まとめ安倍速報

安倍さん麻生さん応援と嫌韓嫌中のまとめ 新聞テレビのマスゴミでは出ない情報の速報

当blogは、ChromeとFirefoxプラウザで最適になる作りです。IEだと崩れや色変化します。IE以外で見て下さいね。

    ゴルフで飛ばない方、自己流スイングで悩んでいる方、
    レッスンプロに習っていても上達しない方へ!人気ノウハウを紹介
    横680-315まとめ用ゴルフバナー
     

    ◇ 心霊ちょっといい話 ◇ より

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr


    『お散歩かと思ったら』 シェパードを連れた女性の「ある事実」を知って、号泣した





     ある日のこと。

    🌓 (@nene3san)さんは、シェパードを連れた若い女性が向かいから歩いてくるのを目撃しました。

    1


     
    しかし、すれ違おうとした次の瞬間…

    なんと、そのシェパードだけが忽然と「姿を消してしまった」そう!

    えっ!?

     
    思わず声を上げたねねさんを見て、不審がる女性。

    そこで誤解を解くべく、「犬を連れていると思って…」と素直に状況を説明します。

     
    すると…

    なぜか女性は、突然泣き出しました。

    2


     
    そして、思いもよらぬ言葉を口にしたのです


    ソース: https://buzzmag.jp/archives/176165

    【『お散歩かと思ったら』 シェパードを連れた女性の「ある事実」を知って、号泣】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    【お盆ですね。恒例の】◇ 心霊ちょっといい話 第三弾です。◇ 靖国 天井の兵隊さん

    869 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 19:46:02 ID:TUrKGKlp0

    おもしろいかどうかはわかんないけど投下してみる

    家の姉は霊感が強いらしく、家でよく霊を見るらしい
    姉の話によれば、俺の部屋の前の廊下の天井に兵隊さんが列をなして歩いてるらしい

    数年前から言ってたんだが、俺には姿はおろか気配すら感じた事が無かったので
    たいして気にしてなかったんだが少し前に俺の前に姿を現したんだよ。

    夜中の一時ぐらいに喉が渇いたから飲み物を取りに行こうとして廊下に出たら
    いるのよ、逆さまにぶら下がった兵隊さんが

    しかも、戦死したひとらしく腕や足が無い人が大半なんだよ

    廊下の端からこっちに向かってザッザッザッザって足並みそろえて歩いてきて
    うわぁやべぇとか思ってたら、先頭の人が俺の一㍍ぐらい前まで来て止まるのよ
    もうそのときは怖さで軽い金縛り状態になってたわ
      
    870 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 19:46:37 ID:TUrKGKlp0
    続き

    で、もうどうしていいかわからずにとりあえず敬礼したんだよ

    そしたら先頭に居た人だけ敬礼を返してきて、一言

    「お勤めご苦労様です。」

    って言って、俺の横を通り過ぎていったんだけど
    すれ違う兵隊さんが全員声かけてくれんの

    「がんばれよ」とか「無理するな」とか「体壊すなよ」とか

    なんか全員励ましてくれて、
    ちょうどそのとき仕事が追い込みの時期で
    肉体的にも精神的にもやばい状態だったから泣けてきちゃって、
    ぼろぼろ泣きながら

    「はい!○○(名前)は最後までやり通します!!」

    って言ったら、最後の兵隊さんが微笑みかけてくれて

    その後、兵隊さんが消えても涙が止まらなくなっちゃって
    しばらく敬礼したまま泣いてたよ。

    それから、ハッキリとは見えないんだけどぼんやりと兵隊さんを感じるようになった。
    次にまた会えたら怪我の手当てでもしてやれたらいいんだけど、
    なにか幽霊に対して出来ることってないかな?
    (オチなくてスマソ)
      
    871 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 19:55:34 ID:3tcFdl650
    笑えねえ、、、。でもいい話だな。
      
    872 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 19:58:11 ID:tl18Ingi0
    >>870
    いい経験したね。励ましてもらえてよかったね
    兵隊さんたちがあるべき場所に帰れますように、幸せでありますように
    ってたまに祈ってあげたらどうかな?
    ちなみに、そういった祈りは生身の人間宛にでも効果があるらしいよ・・・オカルトだけど
      
    873 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 19:59:20 ID:wUpAZ7ryO
    >>870
    お茶か饅頭を供えるとかかな
      
    874 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/02/15(日) 20:07:07 ID:31nHywcpO
    >>870
    日本酒でいいんじゃね?
      
