まとめ安倍速報

安倍さん麻生さん応援と嫌韓嫌中のまとめ 新聞テレビのマスゴミでは出ない情報の速報

当blogは、ChromeとFirefoxプラウザで最適になる作りです。IEだと崩れや色変化します。IE以外で見て下さいね。

    ゴルフで飛ばない方、自己流スイングで悩んでいる方、
    レッスンプロに習っていても上達しない方へ!人気ノウハウを紹介
    横680-315まとめ用ゴルフバナー
     

    海外でガンに効く薬の開発が進む。厚生省早く仕事しろ!

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

    管理人注 : 今後、「最先端のがん治療」の記事が出る度にその情報を日曜日に配信して行きたいと思います。
     フォルダは「海外でガンに効く薬の開発が進む。厚生省早く仕事しろ!」で過去ログも読めるようにしておきます。


    市販「液体のり」、白血病治療の救世主に? 専門家驚嘆
    合田禄 

     ソース: https://www.asahi.com/articles/ASM5X6HTMM5XULBJ01H.html

    管理人注 : このところ癌治療について画期的な発見が続いていますね。

          抗生物質もたまたま青カビの対菌性からの発見ですから、なんでも否定しない方が良い。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    1: しじみ ★ 2019/05/06(月) 17:52:06.68 ID:CAP_USER
     慶應義塾大学の齋藤義正准教授らの研究グループは、

    胆道がん培養細胞を用いて薬物スクリーニングを行うことにより、

    白癬菌(水虫)治療薬のアモロルフィンとフェンチコナゾールが胆道がんの新たな治療薬となる可能性を見出した。

     現在、胆道がんには有効なバイオマーカーがないため、早期発見が難しく、外科的切除による治療が困難な症例には抗腫瘍薬による化学療法が行われている。
    しかし、治療成績は十分ではなく、多くの胆道がんが現行の抗腫瘍薬に抵抗性を示し、化学療法による根治はほとんど望めない。また、これらの抗腫瘍薬は細胞毒性が強く、重篤な副作用が患者の生活の質(QOL)を著しく低下させる。胆道がんの本態を十分に反映した明確なモデルの不在が新薬開発の障害の一つとされる。

     近年、組織幹細胞やがん幹細胞を3次元培養し、組織や腫瘍を培養皿の中で再現するオルガノイド培養技術が開発された。研究グループはこの技術を用いて患者の胆道がん細胞を、体外でその性質を保持したまま1年以上の長期間培養することに成功した。

     樹立したオルガノイド(胆道がん培養細胞)の遺伝子解析の結果と臨床データを組み合わせ、胆道がん患者の予後を予測する新たなバイオマーカーとして、SOX2、KLK6、CPB2遺伝子を特定した。樹立したオルガノイドを用いて薬物スクリーニングを行なった結果、白癬菌治療薬のアモロルフィンとフェンチコナゾールが胆道がん細胞の増殖を抑制することが明らかとなった。

     アモロルフィンやフェンチコナゾールは市販化合物のためすでに安全性が確認されている。胆道がんを最小限の副作用で効率的に抑制する新規予防・治療薬の候補になることが期待される。

    論文情報:【Cell Reports】Establishment of patient-derived organoids and drug screening for biliary tract carcinoma
    https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2211124719304279

    https://univ-journal.jp/25773/
    no title
    no title

    18: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/06(月) 18:19:58.72 ID:l6fsJC7C
    何が起こっているというのか

    2: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/06(月) 17:53:43.04 ID:L7hwAQKa
    犬の駆虫薬の次は水虫かーどうなってるの?

    4: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/06(月) 17:58:33.35 ID:EJdZqjst
    >>1 
    それより、犬の駆虫薬の速報早く!

