30日に来日のインド首相、日本語で「つぶやき」 安倍首相も返信
 

2014.8.28 23:41


30日から日本を訪問するインドのモディ首相は28日、

短文投稿サイトのツイッターに日本語でのつぶやきを掲載し、親日家ぶりをアピールした。

内容は26日に出した声明の和訳で、過去の訪日で受けた「もてなしの心」に感銘したことなどをつづった。

モディ氏は「私が特に心待ちにしているのは、安倍(晋三)首相にお会いすることだ」と発信。

これを受け、安倍首相もツイッターで

「私にとってインドは特別。到着を心よりお待ちしています」と英語で返信した。
 

モディ氏の日本語に続く英文の投稿によると、

モディ氏は友人から、日本の人々に直接語り掛けるよう助言を受けたという。(共同)


004



 http://sankei.jp.msn.com/world/news/140828/asi14082823410003-n1.htm


インドからレアアース年間2500トン輸入へ

2014.8.28 21:11

 日本とインドの企業がインド産のレアアース(希土類)を共同生産し、来年中の日本への輸出で大筋合意したことが28日、分かった。9月1日に東京で開く安倍晋三首相とインドのモディ首相との首脳会談で共同生産の支援を表明する見通し。日本への輸出規模は年間約2500トンになる見込みだ。

 共同生産は豊田通商とインド原子力庁の子会社のインディアン・レアアース社(IREL)が実施。両社は9月中にも正式契約する。豊田通商がIRELからレアアースの原料の供給を受けて、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)の生産に使われるセリウムやランタンなどレアアースを精製し、優先的に日本へ輸出する計画だ。

 レアアースをめぐっては、平成22年9月の尖閣諸島(沖縄県石垣市)沖での中国漁船衝突事件後、中国が対日経済制裁とみられるレアアースの事実上の禁輸措置をとったことで、供給不安が広がった経緯がある。

 その後、日本企業は調達先をフランスやベトナムなどに拡大したが、それでも輸入の6割はなお中国産だ。今回のインドとの合意で、レアアース調達における「脱中国」の加速を図る。
 



印首相、初外遊でブータン訪問


view0017368954

インドのモディ首相は15日、就任後初となる外遊で隣国のブータンを訪れ、トブゲイ首相と会談した。

写真は同日、ティンプーで、ブータンのワンチュク国王(左)に迎えられるモディ首相=ブータン王室提供

(2014年06月16日 配信) 
 【AFP=時事】