リットン調査団の報告書は、常任理事国である日本の主張をかなり汲んだものだった。
あんなもの中国が受け入れる訳がないんだから、日本は受け入れて
中国が孤立化するのを黙って見てりゃよかった。
333:2014/08/13(水) 23:24:54.39 ID:
戦争は無駄の塊だよ。
経済効率から考えるとあんな無駄なものはない。

情だけで戦争になだれ込むのは愚かだね。

軍隊は抑止力の範囲内で拡大するのが正しい。
その範囲は、国際情勢によって変わる。
335:2014/08/13(水) 23:25:11.58 ID:
松田千秋といったら
大和の艦長というより横須賀航空隊司令のイメージが強い
357:2014/08/13(水) 23:27:22.79 ID:
近衛文麿首相と米内光政海相のバックグラウンドや行ってきたことを追いかけると
スターリンにしてやられたという感じがするよ。
もっともアメリカもソ連のエージェントに蝕まれていて、
マッカーサーの赤狩りに繋がるから似たようなものだけど。
376:2014/08/13(水) 23:29:39.75 ID:
>>360
初代艦長だろ。
364:2014/08/13(水) 23:28:13.58 ID:
朝日新聞の主張と真逆のことをすれば
日本は平和になるということだな
375:2014/08/13(水) 23:29:35.42 ID:
エリートだったんだな
そういや高杉晋作も海外の様子を自分の目で見て攘夷など無理だと悟ったんだっけ
383:2014/08/13(水) 23:30:25.56 ID:
平時の二国間の国力だけ見ると勘違いするんだろうな。
中国は人口も生産力も日本の数倍あって、英米から莫大な援助もらってたのに
日本に支配されてあの有様。
中国がしょぼすぎて日本軍止められなかったのが拡大した一因。

ソ連も10年かけて何千億かけても僻地のアフガン一つ落とせず財政破綻。
フィンランドに苦戦し、ポーランドに敗北した。
アメリカも余力があっても国内と国際世論にたたかれただけで
ベトナムから撤退。

もちろんアホのナチスみたいにスラブ奴隷化とかロシアを支配下におくとか妄想持ったら
全ロシアレベル相手の総力戦になって敗北になるが、普通は講和とか妥協になる。
絶滅レベルまで戦争するなんて架空戦記の話。
386:2014/08/13(水) 23:30:55.92 ID:
日清日露戦争に勝ったせいで夜郎自大になっていた。
日米戦争でも「神風が吹く」とか言っていたわけだ。
391:2014/08/13(水) 23:31:29.31 ID:
「解読を進めていた」のにw
なんで今更「見つかった」なんだよw

ちゃんと原文を出せよw
捏造を解読とか言うなよw
売国に都合のいい文章でもあったかw
黙ってありがたく宗教新聞でも印刷しとけw
809:2014/08/14(木) 00:10:38.32 ID:
>>692
余り知られていないが、日本の産業政策が失敗だった
英国を模範にしていたため、植民地開拓を重視した
英国もインドに鉄道(アジアで一番最初)を敷くなど、植民地への投資が多かった
結果的に英国は繊維産業(貧しい植民地の人が消費する)以外成長できなかった
一方、米国は南北戦争後、急速に発展した
元々農業国でGDPは日本の1/2しかない国だったが、急速に工業化を進めた結果、世界で最も経済規模が大きくなった
重要なのは英国とは異なり、重工業に力を入れたこと
つまり、造船や鉄鋼、自動車などの産業を中心にした
ドイツもこれに続いた
英国を真似ていた日本は遠回りをしたことになる

日本も対戦前には重工業化を進めるが、米国、ドイツが19世紀後半に始めていたことから比べれば半世紀遅れていた
特に自動車など車両を作る技術は非常に貧弱だった
結果として戦後、重化学コンビナートを作るまで、日本の輸出産業は繊維に頼ることになる

戦前、戦中の日本が非常に貧しかったのも、英国最盛期に国民の半数が貧困に陥ったのとよく似ている

米国と日本
共に海洋国であり、農業大国だった
その差は経済産業政策の失敗にある
422:2014/08/13(水) 23:35:13.36 ID:
アメリカに敵わないとわかってても自分の利権を手放すくらいなら国民全部巻き込んで戦争した方がいいと
自分だけ損してたまるかと思った将校や政治家、財閥が多かっただけの話
責任取りたくないから、メルトダウンしてるけど、東大の教授総動員して、メルトダウンしてないと言って
国民全員を被爆させてやろうとした今と同じ
もう戦後から何年経とうが何も変わってないよ、全く進歩してない。死んだほうがいい
560:2014/08/13(水) 23:49:36.86 ID:
>>511
日本が核武装したら
確実に他国は日本を攻撃出来ない

