~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」

平成30年(2018)1月8日(月曜日)       通巻第5572号  
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 中国共産党最高幹部らの核シェルター。秘密の一端が判明

 中南海から20キロ西北の森林公園の地中深く2キロの大規模設備


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 習近平ら中国共産党幹部の住む中南海から西北へ二十キロ。森林公園となっている木々の茂みを利用し、隠れるようにトンネルが掘られた。

 地質的には洞窟も多く岩盤が折り重なっており、避難場所として適切との判断があった。

とりわけ岩盤の主成分がグラナイトで1000メートル級の岩々が、天然の作用で出来上がっていた。

この頑丈な地質と地形を活用してトンネルを掘り核シェルターとなす。

核汚染を防ぎ、外部との接触を遮断し、核戦争を生き延びるために、

すでに毛沢東時代から工事は進められていたが、全容の解明どころか、その存在さえ機密とされてきた。

 深さ二千メートルの核シェルターにはコンピュータの指令室、移動用車両を載せるレールが敷かれ、エレベーターもある。地下水が潤沢で100万人が生活できるともいうが、空気汚染より、水質汚染は長引くために浄化設備が必要であろう。

 こうした弱点を補う改良につぐ改良工事が数十年にわたって重ねられ、最近も設備の更新がなされた(サウスチャイナモーニングポスト、1月7日)。 


中国版核シェルターの存在は想定されていたが、正確な場所が知れたのは2016年に習近平が軍服を着て視察に同施設を訪問したことが写真とともに公開されたからで、深さが二千メールの核シェルターは、世界一である。

 このシェルターは中央軍事委員会の管理下にあって五大戦区への指揮命令系統の維持、コミュニケーション・ラインの複数確保、軍人幹部ならびに命令を決定する共産党幹部らが一堂に集合できる施設と通信システムであり、その規模はまるで小都市に匹敵するほどの機能を備えているそうな。

 ちなみに北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)は冷戦時代にソ連の核ミサイルの発射を探知し、反撃破壊する司令部として知られ、ロッキー山脈のシェイエネ山に掘られた地下の要塞として知られた。
 冷戦後、ソ連の核ミサイルを脅威視しなくなって同基地は閉鎖されたが、次の電磁パルス戦に備えて改装、改修されている。


 管理人注 :  検索で出た画像はイメージ。。たぶん。

CFP385118692

1787177

(読者の声1)

貴誌1月6日付け(5569号)に投稿のあった(TA生、川崎)氏の文章のなかで「蒙古斑」に関しても誤認があります。

(1).蒙古斑は別に蒙古とは関係ありません。中国人にもフィリピン人にも多く出てきます。 
(2)スペイン語でmongolismoと言う病気はダウン症のことです。スペイン語でmongolicoと言えば、残念ながら、蒙古人の意味もありますが、バカという意味があります。

これは歴史の接点の問題です。蒙古斑も同じで、別に西欧の連中が総てを検査してから付けた名ではなく、数少ない蒙古人を見て付けた名前と言うだけで全く根拠はありません。欧米とアジアの交流の古い歴史でたまたまそう、呼ばれて、そうなっただけです。

 これを深く探れば面白いことが言えます。

例えば、アジアと接した最初のヨーロッパ人はマルコポーロとか、ポルトガル人とかスペイン人等のラテン人です。その連中は日本を呼ぶときに、定冠詞を付けていました。スペイン語でel  Japonです。 
China,Coreaは一度も定冠詞が付いたことはありません。定冠詞が付くのは、英語で言えば、例えば、オランダ:The 低地国、とかThe フィリップ王の国(フィリピン)になります。

沢山有る中の、その、xxという意味です。日本という漢字を見て分かるとおり、これは東の意味です。中世にラテン人に接した中国人が明らかに、日本のことを「あの東の国、The East Nation」と説明した証拠がこの冠 詞です。

つまり、日本という国の名は、中国や朝鮮の人たちから見て東の国、The 東の国、と言う意味があったはずです。

つまり、朝鮮人が日本と行ったときにそれは東という意味があり、The 東国が日本だったわけで、日本 海と名付けたのは、中国や朝鮮の人たちであって、日本人ではなかったはずです。従って、日本海を東海と呼ぶのはばかげた間違いです。
(足利少将)


(読者の声2) 

南北朝鮮の対話がちかく行われ、平昌五輪に北の参加が見込まれます。米国はこれに歓迎風で、「私が強硬な姿勢を示したからロケットマンは対話に応じてきたのだ」と牽強付会の発言ですが、はたして、この南北対話。狙いはナンでしょう?
  (JJセブン)


(宮崎正弘のコメント)
トランプ大統領の発言はまさしく正論ですが、それを言ってゃぁおしまいよ、ってことで手の内を明かしてしまったことになり、やはり言葉の戦争、チキンレース、米国はミサイル攻撃をしないな、と読んだことでしょう。

 親北路線の文在寅大統領の晴れ舞台となるか、泥を塗られるか、注視すべきですが、あの寒い辺鄙なところに日本からの応援団が大挙行くようですね。さすがノー天気ニッポン、国家安全保障より、スポーツ祭典のことに関心が深いとは!


───────────────────────────────────
■今回の記事はいかがでしたか?
 下記ページより、あなたが記事の評価を行う事ができます!
  http://melma.com/score_v010HQMqb02DbJLzq0J7LK4Fdd43e71e/ 

□このメルマガのバックナンバーやメルマガ解除はこちら
  http://melma.com/backnumber_45206/ 
□その他のメルマガ解除や登録メルマガの検索はこちら
  http://melma.com/contents/taikai/ 
───────────────────────────────────