    9: ニュースソース検討中@自治議論スレ 2019/05/06(月) 18:04:39.10 ID:bugykKZ4
    犬の駆虫薬「フェンベンダゾール(Fenbendazole)」と、 

    水虫薬「アモロルフィン(Amorolfine)」と「フェンチコナゾール(Fenticonazole)」 

    赤丸急上昇とな。

    【【医学】水虫の治療薬が胆道がん細胞の増殖を抑制、慶應義塾大学が発見[05/06] 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    管理人注 : 今後、「最先端のがん治療」の記事が出る度にその情報を日曜日に配信して行きたいと思います。
     フォルダは「海外でガンに効く薬の開発が進む。厚生省早く仕事しろ!」で過去ログも読めるようにしておきます。


    1: ごまカンパチ ★ 2019/05/05(日) 01:17:26.27 ID:1B5OpSqC9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190504-00000011-nkgendai-life

     ホント? なんて声が聞こえてきそうだ。

    全身にがんが転移し、「余命3カ月」と宣告された米国の男性が、犬の駆虫薬を飲むことで完全回復したというニュースが世界中の注目を集めている。

     英紙「サン」(4月27日付電子版)などによると、この男性はオクラホマ州エドモンドに住むジョー・ティッペンズさん(写真)。

    2016年に小細胞肺がん(SCLC)と診断されて治療を始めたが、
    17年1月には、がんは胃、首、脾臓、骨など全身に転移し、 手の施しようのない状態になった。

     医者からは「ここまで転移しては回復の見込みは約1%です。余命は3カ月ほど」と宣告された。

    ジョーさんは「余命を1年まで伸ばせるかもしれない」という実験療法に参加すると同時に、何か奇跡を起こす別の方法はないものか、とあれこれ調べていた。

     ある日、母校オクラホマ州立大学のフォーラムをチェックしていたら、

    「あなたが、もしくは知り合いががんにかかっているなら、連絡してみて」

    という投稿が目に入った。

    連絡を取ってみると、驚いたことに投稿者は獣医だった。

     獣医はジョーさんに、次のように説明した。

    「偶然、犬の駆虫薬として使われるフェンベンダゾールが、マウスのがん細胞を攻撃した可能性があることが発見されたんです。
    それでステージ4の脳腫瘍の患者にフェンベンダゾールを処方したところ、6週間も経たないうちに腫瘍が消えてしまったのです」

     この話を聞いたジョーさんは実験療法を続けるとともに、フェンベンダゾールをネットで購入、服用し始めた。価格は1週間分でたったの5ドル(約560円)。

    そして3カ月後、

    実験療法を受けている病院で、PET(放射断層撮影法)スキャンを受けたところ、がんがきれいに消滅していたというのだ。

    「3カ月前……がんは頭からつま先まで、体中に転移していました。恐ろしい転移で、3カ月以内に100%死ぬという状態でした。

    ところが3カ月後、PETスキャンには何も映っていなかった。どこにもがんはありませんでした」

     ジョーさんは実験治療、フェンベンダゾールの他にビタミンBのサプリ、大麻から抽出されるカンナビジオール(CBD)、 香辛料のウコンの有効成分であるクルクミンなどを摂取していた。

    しかし実験療法を受けた約1100人のうち、がんが完治したのはジョーさんのみ。

    フェンベンダゾールが劇的に効いたとしか考えられなかった。

     ジョーさんはその経緯を、公式ウェブサイト「Get Busy Living(必死で生きる)」で発表した。

    「がん患者に誤った希望を与える」との批判も受けたが、ジョーさんは次のように語った。

    「医学的治療に関するアドバイスをする資格はありません。でもできるだけ多くの人々に体験談を語る資格はあるはずです」

     一方、フェンベンダゾールによってがんが治ったというケースが、ジョーさん以外に40件以上あることも判明。

    ジョーさんの話を知ったオクラホマ医療研究基金がフェンベンダゾールのがん治療の性質に関する研究を始めているという。


    ※★1スレ記者注:ソースの信頼性がアレなので実在することを確認しました
     関連URL:(ジョー・ティッペンズ氏の公式ウェブサイト・英語)
     https://www.mycancerstory.rocks/

    前スレ(★1:2019/05/04(土) 16:23:47.02)
    【医療】がんが全身に転移…余命3カ月の男性が犬の駆虫薬で完治? 米オクラホマ州★3
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1556978624/
    no title
    no title


    443: 名無しさん@1周年 2019/05/05(日) 02:26:44.67 ID:/Fkx2oI40
    使用法を正確におしえてほしいな。 
    >>1だと、毎日服用したとあるけど、どれくらいの量を一日に何回とかわからない。

    454: 名無しさん@1周年 2019/05/05(日) 02:29:47.56 ID:JWBFvJuW0
    >>443 
    グーグル翻訳 
    https://i.imgur.com/8vNwpIF.jpgno title


    あと併用して飲んだのが 
    >>301になる

    462: 名無しさん@1周年 2019/05/05(日) 02:32:03.40 ID:/Fkx2oI40
    >>454 
    感謝!