日本を攻撃したら最後
首都に原爆落とされるだけだからなw

中国から侵略防ぐ為には核武装しかない
497:2014/08/13(水) 23:42:51.21 ID:
>>422
開戦のタイミングは、アメリカがさらに海軍戦力を増強する前のあの時期しかなかった。
英東洋艦隊と米太平洋艦隊を屠って時間を稼ぎ、講和に持ち込むのは奇策の類だが、
そう悪い手ではない。問題は害務省による宣戦布告遅延という妨害と、マスゴミと大本営
による国民煽動で、政府が早期講和に向けた手段をなんら打てなかったことだろ。
その点、ルーズヴェルトによる人種差別と貧富の差の拡大で崩壊寸前だったアメリカ社会を一つにまとめ、
日本人だけを悪者にして強制収容所にぶち込むんだ手際の良さは見事。
440:2014/08/13(水) 23:37:17.54 ID:
うちのじいさんは陸軍の下士官で
アメリカの捕虜になって生き延びたがずいぶん虐待を受けたといってたぞ
左手と右足が拷問で不自由だったが心の強い人だった
550:2014/08/13(水) 23:48:09.09 ID:
>>486
もう亡くなったけど、うちの婆ちゃんは大正9年生まれ
遠足は草鞋履いて4時間歩いて海に行くんだけど
婆ちゃんは帰り用の草鞋を持ってくるの忘れて裸足で歩いて帰ったそうだ
この話は婆ちゃんの持ちネタでよく聞いたわ
452:2014/08/13(水) 23:38:09.39 ID:
あのB-24がアホみたいに生産ラインにいっぱい並んでいる写真見たら、絶対勝てないしか思わねえ。
455:2014/08/13(水) 23:38:59.81 ID:
ハルノートってのは、いわば欧米がアジアを植民地にする際の決め台詞みたいなもんだろ
これを飲めば植民地になってたんだよ
これを拒否して喧嘩を買ったからこそ、今の日本があり、アジアがある
そう思います
619:2014/08/13(水) 23:55:34.08 ID:
>>561
まあいきなり勝てるほど甘くないよ。アメリカのやり方は、七つの海を支配した大英帝国から受け継いでるものだから、
年季の入り方がまったく違うし、民族的特徴も違う。
日本人はアングロ・サクソンのように容赦無い植民地経営はやろうとおもわないだろう。
でも21世紀に入って、インドやASEANなどアジアの興隆が本格化し、相対的なアングロ・サクソンの弱体化も止まらない。
長い目で見て、日本に希望がないわけじゃないと思うよ。
765:2014/08/14(木) 00:07:15.38 ID:
>>595
おいおい、第二次大戦後、フランスもオランダも再植民地化に
来てますがな。
植民地をうまく清算しようとしてたのはイギリスくらいでしょう。
463:2014/08/13(水) 23:39:36.80 ID:
ナチス ソ連と無駄な戦いして国力を消耗
日本 中国と無駄な戦いして国力を消耗

英米と戦争する以前に負けてます
468:2014/08/13(水) 23:39:51.57 ID:
だから、強い国でないとダメってことだよ。
強いの要素は、経済力と軍事力。どっちを選ぶか迫られる状況になった時は経済力優先。
経済・産業をもっと発展させて日本を強い国にしていかないと、未来は無いよ。
472:2014/08/13(水) 23:40:23.18 ID:
あの戦争から学ぶべき事はシンプル

負ける戦争はするな
474:2014/08/13(水) 23:40:32.48 ID:
やらなきゃ失わなかった領土を思うともったいないけど
やって良かったのは焦土と化したおかげで工業の再出発がしやすかったとはいえると思うな
ドイツもそうでしょ やられ方が中途半端に終わったイギリスは戦後工業分野では後塵を拝したからね
戦争によるリストラクチャリングは強制的ながら飛躍的発展の礎になったりする
480:2014/08/13(水) 23:41:02.99 ID:
人口が幕末3000万から約1億に増えた
増えた人間を食わすのに移民では間に合わずに
中国に進出したがそこは欧米も狙っていた訳で

