上海蟹が欧州産! 中国トンデモ事件簿
- 飯島 勲 「リーダーの掟」

誇らしげな運転手、クルマの名は“ペ”ンツ

3月18日にプレジデント社から出版された拙著『ひみつの教養』。新聞やテレビでは報じられないようなニュースのウラ側をどうやって掴み、そして利用するか。そんな方法を身につけることができるような本になったと思っている。

私だって、まったく学歴ゼロ、知識ゼロの人間で、それこそ東大卒、ハーバード大卒のスーパーエリートたちをギャフンと言わせるべく知恵を絞ってきた半生だ。そんな私だからこその方法論をわかりやすく書いたつもりだ。読者の人生に資するものであると信じている。

例えば隣国・中国について、これからどう関わっていくべきなのか。なかなか、メディア報道からは見えにくい。誰もが公式の場では、中国からの反発・嫌がらせを恐れて本音を話さないからだ。

以前に、上海へ訪れたときのこと。ホテルで私たちを迎えに現れたバスは、

メルセデス・ベンツそっくりのマークが付いた、

その名も「“ペ”ンツ」。

一目見て違和感があり、唖然として立ち尽くしていると、運転手が車から降りてきて、にこやかな顔で手招きする。その運転手の姿は自信満々でどこか誇らしげな態度であったが、私は、命の危険すら感じ、とても乗るのがイヤだった……。

海外の高級ブランドも、中国に製造拠点をつくると、本物とまったく同じ材料、同じ規格の同じ製品が、100分の一程度の価格で市場に出回り始めてしまう。

外資を招き入れつつも、すべてを模倣する。パクることにのみ慣れてしまっていて、オリジナルのものが何もない。

そして、メード・イン・チャイナ(自国産の製品)を、自国民が一切信用していない。

そのあと行ったレストランで、名物の上海蟹を食べようとしたのだが、

そこで出てきた蟹は、

地元の人が通うレストランと同様に、安全で美味しい欧州産」で、

上海の蟹など得体がしれなくて食べる気がしない


という。

     つづく
 

 005068-s


 日本人のノーベル賞受賞者は、物理学賞の10人、化学賞の七人を筆頭に、22人になった。一方、日本の10倍以上の人口がいる中国では、受賞者は平和賞(劉暁波氏)と文学賞(莫言氏)の二人のみ。いまだに科学分野からは出ていない。

真面目な研究開発をどれだけ怠っているかがよくわかる数字だ。

中国と中国人のめちゃくちゃをあげればキリがないのだが、日本人経営者から直接聞いた最近の動きをご報告したい。

1. ヨーグルト発酵しなかった事件

 某大手ヨーグルトメーカーが、日本から輸出したヨーグルトが中国で飛ぶように売れるので、中国にも生産拠点をつくった。牛乳も現地のものを使えば安くつくと考えたのだろう。

 ところが、待てども暮らせどもヨーグルトが発酵しない。

 びっくりして原因を調べると、乳牛に日本では考えられないぐらいの
抗生物質やクスリを大量に投与しており、

 それが原因でヨーグルト菌が死んでしまうのだとわかった

 今では、オーストラリアから輸入した高い牛乳でヨーグルトをつくっているという。

2. 安全ヘルメットが麦わら帽子並みだった!

 2000年代、日本のスーパーゼネコンが、中国のビル建設現場を歩くと、作業員は竹笠を被っている。日本の麦わら帽子のようなものといえば想像がつくだろうか。道端でお地蔵さんに被せているアレである。こ
 れでは日傘にしかならないだろう。さらに作業員は竹でできた足場で作業している。調べると、やはり人がよく死んでいるが、あまり気にされてはいない様子。

 しばらくしてそのゼネコンは中国に本格的に進出した。しかし、中国では高層ビルの建設は中国資本でないとやってはいけないルールがあり、日本のゼネコンにとっておいしい仕事がほとんどない。そればかりか、日本の技術やシステムを盗むだけ盗まれて、わずか10年足らずで、中国の建設会社は世界一になってしまった。

3. 警備員がモノを盗む

 家電販売の大手が、中国に進出したときのこと、警備員が率先してモノを盗み続けたせいで大赤字。警備員をいくら代えても状況は改善されず、会社は大幅に規模を縮小した。

4. 地図をつくっていたら逮捕!

 日本でトップクラスの地図メーカーが中国と共同で研究開発するとして招かれた。GPSなど最新の技術を使って高精度な地図が完成しつつあったその瞬間、
 その地図メーカーの派遣社員が、「撮影禁止区域の撮影をした」という容疑でみんな逮捕されてしまった。

 地図をつくっていて写真を撮らないということはありえない。撮影禁止区域を写したというのもほとんど言いがかりのようなものだったが、「技術やできたものをすべて当局に置いていくなら釈放する」という条件を地図メーカーが呑んで事態は収束した。しばらくして、メード・イン・チャイナの高精度な地図が中国各地でつくられるようになったのは言うまでもない。

どう撤退するか次はどこへ行くか

5. メード・イン・ジャパンと取り換えてほしい

 円安と政府の観光推進施策が功を奏したのか、今、銀座へ行くと中国人で溢れかえっているのがわかる。中国へのお土産として、化粧品や炊飯器が飛ぶように売れていることは、読者も知っているだろう。

 しかし、最近変な動きがあるという。それは、ソニーやキヤノンなどの日本メーカーが中国で現地生産(メード・イン・チャイナ)したものを日本へ持ってきて、日本で生産されたもの(メード・イン・ジャパン)と交換してほしいと願い出るお客があとを絶たないというのだ。

 手にしている製品は、正真正銘のメーカー純正品で、まったく同じ規格の同じものにもかかわらず、ウラ蓋をひっくり返すと「メード・イン・チャイナ」と書かれてあるのがどうにも信用ならないという。

6. 中国から撤退すると莫大な罰金が取られる

 今まであげてきたように、中国で日本の会社は散々な目にあってきている。これ以外にも、いろいろある。アジアナンバーワンになるまでに急成長したヤオハンも、中国に進出して倒産してしまった。

 中国進出した日本の会社の多くは、さっさと撤退したいのが本音であろう。しかし、ここにも大きな落とし穴があった。
 
 中国から完全に撤退すると莫大な違約金を取られるのだ。これがネックとなって、人件費が高騰し生産拠点としての魅力が乏しい中国から日本企業は撤退できなくなってしまっている。さらには、円安基調が続くとあっては泣きっ面にハチだろう。

 中国進出を煽ってきたマスコミや識者には、

 自分の発言への責任感などまるでないのだろうが、少しは反省したほうがいい。

 これからの日本企業は、いかに中国から撤退するかについての戦略を練ることになるだろう。

 私は、日本企業の希望は「ベトナムにあり」と考えているが、それはまた違う機会に述べることとしよう。

『ひみつの教養』(プレジデント社)

[著] 飯島 勲  




2は大林組、3は、山田電気だろう。