    875 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/02/15(日) 20:23:19 ID:GzGczynbO
    泣けたじゃないか…
    なんで逆さまなんだろうね?
    とりあえず、心を込めてお水でもお酒でもお供えしてあげてほしいな

    heichousama

    CY0733QUsAAPro1
      
    【【お盆ですね。恒例の】◇ 心霊ちょっといい話 第三弾です。 靖国 天井の兵隊さん】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    【お盆ですね。恒例の】◇ 心霊ちょっといい話 第二弾です。◇ 一本だけの花

    抱っこをせがむ赤ちゃん

    同じアパートで家族ぐるみのつきあいだったA(夫)が
    「背中がいてー。手が上げられず頭が洗えねー。」
    と整形外科に行ったのは6年前の10月だった。

    初診で「大きい病院を紹介します」といわれて、行ったのが高台にある某総合病院。

    初診後、即入院。

    翌々日に奥さんがよばれ、癌告知。それも末期。

    12月。
    たった2ヶ月で、Aは骸になってアパートに帰ってきた。

    長男3歳前、次男9ヶ月の冬だった。

    通夜、葬式の準備等でみんな忙しく、俺は自宅で9ヶ月の次男のおもりをしていた。


    突然泣き出す次男を、立ってだっこしてあやしていると、

    いきなりこいつが空中に向かってもがきだす。

    まるで空中に「だっこしてくれー」といわんばかりに・・。

    こんな不思議な出来事が何回かあった。
     
    葬式も終わり、ようやく落ち着いたある日。
    うちの家族と、未亡人と遺児で食事に行った。

    その店の主は、未亡人の学生時代の友人で、どうやら「みえる人」らしい。

    店主が、立って次男をだっこしたまま、「Aがそこにいるよ。すわってる」という。


    みんなが、店主のいう方向をみる。

    「うわ!きたきた!」と店主がいう。どうやら主の方にむかってきたらしい。

    すると、店主にだっこされていた次男。俺と居たときと同じように、空中に向かってもがき出す。

    そうか、あいつきてたんだ。だっこしたかったろうな。おれは涙が出た。



    一本だけの花

    俺と同じ年に生まれた犬がいたんだ。家で飼われていっしょに成長してきた。

    そして17年目、犬の寿命が徐々に迫ってきていた。

    そんな時
    学校にいる俺にメッセージが入ってきて(ポケベル)、犬が死んだとの連絡が入ってきた。

    悲しいなと思いつつも、その犬は家でずっと横になって食事もできない状態までいってたから、
    そろそろかなとは思っていたけど、いきなりだからびっくりした。

    親の話曰く、

    家に帰ってきたら犬が目から涙流しながら一人寂しく生きを引き取っていそうだ・・・



    それで犬の葬儀屋に電話して、いくらかかるか聞くとなんか事務的にあれとこれで○○円です。

    とか言われて、なんか犬が生物として見られてないなぁと思って、

    自分で埋葬することにしたそうな。


    車に犬を積んで山奥に行って、ダムの近くに穴ほって手厚く埋葬したんだって。


    ここまでは、普通に悲しい話だったんだけど。ここから。



    犬が死んでしばらくして、親が久しぶりに墓参りに行った。

    車で現場に着くと、墓の所がキラキラ輝いている!

    何事かと思った親は、近くに行き墓の前まで近寄ると

    なんと!今までに見たこともないような、綺麗な淡い色というか、オレンジともいうような、

    紫ともいうような花が一本だけ咲いていたんだって。


    暗い山道に一本だけ咲くその綺麗な花はあたりを照らしていたんだってさ。

    最後に、死に際にそばにいれなくてごめんよ。そして17年間いっしょに育ってよかった!