マスコミが戦争を煽ったのは
食えない国民に媚びを売って
儲けようとした背景もある
602:2014/08/13(水) 23:54:08.28 ID:
>>546
朝鮮戦争時マッカーサーの進言どおり
シナ東北部に数十発原爆落とせば良かったな
579:2014/08/13(水) 23:51:46.18 ID:
>>480
中国は、先に欧米の植民地になってたところへ日本が割り込んだんだよね。
満州のみ対ソビエトに絞って、上海方面に進出しなければ米英の反発はしのげたのでは。
817:2014/08/14(木) 00:11:16.93 ID:
>>689
満州の地盤は固い
当時の日本に固い地盤を掘り起こせるドリルやら工具があったとは思えん
それと内陸部から港に運ぶデリバリー手段がない
ノモンハンの時の輸送は線路のあるとこまで鉄道で運んで後は馬とバイトの地元民
大油田を運よく発見しても眺めてるだけだっただろうな
740:2014/08/14(木) 00:05:02.91 ID:
>>579
対中戦争なんだけどさ、上海事変始めたのは中国側ってこと
知らない人ばっかりなのか ?

日本が満州事変以降、中国北部をジワジワ侵略してたのは私も
どうかと思うけど、日中全面戦争始めたのって中国なんだよ。
482:2014/08/13(水) 23:41:20.70 ID:
戦前のNYの町並みを見れば分かるよ。あれ見ただけでアメリカとの国力の差は明確
それに庶民は電気洗濯機をもうアメリカは使ってたはず。日本は洗濯板だぞ。勝てるわけがない
483:2014/08/13(水) 23:41:25.52 ID:
満州を譲渡していれば戦争にならなかったという馬鹿が多いけど
そんな事実上の降伏案なんて呑めるわけないだろ

革命的祖国敗北主義者が湧きすぎてて怖いわ
606:2014/08/13(水) 23:54:20.64 ID:
>>578
満州と本州+九州+四国が同等なんてキチガイの思考
585:2014/08/13(水) 23:52:09.51 ID:
>>515
独立国家の運営維持には物資が必要だよな
その物資をガンガン外交で譲歩を迫ってくる際限のない相手に
依存するっていうのは今の資源エネルギーの調達先の多角化を否定する考えだな
結局、あそこで欧州の連中をアジアから追い出さなければ
欧州の影響力は列島まで及んでいてアジアから独立国は全て消えたな。
494:2014/08/13(水) 23:42:34.39 ID:
アメリカは明治ぐらいまでは日本よりGNPも下だったし、
マジで豊かになったのは後の植民地拡大と第一次大戦。
ヨーロッパの戦争利用してボロ儲けして高度成長になったから。

元はイギリスもアメリカも児童が一日十何時間も死ぬまで働かされる国。
海外の富を奪って、経済成長して人権や社会主義者が社会を変えたから
マシになっただけ。
503:2014/08/13(水) 23:43:39.89 ID:
アメリカほど酷い侵略国家は無いぞ

インディアン民族浄化とか天安門とか鼻くそレベル
518:2014/08/13(水) 23:45:16.84 ID:
>>503
朝鮮人!!!!



我々米国は、日本国籍の無い在日朝鮮韓国人に対していかなる権利も与えない
日本国憲法を制定した。これは、西側諸国世界共通の憲法である。

古代ローマ帝国には、市民権のあるローマ市民と奴隷がいた。
ローマ法から、何も変わらない。世界人類文明共通の根本法理である。
509:2014/08/13(水) 23:44:18.13 ID:
大和の建造費を米大統領選のロビーに使って共和党のウィルキーに勝たせておくのが良かったんだろうね。
512:2014/08/13(水) 23:44:44.33 ID:
当時の海軍は金喰い虫で政府に白眼視されていた
山本はその状況を打開しようと、真珠湾攻撃に踏み切ったわけ
ここで功を立てれば政府の奴らも見返すだろう、と

たまったもんじゃ無いのは陸軍だ
兵站も戦略も、全てが不足したたまま米と戦う事となったんだから
しかし圧倒的な火力を誇る米軍に陸軍は善戦した
根性論を武器に精強さと士気を維持して…
何処の国に優秀な陸軍があるかね?無能どころか稀に見る優秀さだ