    【【医療】がんが全身に転移…余命3カ月の男性が犬の駆虫薬で完治? 米オクラホマ州★4 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    管理人注 : 今後、「最先端のがん治療」の記事が出る度にその情報を日曜日に配信して行きたいと思います。
     フォルダは「海外でガンに効く薬の開発が進む。厚生省早く仕事しろ!」で過去ログも読めるようにしておきます。


    「がん患者と同じニオイがする」恋人の一言で人間ドックに行ったら…驚きの顛末


     三大疾病「がん・脳卒中・心筋梗塞」が急激に増える40~50代。実際にそれらを発症しながら生還した人の話を聞き、病の実情と生き残る方法や気になる治療費など徹底取材した。

    TKS-3A-5_W2A7498-550x367

    【木原誠太郎さん】「発覚時は『若年性なのでステージ3以上の可能性がある』と言われ、死ぬかと思いました。早期発見のおかげですね」と語る


    彼女の何げない一言から若年性直腸がんが発覚!


     怖いくらい当たると話題の性格診断ツール「ディグラム診断」の生みの親として、メディアでも活躍する木原誠太郎さん(39歳)。一見、人一倍精力的に見えるが、12年前に直腸がんに。発見のきっかけは恋人からの一言だったという。

    看護師の彼女と話しているときに、『がん患者さんと同じ臭いがする』なんて言われて。まさかと思いながら人間ドックに行ったら、本当に直腸がんだと診断されました。動揺しつつ思い当たるフシもあって。当時起業して数年で寝る暇もないほどの激務だったし、酒の付き合いも多くて、毎晩ジョッキ10杯にハードリカーをボトル1本は飲んでましたから。胃腸の負担は相当なものだったんじゃないかと」


     若年性がんは進行が速いが、ステージ1で発見することができた木原さん。


    ソース: https://nikkan-spa.jp/1552920


    管理人注 : たしかに、独特の匂い(くさい)がするそうです。目安になれば。

    【「がん患者と同じニオイがする」恋人の一言で人間ドックに行ったら…癌を発見!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    管理人注 : 今後、「最先端のがん治療」の記事が出る度にその情報を日曜日に配信して行きたいと思います。
     フォルダは「海外でガンに効く薬の開発が進む。厚生省早く仕事しろ!」で過去ログも読めるようにしておきます。


    1: 水星虫 ★ 2019/02/22(金) 21:18:30.49 ID:Fj/GfC3G9
    鳥大 がん進行抑制の研究発表

    鳥取大学などの研究グループは、がん細胞がヒトの体内で栄養や酸素を得るため血管につながろうとする動きを促進する遺伝子を特定したことを明らかにし、
    「がんの進行を抑える薬の開発などにつながる」としています。

    これは鳥取大学医学部の尾崎充彦准教授が東京大学との共同研究の成果として発表しました。

    それによりますと、がん細胞はヒトの体内で近くの血管を枝分かれさせて自身につなげることで栄養や酸素を得ていますが、

    研究グループはその仕組みに重要な役割を果たす遺伝子を特定したということです。

    その遺伝子は、血管を形づくる働きをする「MTA1」で、がん細胞を持ったマウスを使って「MTA1」の働きを低下させる薬の効果を実験したところ、

    がん細胞につながる血管が作られなくなり、がんの細胞の98%が死滅したということです。

    研究グループでは「がんの進行を抑える薬などの開発につながる」としています。

    鳥取大学医学部の尾崎准教授は

    「がんの治療薬の開発に加え、原因が同じ病気の治療にも応用できると考えている」
    と話しています。

    *ソース元にニュース画像あり* 

    http://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/20190222/4040002146.html 
    ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 
    02/22 21:02
    no title


    19: 名無しさん@1周年 2019/02/22(金) 21:27:07.40 ID:8Ky3WrUm0
    鳥取大って地味だけど時々話題になるよね

    2: 名無しさん@1周年 2019/02/22(金) 21:19:04.95 ID:KAkVvwNU0
    犯人はキム

    97: 名無しさん@1周年 2019/02/22(金) 22:26:18.81 ID:354NUMNl0
    >>2 
    ネトウヨに投与したらネトウヨの98%が死滅するなら直ぐに実用化すべきだなwno title