    9019444



    恨んでないよ

    ペットの話ですが。

    昔ノラ犬を拾って飼ってました。真っ白なメス犬で、「シロ」。

    夜、母に「ゴミを捨ててきて」と言われて自転車の荷台にくくりつけついでにシロも連れていきました。

    シロはいつもの散歩コースをどんどん先に行ってしまって、
    私はその間にちょっと先の、通りの向こうのゴミ捨て場に立ち寄りました。

     
    私がいないことに気付いたシロは探しに戻ってきて、

    通りのこっちの私に気付いて私のところへ来ようと道路に飛び出しました。

    「あっ、ダメ!」と叫んだ時に乗用車が突っ込んできて、目の前で跳ねられてしまいました。

    パニックになった私はそのまま泣きながら家に帰ってしまって、
    母といっしょに戻った時は、シロはもう息絶えてました。

    なんであのとき、傍にいなかったんだろう。

    まだ生きていたかもしれなかったのに最期を看取ってあげられたかもしれなかったのに…と、
    ずっと後悔していました。


    その年の夏。居間で父とTVで高校野球を見ていた時、

    ふと開けっ放しの窓にシロの気配がしました。

    庭に続くサッシの板の間に、鎖の届く所まで来て窓があいてれば覗いていたんです。

    その時、板の間に爪が「カツッ」と当たる音とハアハアという息遣いが聞こえました。

    実はその一瞬、私はシロがもういないことも忘れていて「ん?なに?」と振り返っていたんです。

    もちろんそこにはなにもいませんでしたが、

    次の瞬間に「あっ!」と泣きそうになりながら、

    部屋にいた父に「お父さん、今、シロが帰ってきた…」と言いました。

    すると父が一言「実は、お父さんにも聞こえた」と言いました。


    あの時、瀕死のシロを見捨てて行ってしまった私に、会いに来てくれたんだ…

    許してくれてたんだ、と泣いてしまいました。

    こういうこともあるんだな…と思ってましたが、
    ここで似たような体験がいくつかあって、うれしかったです。


    【【お盆ですね。恒例の】◇ 心霊ちょっといい話 第二弾です。◇ 一本だけの花】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    【お盆ですね。恒例の】◇ 心霊ちょっといい話 ver.9 ◇ より  桜の記憶


    146 :本当にあった怖い名無し :2006/04/06(木) 09:18:18 ID:tN8T5q9V0

    6年前、母を亡くした。 

    遺骨を抱いて、自宅へ戻るときに、 
    ずっと左手首が温かかった。 

    なんとなく、母が握っているのだと思った。 

    それから1年後、私は2人めの子供を妊娠した。 

    トラブル続きで、帝王切開になった。 
    手術中、左手首が温かくなった。 

    それからすぐに、トラブル発生。 
    慌ただしい手術室。 

    でもなんとなく、大丈夫な気がしていた。 

    そのまま、スーッと意識が遠のき、目が覚めると 
    元気な2人目の子供と、大量出血でフラフラの自分。 

    なんとなく、母の匂いを感じた。 

    それからも、上の子の肺炎だの、 下の子の熱性痙攣だの。 

    そのたびに、左手首が温かい。 

    心配するのだけれど、 
    「子供2人は、母が見守っている」 
    と確信をしている。 

    今日も2人とも元気に過ごしている。 


    b21ea0a05fc341e66eb3ac7401c6c583_s



    【【お盆ですね。恒例の】◇ 心霊ちょっといい話 ver.9 ◇ より 桜の記憶】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

    小さい頃、可愛がっていた日本人形 事故に遭った持ち主は、不思議な体験をする

    中には、自分と同じ名前をつけた人もいるかもしれませんね。

    子どもの頃、人形を大切にしていたことはありますか?名前をつけたり、遊ぶ時に連れて行ったり…。

    中には、自分と同じ名前をつけた人もいるかもしれませんね。

    1
    この人形、私に似てるから私!