それが戦後は海軍は聡明で陸軍はアホだと思われてるわけだから陸軍も報われない
516:2014/08/13(水) 23:45:11.61 ID:
          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  Λ_Λ  < ふぅ、メリケンのふりは疲れるニダ
  <丶`∀´>   \______________
  ( ̄ ⊃´_⊃`))
  | | ̄| ̄
  〈_フ__フ


  \从/     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  Λ_Λハッ! < なっ、何見てるニダ!
  < `Д´ >    \______________
 ( ̄ ⊃´_⊃`))
 | | ̄| ̄
 〈_フ__フ
523:2014/08/13(水) 23:45:29.32 ID:
同時に黒人差別も目の当たりにしていたんだが
焚書によって殆ど消えたな
当時のアメリカのえげつない国民文化風土が歴史から消された
581:2014/08/13(水) 23:51:56.31 ID:
>>526
ゆとりは近代史知らないんです


しかも、堀江みたいに
「満州なんて捨てればいいじゃん」なんて言い出すしw

まるで状況がわかってない
608:2014/08/13(水) 23:54:24.80 ID:
>>526
実際にルーズヴェルトの周辺に赤が潜り込んでたのはヴェノナファイルで明らかじゃないか。
アメリカはマッカーシーを世界をアカの魔手から救った偉人としてノーベル平和賞を追贈するよう運動を起こすべきだ。
549:2014/08/13(水) 23:48:00.14 ID:
北朝鮮なんてどんだけ慎重なことか
554:2014/08/13(水) 23:48:54.47 ID:
すげーな今ここに80歳台90際台の2ちゃんねらーが集結してるw
565:2014/08/13(水) 23:50:10.52 ID:
前向き→そんな大国相手によく戦い抜いた
後向き→そんな大国相手にバカだろ…

俺も前者の発想になるね
568:2014/08/13(水) 23:50:21.97 ID:
豊かさ云々よりも
日本は軍のトップがクズだった
特に寺内寿一

寺内寿一(山口県)
広田内閣の陸軍大臣として軍部大臣現役武官制を復活させ、軍部の発言権を拡大させる。
太平洋戦争では南方軍総司令官として南方作戦を指揮した。
フィリピン決戦では37万人という大戦中最大の犠牲者を出す。死者のほとんどは餓死によるもの。
なお、このとき寺内はマニラからサイゴン逃亡し、赤坂から芸者を呼び寄せ豪遊していた。
その後、インパール作戦を強行するも、補給を無視した無謀な作戦で約8万人の犠牲者を出し、敗戦の原因をつくる。
575:2014/08/13(水) 23:51:21.62 ID:
あの大戦があって70年間の平和が成り立っているんだよなぁ
信じられない程の日本人が戦火の犠牲になってさ
戦争に突入した原因は色々あるだろうし戦略も様々
今なら「そんな馬鹿げた・・・」と言いたくもなる
けどそれは結果論で当時の日本人は本気だったと思う
安らかに、ご苦労様でしたと言いたい
もうすぐ8月15日ですな
596:2014/08/13(水) 23:53:02.27 ID:
世界の共産主義化を企むソ連のスパイたちは、アメリカではH・D・ホワイトやアルジャー・ヒスが
ルーズベルトやハルを操り対日開戦の謀略を実行させ、シナでは中国共産党や張学良が蒋介石を
監禁脅迫して抗日戦(国共合作)を強要し、日本ではゾルゲや沖縄の宮城与徳、西園寺公一、尾崎秀実
朝日新聞社員ら共産党員たちが近衛首相を操って
「南進・対英米開戦」へと仕向けさせた。

日本もアメリカもシナ(国民党)も、すべてソ連の巨大な陰謀に踊らされ、いわゆる「リトビノフ外交」、
すなわち1932年のソ連コミュンテルン第12回総会における「米英と日独という資本主義国同士を
お互いに戦わせ共倒れさせる」という決議のそのままに操られた。
598:2014/08/13(水) 23:53:23.18 ID:
日米戦争?
勝てるわけないじゃん
はい論破
636:2014/08/13(水) 23:56:39.37 ID:
>>598
そういう子供みたいな恥ずかしいレスはいらないよ
ま、子供なのかもしれないけど。夏休みだからな
599:2014/08/13(水) 23:53:42.09 ID:
>>1
山本五十六も駐在武官として赴任先のアメリカで日本との物資の圧倒的な差にショックを受けたんだよな

