1:2014/11/18(火) 22:32:50.36 ID:


 ↑表示しない場合は、直接↓クリックで見れる

https://www.youtube.com/watch?v=6LEDAbJ-MVk

日本人全員見るべき、テレビで放送しろ

img61738731


2: :2014/11/18(火) 22:34:50.09 ID:てか高倉健自体が在日だろwww


5: :2014/11/18(火) 22:37:33.76 ID:
>>2
なわけねえよw


高倉健 網走番外地 望郷編
    高倉健 網走番外地 望郷編
   最高傑作はこれだな。ラストシーンの音楽は泣けるぜ

>>2

健さんの実家は、江戸時代初期から続く、筑豊中間市の商家です。
もっとも、健さんの父親は海軍軍人から、炭鉱夫の取りまとめ役などをしていた。

母は教員だったそうです。

父親は親分的によく炭鉱夫連中を引き連れて健さんの映画を見に行ったそうです。

高倉健 / 本名 小田 剛一 (おだ ごういち) 

(先祖が江戸後半の筑前の商家の内儀、小田宅子「東路日記」の著者) 

祖先は鎌倉時代の執権北条家の一門である名越氏の一族・刈田式部大夫と言われた北条篤時で、篤時の子孫が西国に移り、大内氏に仕えた後に北九州へ向かった[3]。

当地で北条の名を捨て『小松屋』の屋号で両替商を営み、

後に筑前国藩主黒田家から名字帯刀を許されて小田姓を名乗るようになった[3]。

江戸時代末期に『東路日記』を記した、筑前国の庄屋の内儀・小田宅子(おだいえこ)は先祖にあたる。


天保11年(1840年)、

九州筑前の商家の52歳の主婦・小田宅子が友達数名および荷物運び兼ボディーガードを勤める男の使用人3名と連れだって東国への旅に出る。 

この旅は宮島、讃岐、大阪、京都、奈良、伊勢、信州善光寺、日光、江戸、など5ヶ月に及んだ。

本書はその時小田宅子がしたためた旅日記「東路日記」に基づいている。 

当時の旅の有様が田辺聖子の軽妙かつ深い教養に裏打ちされた筆で描かれていて大変興味深い。

当時、女が長旅をするということはどういうことがよくわかる。 

特筆すべきは、宅子さんと友達が行く先々で和歌を詠むことだ。

現代はデジカメのシャッターを押すだけだが。
当時の女性の教養は今より高かったのではなかろうか。 

さらに、宅子さん等がお詣りした信濃善光寺について田辺聖子の筆にとくに力が入り、

善光寺学とでも名付く一編をなしている。 

また、小田宅子は俳優の高倉健の御先祖様だということも紹介されている。 



関連記事 http://blog.livedoor.jp/abechan_matome/archives/34537857.html
 




7
: :2014/11/18(火) 22:50:45.18 ID:
>>2
松田優作からたかじんまで 
芸能界みんな在日になっちゃうだろ
12: :2014/11/18(火) 23:28:22.81 ID:
>>7
和田アキ子 伊集院静 アグネス金子チャン

3
:2014/11/18(火) 22:35:31.91 ID:
健さんの基本はこれだね
4:2014/11/18(火) 22:36:31.54 ID:
今はもっと酷いよ

日本を貶める韓国の汚いやりかた
6:2014/11/18(火) 22:38:29.57 ID:
>>2
アホ 
>>1
くだらないスレ立てるな アホ
8:2014/11/18(火) 23:00:43.31 ID:
銀幕スタアに在日はいねーだろ、キレイな日本語しゃべれたかも怪しいのに
9:2014/11/18(火) 23:10:28.77 ID:
戦後の朝鮮進駐軍の暴虐非道な行為は小学校の教科書に記載すべき事柄。
10:2014/11/18(火) 23:18:47.75 ID:
チョンが戦争直後に極悪非道を繰り返した事実は否定できないから誇らしいニダ
11:2014/11/18(火) 23:23:18.70 ID:
共産党と朝鮮人の非道は、教科書に残すべきだわな