    保育園に通っていた頃、おばあちゃんの家にあった日本人形を可愛がっていた、パアさん(@BacteriaPaa)。

    人形が自分に似ているような気がして、お気に入りだったそうです。

    2

    そんなある日、スケートボードで遊んでいたパアさんに衝撃の出来事が起こりました。

        つづく


    ソース: http://news.livedoor.com/article/detail/12634563/  【雛祭り(ひなまつり) 小さい頃、可愛がっていた日本人形 事故に遭った持ち主は、不思議な体験をする】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

    『プロフィールビデオ』

    ***** 私は見た!! 不幸な結婚式 955 *****
    64: :2011/01/03(月) 14:13:24 ID:
    友人(新婦)の式。オカルト注意。

    新郎新婦の生い立ちみたいなプロフィールビデオが流れたんだけど、

    映っちゃいけないものがバッチリ写ってた。

    他にも何人か気付いた人がいたらしくて、ザワザワ…ザワザワ…。

    で、その変な空気がやっとおさまりそうってところで、

    新婦の従姉妹(?)が中二病かメンヘラか分かんないけど、
     
    「○○ちゃん(新婦)は祟られてる!」と叫び出してさあ大変。

    父親らしき人に即行でつまみだされたけど、

    「怨念!悪霊!私が除霊してあげる!」ってロビーでも暴れてた。

    そのPVは新婦の手作り。

    小さいプレビュー画面を見ながら作ってたせいで気付かなかったらしい。

    当時、新婦は皆がザワザワしてるのは、

    あまりにもPVの出来が良くて感心しているせいだと思ったらしい。

    いきなり従姉妹が叫びだした時には、

    「何のサプライズ演出かと思ってワクワクしたのにww」って笑ってた。


    式後、PVを家族で確認したところ、お父様が「かあちゃんだ」とポツリ。

    なんと写っていたのは、生前からイタズラ好きだった新婦のお母様だそうな。


    お母様が亡くなったのは新婦が3~4歳の頃だったため、あまり記憶もなく、
    写真と見比べてもピンと来なかったらしいけど、
     
    お父様が呟いた「かあちゃんだ」を聞いた瞬間に、涙があふれてとまらなかったそう。

     
    そうだよね、悪霊が『あっかんべー』して映るわけないもんね…。

     
     
    『家族の絵』

    ◇ 心霊ちょっといい話VER.14 ◇
    477:2009/07/01(水) 06:02:18 ID:
    友人が結婚して、妊娠してすぐに旦那さんが亡くなってしまった。
    友人はかなり塞ぎ込んでしまい、精神的な負担が原因か赤ちゃんも流れてしまった。
     
    立ち直るまでにかなり時間がかかったけど何とか元気を取り戻し、
    その間ずっと支えてた私と共通の男友達と再婚した。

    その息子が今年三歳になったのだが、幼稚園で家族の絵を描いた時、
    お母さん、お父さん、息子の横に、

    もう一人お父さんとお姉ちゃんの計五人を描いてきた。
     
    友人は亡くなった旦那さんの事なんて息子に話した事も無いし、

    勿論、前に妊娠した赤ちゃんの事も息子は知らないはず。
     
    それなのにそんな絵を描いてきた息子は更に、

    「××君にはお父さんが二人いるんだよ」

    「小さいとき、お姉ちゃんが遊んでくれたんだ」
     
    という話までしたらしい。

    友人夫婦は二人してボロボロ泣いて、息子に心配されたそうだ。

    絵は立派な額に入って、友人宅のお仏壇の部屋に飾ってある。
     


    『今時のあの世事情』

    ◇ 心霊ちょっといい話VER.14 ◇
    541: :2009/07/13(月) 18:06:45 ID:

    去年の盆に、数年前先立った嫁の為にとキュウリや茄子で馬を作った。 

    そしたら盆が終わった夜、夢に嫁が出てきた。

    「キュウリに味噌つけてくれないと食べられないじゃん!」

     ってぷりぷり怒りながら。

    「茄子も調理されてないし、帰り際には玄関が煙たくて大変だった」

     とご立腹の様子。 

    あと、「お菓子もっとくれ」だとさ。


    なんか色々盛大に勘違いしてるみたいなので、 

    次からはキュウリと味噌、茄子の生姜炒めで盆を送る予定だ。

    っていうか、こっちには何を使って来たんだろう。バスかね。 

    今時のあの世事情に思いを馳せて少し笑った。

     
     