「デトロイトの自動車工場とテキサスの油田を見ただけでも、日本の国力で、アメリカ相手の戦争も建艦競争もやり抜けるものではない」
624:2014/08/13(水) 23:56:03.82 ID:
ほぼ3,4人に1人が死んだんだよな
大変なこっちゃ、うちのかーちゃんの隣の壕に爆弾落ちて全員しんじゃったんだとさ
悲しくなかったってさ、子供だったからさ。それが当たり前だったのよ
628:2014/08/13(水) 23:56:14.16 ID:
あれから69年
我が国は未だに
自前の資源、強力な軍隊そして核兵器を持たずにいる。
最近では全ての原発停止。
あの戦争から実は大切なこを何も学んでいない
のでは無いかとすら最近、思えてならない。
629:2014/08/13(水) 23:56:15.66 ID:
陸軍の暗号は解読されなかったのに、海軍の暗号は解読され、
そのことにも気付かなかった時点で終わっている。

なぜか、海軍にはA級戦犯が一人もいない。
真珠湾の生き残りはもうみんな戦死してたのか?
阿南陸相は海軍の「米内光政を斬れ」と遺言して自決した。
726:2014/08/14(木) 00:04:09.85 ID:
>>633
運ではない。急降下爆撃中の機体は方向転換できないから、
降下のタイミングに合わせて回頭すればいいと気が付いて、
実践した名将。ほかの艦長にも教えたのだけれど、実践したのは
伊勢・日向の後任艦長以外は利根の黛大佐くらい。
769:2014/08/14(木) 00:07:28.39 ID:
>>639
特攻は無意味ではないよ
653:2014/08/13(水) 23:57:46.32 ID:
石原慎太郎は

日中戦争をやりたがってるんだよなぁ。。。

少なくとも10年は戦争できるわけない。
経済力と軍事力で日本は問題ありすぎだ。
核も作ってないしな。
756:2014/08/14(木) 00:06:31.36 ID:
>>653
いやでも海軍力は強いにこしたことはない
日本は地理的に責められにくい構造にある
中国は普段はギャアギャアうるさいが、基本的に何かシビアなことをする状況下では何もできない
なぜなら欧米の国家が持ってる構造と真逆だから
欧米が強いのは普段は各々で主権を持ちながらいざとなったらまとまる構造してる
中国は普段解決できないようなことばかりを持ち出してそれを政治的に利用して国をまとめるという構造をしてる
だから実は日本は軍事的に見てもかなり良いカードを持ってるんだよ
667:2014/08/13(水) 23:58:54.90 ID:
採掘や精製技術は日本は明治時代から持ってたよ。戦前から新潟や秋田の油田から原油を精製してガソリンや重油にしてたし。ただ精製技術は劣ってと思うけど。
694:2014/08/14(木) 00:00:56.46 ID:
信長の野望やってればわかるだろ
滅亡する頃には何やっても無駄なんだよ
722:2014/08/14(木) 00:03:29.35 ID:
戦時中にトムとジェリーのカラーアニメ作ってた国だし
その頃のトムジェリには普通の家庭の冷蔵庫の中に
大きなハムやらチキンの丸焼きやら巨大ゼリーやらが沢山詰まってる世界
731:2014/08/14(木) 00:04:29.91 ID:
日本が食うや食わずで開戦準備してるのに
風と共に去りぬやファンタジアを観てたような連中に勝てっこない、は有名な話
763:2014/08/14(木) 00:07:09.58 ID:
>>735
白雪姫もすごいがファンジアも戦時前だな
798:2014/08/14(木) 00:09:56.09 ID:
>>735
何がすげえって風と共に去りぬって日米開戦前に封切りなんだよな
フィルムやキャメラ、カラーシネ、特撮、音声、あの当時であれってほんとすげえ
807:2014/08/14(木) 00:10:29.41 ID:
>>735
ディズニーばかり持ち上げるけどさ、戦中の日本だって捨てたもんじゃないんだぜ?
空の神兵桃太郎とか
そして戦後は東映動画が頑張った
「白蛇伝」や「猿飛佐助」は今のアメリカには作れない
812:2014/08/14(木) 00:10:53.87 ID:
>>735
アニメってどこから来た文化?
映画は、どこから来た文化?