    3: 名無しさん@1周年 2019/02/22(金) 21:19:37.38 ID:CvzCDKDd0
    堀ちえみに使ってあげて

    【癌細胞の98%が死滅(マウス) 鳥大 がん進行抑制の研究発表 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr
    管理人注 : 今後、「最先端のがん治療」の記事が出る度にその情報を日曜日に配信して行きたいと思います。
     フォルダは「海外でガンに効く薬の開発が進む。厚生省早く仕事しろ!」で過去ログも読めるようにしておきます。

     

    鳥大 がん進行抑制の研究発表

    鳥取大学などの研究グループは、がん細胞がヒトの体内で栄養や酸素を得るため血管につながろうとする動きを促進する遺伝子を特定したことを明らかにし、「がんの進行を抑える薬の開発などにつながる」としています。

    これは鳥取大学医学部の尾崎充彦准教授が東京大学との共同研究の成果として発表しました。
    それによりますと、
    がん細胞はヒトの体内で近くの血管を枝分かれさせて自身につなげることで栄養や酸素を得ていますが、研究グループはその仕組みに重要な役割を果たす遺伝子を特定したということです。

    その遺伝子は、血管を形づくる働きをする「MTA1」で、がん細胞を持ったマウスを使って「MTA1」の働きを低下させる薬の効果を実験したところ、がん細胞につながる血管が作られなくなり、がんの細胞の98%が死滅したということです。

    研究グループでは「がんの進行を抑える薬などの開発につながる」としています。
    鳥取大学医学部の尾崎准教授は「がんの治療薬の開発に加え、原因が同じ病気の治療にも応用できると考えている」と話しています。
    qi+BRyhtY3LjqinmffWnZ83uodE+5bTrzajw1Z


    ソース: https://www3.nhk.or.jp/lnews/tottori/20190222/4040002146.html

    【鳥大 がん進行抑制の研究発表 がんの細胞の98%が死滅】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

    管理人注 : 今後、「最先端のがん治療」の記事が出る度にその情報を日曜日に配信して行きたいと思います。
     フォルダは「海外でガンに効く薬の開発が進む。厚生省早く仕事しろ!」で過去ログも読めるようにしておきます。

    1: プティフランスパン ★ 2019/01/28(月) 13:21:58.39 ID:2FGnQFZd9
    no title


     がん細胞への攻撃力を高める11種類の腸内細菌を見つけたと、慶応大の本田賢也教授、田之上 大たけし 専任講師(腸内細菌学)らのチームが発表した。

     これらの細菌をがん治療薬と一緒にマウスに投与すると、腫瘍の増殖を大幅に抑えられた。新たながん治療法につながる可能性がある成果で、論文が英科学誌ネイチャーに掲載された。

     チームは、「CD8T細胞」という免疫細胞を活性化する11種類の腸内細菌を、健康な人の便から見つけた。

     これらの細菌を、昨年ノーベル賞を受賞した 本庶佑ほんじょたすく ・京都大特別教授の発見から生まれたがん治療薬「免疫チェックポイント阻害薬」と共に、皮下に腫瘍を植え付けたマウスに投与した。その結果、薬だけで治療したマウスの腫瘍に比べ、腫瘍の大きさは半分以下に抑えられたという。

     投与した腸内細菌が免疫細胞を活性化させ、治療効果を高めたとみられる。

     本田教授らは、11種類の腸内細菌の特許を取得した。米国の新興企業が、これらの細菌を使ったがん治療の臨床試験を米国内で計画しているという。

     腸内細菌に詳しい大野博司・理化学研究所チームリーダーの話「腸内には様々な種類の免疫細胞が存在し、腸内細菌と相互作用することが知られている。今回の成果はその一端を解明したもので、がん治療での臨床応用も期待される」

    40: 名無しさん@1周年 2019/01/28(月) 14:06:10.16 ID:NnJx74Rt0
    新薬だって土中の菌から見つかってっていうことがあるしな
    まだまだ見つかっていないか、有用であると理解されていない菌が多いかもしれない