    管理人注 : お盆も16日の夕方には、送り火を焚いて先祖の霊をお見送りです。
         最後の「心霊ちょっといい話」は、最後の話の方につれていい話を揃えましたよ。 
     
    【お盆です。◇ 心霊ちょっといい話VER.14、15 ◇ 幽霊も年を取るのかな?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    1:2012/06/23(土) 16:43:59.10 ID:

    地元の小さな駅なんだがそこって電車が走ってるときでも無人駅だったんだ
    出発駅から到着駅まで駅員さんがいる駅は5駅くらいであと無人

    それくらい田舎の駅だった
    そんな鉄道も利用者の少なさから10年くらい前に廃止になった

    ちょっと前に実家に帰り散歩してたんだ

    そこで学生の時に自分が利用してた駅の方まで無意識に歩いててさ
    懐かしくなって残されたベンチに腰掛けた

    線路の上は草がちょっと無造作に生えててレールは撤去されてた
    懐かしくも悲しくなりものおもいにふけってた
     

    4:2012/06/23(土) 16:50:08.35 ID:
    聞こう

    6:2012/06/23(土) 16:51:46.95 ID:
    みてる人いるかわからんが思い出し思い出し書いてく

    ちょっとスタンドバイミーみたいな気分になって線路の上に降りて一駅歩くことにしたんだ
    田舎方面に歩くか、都会方面に進むか考えた
    都会方面といっても田舎方面よりはちょっとだけ店があるって程度だぞ
    俺は折角の田舎にきたわけだしより田舎を選ぶことにした

    一駅到着してまたベンチに腰掛けた
    この辺同級生の家とか結構あるよな
    誰かに会わないかな?とか思ったが田舎暮らしなんて車がデフォだから
    まずこんな寂れた駅にくることはないなと自分に言い聞かせた

    ベンチに座りながら田舎の美味しい空気と緑を堪能していたら
    いつのまにか眠ってしまっていたようだった
    気づくと空は暗かった
    といっても時間は8時くらい

    でも田舎は街頭がほとんどといってないため真っ暗だった
    都会の明るさになれてしまった自分は田舎の暗さは
    大げさかもしれんが深淵に近いものを感じた
    まあそれくらい暗いってことだ

    とりあえず線路歩くには暗すぎて怖いからせめて車の通り道まででようと立った
    すると遠くから光が見えた


    7:2012/06/23(土) 16:58:22.51 ID:
    みてくれてるひとありがとう

    そして光とともにカタンコトンカタンコトンと音が聞こえてくる
    その音が段々と近づいてくる
    どうみてもチンチン電車ちっくなのがレールのない線路を走ってきていた

    軽くパニックに入る
    これ夢か?
    いや起きてスマホで時間も確認したし
    ちゃんと起きたはずだ
    固まったように足が動かなくなってしまった

    深呼吸をして落ち着け落ち着けと呪文のように唱えていた

    電車は駅でとまった
    電車の中の床は板っぱちで懐かしい感じがした
    駅員が足元にお気をつけてお乗りくださいとアナウンスした

    いや、乗らないし、俺乗らないしと頭で分かってるのに

    さっきまで固まった足が嘘のように動いて電車に乗り込んでいく

    自分の意思とは正反対に電車に乗り込んでいく


     つづく
    【お盆です。【不思議な】電車に乗って変な場所に行った【体験】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

     『お人好しの獣医さん』


    霊能者のKさんシリーズ。
    ◇ 心霊ちょっといい話VER.7 ◇
     
    236:05/03/04 19:43:09 ID:
    Kさんの知り合いにTさんと言う人がいます。
    このTさんは獣医さんなんですが、かなりのお人好し。

    朝だろうが夜中だろうがいつでも患者さんを受け入れ、

    治療費を払わず逃げた飼い主のペットを引き取ったり、
    家の前に捨てられた動物の面倒を見たりといい人状態。

    ある日の夜、いつも診察に行っている牧場から馬が難産だと連絡を受けたTさんは、
    車を飛ばして牧場へ向かったそうです。

    しかし、日頃の疲れが出たのか、ついうとうとしたTさんは事故って路外に転落してしまったのです。
    その頃、家で爆睡していたKさんにはとんでもない事が起きてました。