それがわかれば
そんなこと言えないはず
739:2014/08/14(木) 00:04:52.49 ID:
満州は生命線

※後を継げない農家の2男以降の行き場所
776:2014/08/14(木) 00:07:55.72 ID:
幕末からこっち急激に人口増やしすぎ
どうやって食わすのか
長期的展望が必要だった
957:2014/08/14(木) 00:26:00.34 ID:
>>890
レーザーよりも人間の目の方が正確だって知らない人が多いから無理ないわな

試作品だって最初は手作りだし
そこから型作りとかして
初めて量産に入る

新しい型なんて馬鹿には作れないから
職人に頼むしかない

職人なんていらねって言ってる奴は
現場を知らないんだよ

どんだけ大手企業がその職人に頼みこんで型作りをお願いしてるかわかってない
796:2014/08/14(木) 00:09:50.96 ID:
淀川長治が大戦中に秘密の映画の試写会みにいって、そこで
ディズニーのファンタジアがかかって、見てたのがみんな
腰ぬかしたってね。東宝かどっかの支配人も「こりゃあかんわ」
といったとか。
797:2014/08/14(木) 00:09:52.67 ID:
戦前:大和魂で戦争に勝てる。
戦後:9条で平和が守れる。

根拠のない楽観論。あまり変わってない。
806:2014/08/14(木) 00:10:29.27 ID:
1934年日本のアニメ
814:2014/08/14(木) 00:10:56.75 ID:
もうすぐ敗戦記念日か・・・
今度ヤルときは絶対に負けねーぞゴルァ!!
930:2014/08/14(木) 00:23:36.24 ID:
>>917
陸軍主導のシミュレーションだと4年後に敗戦、末期にはソ連が参戦することも予期されてたぞ。
850:2014/08/14(木) 00:14:33.15 ID:
そもそも総力戦になるのがおかしいよなあ。怖いよアメリカ。
やっぱり手違いによる騙し討ちの汚名が痛い。
また、初め勝ちすぎたのも米英さんのメンツを潰してしまったかも。
873:2014/08/14(木) 00:17:28.43 ID:
つうか日本を批判したくなるのはわかるけど現実的に考えて日本は無理ゲを強制的にやらされちゃったんだよ
コロンブスがアメリカ大陸上陸してスペイン人が入植したとき現地人は全然抵抗しなくて欧米の兵器と病気で滅んだんだよ
どんな素晴らしいくて長い文化を持とうが滅ぶときは一瞬で滅ぶ
日本は長い歴史をもち、更に戦うという能力も持っていた
この二つがあっただけで奇跡なんだよ
欧米とマジで対等になるということは極めて難しいことで、いろんな葛藤と戦わなければならなかった
特アのやつらはそこんところ完全無視してるから今だに全近代的な蔑視を全開にして日本批判をしてる
日本は隣国にも恵まれなかったわけだ
892:2014/08/14(木) 00:19:27.77 ID:
>>873
というより
「日本が黄色人種の国家だった」
これに尽きると思うよ
もし白人国家だったら全く流れは違っていただろう
第二次世界大戦は史上最大の人種間戦争でもあった
921:2014/08/14(木) 00:22:33.63 ID:
>>873
まあアメリカもまさかあそこまで日本がやれるとは思ってなかったみたいだしな
開戦前はなめくさってたのに、戦争が始まると少なくとも一般大衆は
日本軍の能力をもの凄く過大評価して捉えたみたいね。
875:2014/08/14(木) 00:17:29.11 ID:
日本陸軍を馬鹿にする人多いけど
ノモンハンじゃ世界一の陸軍国のソ連と五分の勝負
中国大陸じゃ負けなし
占守島の戦いでもソ連に退けた
884:2014/08/14(木) 00:18:56.87 ID:
敗戦した方がよかったでしょ
遅すぎたのがあれなだけで

基地外国家のままはさすがに勘弁だなぁ・・
925:2014/08/14(木) 00:22:57.12 ID:
あと石油の精製技術、オクタン価の高いガソリンを作れるし、
フルード液やミッションオイル、エンジンオイル軽油、シンナーetc...
アメリカの重馬力メカの数々を支えた
926:2014/08/14(木) 00:23:11.95 ID:
そもそも日本はロシアにアメリカとの停戦和平の仲介をしてもらおうと開戦したんだと思う
だけどドイツが独ソ不可侵条約を破ったのが運のつき
どうしようもない
928:2014/08/14(木) 00:23:25.75 ID:
そもそもの発端は日本の人種的差別撤廃案を「米英」が無理矢理却下したことにはじまるわけだから
太平洋戦争を単なる政治的な闘争と見るべきではない
941:2014/08/14(木) 00:24:41.39 ID:
海上自衛隊が採用する次世代ステルス戦闘艦LCS