    34: 名無しさん@1周年 2019/01/28(月) 13:48:16.67 ID:OBMTFUwG0
    ということは放っといても治るんだな

    64: 名無しさん@1周年 2019/01/28(月) 14:45:36.75 ID:vMBSlR/40
    >>34
    もともと小腸癌って皆無に近く、何らかの免疫の作用で癌が発生しても
    免疫細胞に潰されているのではとは言われてたんだよ。
    人体で、もっとも免疫細胞が集まっているのは小腸だからな。
    だから小腸だけに限定するなら、「癌が発生しても、放っておくだけで治る」
    のだよね。
    人体って複雑だわ。

    14: 名無しさん@1周年 2019/01/28(月) 13:27:51.06 ID:jeTKyGpb0
    まずは学内の癌と戦えよ

    61: 名無しさん@1周年 2019/01/28(月) 14:41:07.00 ID:tSIJnIiz0
    >>1
    慶応大というだけで、レイプ絡みの記事かと思ってしまう

    66: 名無しさん@1周年 2019/01/28(月) 15:03:59.44 ID:Rz9s5POn0
    >>1
    実用化して治験を早く・・・

    【【医療】がんと戦う11種類の腸内細菌を発見、治療薬との併用で大きな効果…慶大 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

    管理人注 : 今後、「最先端のがん治療」の記事が出る度にその情報を日曜日に配信して行きたいと思います。
     フォルダは「海外でガンに効く薬の開発が進む。厚生省早く仕事しろ!」で過去ログも読めるようにしておきます。

    1年後にあらゆる種類のがんに効く治療薬がつくられる

    イスラエルの製薬会社Accelerated Evolution Biotechnologiesは、1年後にあらゆる種類のがんに効くユニークな薬ができると主張している。エルサレム・ポスト紙が報じた。

    スプートニク日本

    薬はMuTaToと名付けらえる(「マルチターゲット毒素(multi-target toxin)」という意味)。

    同社のダン・アリドール取締役会会長は「私たちのがん治療薬は初日から効果があり、その効果は数週間持続する。薬自体には副作用が全くない、あるいは最小限のみで、市場の他の大多数の治療法よりもはるかに低価格だ」と発表した。


    新薬は、まず、その周辺の健康な組織を傷つけることなく病気の細胞を正確に見つけ出し、その方向にがん細胞を一度に破壊する3種類の毒素を即時に送る。

    このような大規模な毒素の攻撃はそれまで一度も使用されたことがないため、癌細胞を変異させない。

    現在知られているいかなる種類の悪性腫瘍も、一度に3つの方向で変化することはできないため、MuTaToはがん細胞に生き残るチャンスをまったく与えないという。

    イスラエルの製薬会社は、すでにがんの新薬をマウスと試験管内(in vitro)でテストし、成功しており、近いうちにも臨床試験に入る。臨床試験が成功した場合、MuTaToは6~7年後に市場に出る。


    4427628


    それは『MuTaTo』と呼ばれる治療法で、ペプチドワクチン及びペプチド毒素を合わせたものを用いる。

    同社CEOのダン・アリドール氏は「我々は一年でガンを完全に治す方法を提供できる」と言及。また「副作用は全く、もしくはほとんどないし、市場にある他の治療法よりも遥かに安価で治すことができる」と自信をのぞかせている。

    ガンの種類によって、人それぞれ特定のドラッグが配合された治療薬が処方されるようだ。研究を進めるイラン・ムラッド医師によると、マウスを使った実験は終了し、次は人間に対する治験が待たれていると言う。

    世界では毎年推定1,810万人が新たにガンと診断されており、治療法の確立が急がれている。


      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

    管理人注 : 今後、「最先端のがん治療」の記事が出る度にその情報を日曜日に配信して行きたいと思います。
     フォルダは「海外でガンに効く薬の開発が進む。厚生省早く仕事しろ!」で過去ログも読めるようにしておきます。


    食道がんのリスクを189倍にした要因が明らかに



    ゲノム研究によって病気のリスクや効果的な治療法を解き明かし、一人ひとりに適した医療を提供する「精密医療」。その実現を世界的にも早くから目指してきたプロジェクト「バイオバンク・ジャパン」の運営に携わる、松田浩一さんの研究室に行ってみた!(文=川端裕人、写真=内海裕之)