    顔面にすごい勢いで座布団みたいな物が激突したかと思うと、

    猿に髪をひっぱられ、犬に吠えられ、猫に引っ掛かれ、よく判らない生き物に体当たりされたり。
     
    驚いたKさんは飛び起きました。

    それと同時に、動物絡み=Tさんに異変と判断がついたKさんは、車に乗ってTさんの家に向かいました。
     
    237:05/03/04 19:48:12 ID:
    案の定、牧場にも着いておらず家にも帰ってない事を奥さんから聞いたKさんは、
    Tさんの飼い犬を借りて、車でTさん探しに向かいました。

    Kさんはワンコに向かって「Tが居たら教えてね」と言ったそうです。

    そしてワンコはある場所で激しく吠えだしました。

    見ると、ガードレールが割れたその先にTさんのRV車が地面に突き刺さっていました。

    Tさんに意識はありましたが、車がぐちゃぐちゃで出られない様です。
    Kさんは車を飛び出し、バールと斧で車のドアを壊してTさんを助けだしました。

    何でKさんが助けに来たのか判らないTさんが、「どうしてこんな所に?」と聞くと、

    「あんたの所の動物が知らせに来た。顔面にイイ一発を食らったわ!」とKさんに怒鳴られたとか。

    Tさんは奇跡的にも掠り傷で済み、幸いに子馬も無事に誕生。

    Tさんは「助けているつもりが助けられたなぁ」としみじみ言ったそうです。

    動物達にかけた愛情はちゃんと伝わるんだと、Tさんは決意も新たに頑張ってるとか。


    238:05/03/04 20:03:59 ID:
    これもいい話と言うより、微妙な話ですね。
    スレタイ通りじゃなくて申し訳ない。
    ちなみに、Kさんの顔面にぶつかった座布団みたいな動物の正体は今だに判ってません。
     
    どうもムササビじゃないかとゆー話ですが不明です。

    ちなみに、Tさんを助け出したお礼にKさんがもらったのは、奥さん手製の鍋いっぱいの手作りジャムだったそうですw

     

    『小太郎』


    霊能者のKさんシリーズ。
    ◇ 心霊ちょっといい話VER.7 ◇
     
    405:2005/04/04(月) 10:35:30 ID:
    Kさんの近所に住む一人暮らしのお爺さんの話です。 

    お爺さんは昔、喉の手術をしていて声はあまり出ませんが、
    足腰が丈夫で働き者。皆から好かれています。 

    奥さんが入院中で一人暮らしのお爺さんは、ワンコを飼っていました。 

    そのワンコは目も開いてない子犬の頃、
    お爺さんの畑の肥料用の生ごみのポリバケツに投げ込まれていたのだそうです。 

    お爺さんはワンコを小太郎と名付け、我が子のように可愛がっていました。

    愛敬があり賢い小太郎は近所でも人気者だったのですが、
    8歳の時、病気で亡くなってしまいました。 


    お爺さんの悲しみは大層なもので、近所の人も集まってお葬式をした程。 

    ある日の事、お爺さんは壊れた雨樋を修理しようと屋根に上った所、

    うっかり足を滑らせて屋根から転落。 
    腰に激痛が走り動けなくなってしまいました。
    406: :2005/04/04(月) 10:37:18 ID:

    喉が悪いお爺さんは声も出せません。
    誰にも気付いて貰えず苦しむお爺さん。 

    その時です。激しく吠える犬の鳴き声が聞こえました。近所の人が驚いて飛び出てくる程です。

    お爺さんの隣の家の奥さんと斜め向かいに住むKさんも出てきて、吠える犬を探します。 
    そして、倒れて動けないお爺さんを見つけたのです。

    直ぐ救急車が呼ばれ、お爺さんは病院へ。結果は椎間板の損傷。 

    隣の奥さんも犬の声を聞いた近所の人たちも、あの犬の声は間違いなく小太郎だと断言しました。 

    怪しい人や押し売りなどが来た時に、

    お爺さんを守ろうとする小太郎が吠える声と全く同じだったからです。 

    お爺さんは驚くほどの回復力を見せ、今も畑を作っています。
     

    Kさんは時々、小さい尻尾を目一杯振ってお爺さんの隣を歩く小太郎を見かけるのだそうです。 

    ただ、成仏してないワンコがいるのはまずいんじゃないか?と思い、Kさんに聞いたら、
     
    「小太郎は自分が死んだ事を理解していて、尚且つお爺さんの事を守ろうとしている賢いワンコ。
     すでに成仏したようなものなので悪い影響はない。
     飼い主の側にいたいと純粋に願うワンコを、神様も怒ったりしないよ」

    との事でほっとしました。

    きっと>>412さんの仰る通り、最後までお爺さんの側にいるんでしょうね。 

    動物って自分を可愛がってくれた人を、いつまでも忘れずに愛し続けるのだそうです。

     e62128dbfb4c8f4340fb0d206a23700b
    【お盆です。◇ 心霊ちょっといい話VER.7 ◇ 『お人好しの獣医さん』】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    靖国乙女
    39: :2010/01/16(土) 17:54:11 ID:
    以前、会社の同僚がグアムだかサイパンだかに遊びに行って、
    帰国する機内からずっと体が重くてダルかったって。
    帰国して出社してからもずっとそう。 

    最初は「遊びすぎだよーw」だったけど、あまり続くので病院でも…と話になった時、
    霊感ゼロだが歴史好きなお局さまが、
    「今日、帰りに靖国神社に行こう」

    と、業務終了後、強引に靖国神社に連れて行った。
    同僚の話によると、
    「鳥居をくぐった瞬間、体が楽になった」
    ちなみにお局さま曰く、
    「あそこは戦時中の激戦地だったからねー。
     英霊って言ったら、靖国神社っしょ!これでダメだったら、病院かなーって」
    (二人とも、全く見えてはいなかった)

    とりあえず、グアム・サイパン方面に行って理由不明の体調不良の際は、
    靖国神社へ行ってみると良いかも。



    441: :2010/01/17(日) 20:50:08 ID:
    サイパン旅行で、真昼間なのにベッドサイドに軍服来た上官らしき若い兵隊さんに立たれ、

    「自分は、良いから部下たちを連れて行って欲しい」

    とカッツンと軍靴合わせ、敬礼されたことがある。

    入浴中に壁から行進の軍靴音が聞こえたため、
    急いでベッドにもぐりこみ布団かぶった後だけど・・・

    目をつぶってても瞼を透かして見えるんだよね。

    二回目の旅行では、もう私がお役目終了になったのか依頼されなかったが、

    部下のために自分だけ居残りしたイケメンの軍人さんは、今でも彷徨っているんだろうか。

    日本人の情は本当に深い。合掌。


    442: :2010/01/17(日) 21:16:41 ID:
    観光客の数を考えたら、もう全員帰還し終わってそうなんだがなあ

    443: :2010/01/17(日) 21:37:55 ID:
    >>442

    責任感強い上官が、本当にこういう思いで残ってることが多いそうだ。>>441 

    古戦場でも、「未だに昔の鎧甲姿の武将が、同じ事言うししてる」て。

    これは立原透夜さんの体験談にあった。 

    泣けるよね。日本人の心情って変わらないなぁと。



    【 お盆です。 心霊ちょっといい話より 靖国神社 靖国乙女】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    18:03/08/10 20:53 ID:
     
    終戦直後、品川駅にダイヤにない列車が到着し

    そこから降りた復員兵は夜の街に消えていった。

     


    管理人注 : 品川駅は戦時中は、
         南方方面と大陸方面への出征と傷病兵の復員の駅でしたね。
     
    294: :04/01/03 22:56 ID:
    (空母瑞鶴の生涯より)
     
    近寄った中野は、兵曹長の数メートル先に立っている一人の兵士を見つけた。
     
    飛行服をつけ、飛行帽をつけた搭乗員である。

    腕の階級章は兵長であった。彼は零戦の前にじっと立っていたが、
     
    石川や中野の気配に気づくとゆっくりこちらを向いた。


    「おい、お前は明日の直掩機に乗るのか?」

    石川がそう尋ねると、兵長は

    「いえ、私は爆装で攻撃にゆきます」

    と答えた。細い声であった。

    「おい、元気を出せ。明日はもう爆装の零戦はない。直掩用の零戦が八機残っているだけじゃ、しっかりせんかい」


    管理人注 : 直掩機(ちょくえんき)とは、搭載艦 (艦載機の場合) などの目的艦、
         または飛行場の上空を周回し敵航空機を迎撃して、
         味方艦船や飛行場を守ったり、味方の航空機を掩護 (えんご) する
         戦闘空中哨戒を行う航空機である。護衛機ともいう。
         なお、直掩とは直接掩護のこと。
     

    兵曹長は、搭乗員の兵長が何か勘違いをしていると考え、肩でも叩いて激励してやろうと一歩前進した。

    すると兵長はすーっと後退し、

    「いえ、私は今日の爆撃に行って来たのです」

    と答えた。

    「なに? 今日の爆撃?」

    「今日出撃した機は一機も本艦には帰って来ていない筈だぞ」

    兵曹長と中野は口々に言った。
     

    すると兵長は微笑した。少年らしい笑顔であったが、頬のあたりが蒼ざめていた。
     
    兵士は低い声で呟くように言った。

    「私は今日爆撃に行きましたが、爆弾を落とす前に撃墜されてしまいました。

     それでもう一度出撃させて貰おうと思い、本艦に戻ってきたのです」


    (空母瑞鶴の生涯/豊田穣)



    383: :04/01/12 02:37 ID:
    関西のとある地方都市での話。

    夜中、寝静まった街の中を、りんりんりんと鳴る鈴の音と一緒に、

    「……〇〇神社に集まれ……すぐに集まれ……」

    そう告げる童子の声が通り過ぎていったのだとか。

    「なんだろう?」とみなが不審がって起きだした時、

    いきなり夜空から爆音と爆発音が響き始めた。

    警報もなしのいきなりの空襲。

    童子の声で起きていた街の人々はあわてて〇〇神社に集まり、

    やがてその神社を残して街は丸焼けになってしまったとか。

    神様が警告してくれたのだ、と評判になったそうな。 
     
    15:03/08/10 20:35 ID:
    昭和19年11月14日の夜のこと

    水戸歩兵第2連隊で突如営門が真一文字に開き、同時に進軍ラッパが遠くから響いてきた

    衛兵が警戒して見ていると、一個連隊ほどの部隊が行進してくる

    その先頭で連隊長の中川大佐が馬に乗り抜刀し、それに兵士が無言でついて来る

    衛兵司令は直感的に「捧げ銃」を命令


    衛兵が不動の姿勢で出迎えると、営庭の途中で部隊の姿が掻き消すように見えなくなった

    その日は村井少将と中川大佐が自決 生き残りが最後の突撃を敢行 玉砕した日だった

    この時点で玉砕は誰も知らされていなかった




    【お盆です。 戦争にまつわるちょっと怖いけど泣ける話】の続きを読む
    NTTドコモ広告
    3
    【広告スペース】

    『すべて売れ!』ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(英)や米大手銀行は、
    近く金融市場が崩壊するこを警告!

    クリック ↑ 大暴落は近い!近づく大暴落にも対応!
    転換トレード法バナー新
    ↑クリック
    「最近やられの方が多い、だから早く」 と、クレジットカード決済も可能(リボ分割 )となった。











       
    広告予定スペース

    横680-315まとめ用ゴルフバナー
    google 広告スペース
     
    【広告スペース】【個人広告を応援しています !】  

     
     
    資産運用をお考えの方に賢く儲ける株式投資の人気ノウハ ウを紹介
     広告スペース

    広告募集中 詳しくはメールにて

    特殊広告:まとめH2chより、いろんなエッチ体験記
    こちらは大人のぺージです。18才未満の方はすぐお帰りを。
    出会いを無料支援BBS!女性投稿続々!写真も動画も挿入可能




    このページのトップヘ