    第2回 食道がんのリスクを189倍にした要因が明らかに

     そのバイオバンクを使ってどんなことがこれまでに分かってきたのか、ご自身の研究に寄り添いつつ聞いていこう。

    01

    精密医療の実現を目指すバイオバンク・ジャパンの運営に携わり、自らも研究を行う東京大学大学院教授の松田浩一さん。

    「バイオバンク・ジャパンが始まったのは2003年ですが、その後、5年ほどは、エントリーの時期で、参加の意思がある方から血を採らせてもらって、DNA、血清、臨床情報を収集するのに費やしました。そうするうちに、だんだんいろいろな病気の方のDNAが集まってきて、例えば、食道がんについて、まず200人の患者さんと健常な人1000人くらいを比較してどんな遺伝子を持っている人がリスクが高いのか、いわゆるケース・コントロール・スタディ(症例対照研究)ができました」

     DNA試料のバンクの構築は一人ひとりに説明して試料を集めるものだから、とても手間がかかる。しかしひとたび充分な症例が集まると、まずは症例対照研究を行って、食道がんの人に多い因子、この場合は遺伝子の型を探すことができるようになった。単純に言うと、食道がんの人(症例)と健康な人(対照)のゲノムを比較して、違っているところを見つけたということだ。

    02


     ただ、ふと疑問に思う。ヒトのDNAには30億もの塩基対があると聞く。それら全てをひとつひとつ見ていったとしたら大変なことになると容易に想像できる。

    「たしかに、30億の塩基対すべてを比較しているわけではありません。見ているのは、SNP(Single Nucleotide Polymorphism、スニップ)、一塩基多型と呼ばれるものです。これは、ヒトのゲノムの塩基配列の中で、300カ所に1カ所ぐらい、つまり、30億のうちの1000万カ所くらいにある、個々人によって情報が違っている部分です。1つの塩基が違うだけで、体内で作られる酵素などのタンパク質の活性が変わったり、そもそもその遺伝子が働かなくなったりします。肌や目や髪の色が違うのもSNPで説明できますし、実は血液型の違いもSNPの組み合わせで決まります。我々の食道がんの研究では、SNPのうち55万カ所を比較しました」


    ソース: https://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/web/19/122000001/122600003/
      【食道がんのリスクを189倍にした要因が明らかに】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr

    管理人注 : 今後、「最先端のがん治療」の記事が出る度にその情報を日曜日に配信して行きたいと思います。
     フォルダは「海外でガンに効く薬の開発が進む。厚生省早く仕事しろ!」で過去ログも読めるようにしておきます。

    【続報】「がん光免疫療法」の開発者・小林久隆医師に聞く――転移がんも再発もなくなる究極の治療の実用化を目指して

    1

     近赤外光線を照射してがんを死滅させる「がん光免疫療法」の臨床試験のフェーズ1が、日本でも国立がん研究センター東病院(千葉県柏市)で3月から始まった。

     この治療法を開発したのは米国立保健研究所(NIH)の一部である米国立がん研究所(NCI)の主任研究員・小林久隆医師。2016年11月に本サイトで下記の記事を紹介したところ、全国から大反響を呼び、日本での1日も早い治療開始を望む声が高まっている。

    近赤外線でがん細胞が1日で消滅、転移したがんも治す ――米国立がん研究所(NCI)の日本人研究者が開発した驚きの治療とは

    先行する米国ではすでにフェーズ2が終わっており、今年中には米・日・その他地域でフェーズ3に進む予定だ。米食品医薬品局(FDA)は承認審査を迅速に進める方針を発表しており、2年以内に実用化される見通しも出てきた。

    現在の治験対象は、日米とも再発頭頸部がん(喉、口、耳、鼻、顎など)だが、いずれは肺がん、大腸がん、乳がん、すい臓がん、前立腺がんなどにも広げたいという。

    小林氏は今、光免疫療法をさらに発展させ、1カ所のがんを1回治療するだけで全身の転移がんも治療し、ワクチン効果によって再発もさせない、という画期的な研究開発に取り組んでいる。一時帰国した小林医師に、がん光免疫療法の現状と将来の展望を伺った。

    米国での治験は再発頭頸部がんで奏効率93%、完全奏効功率47%の好成績

    ――いよいよ日本でもがん光免疫療法(近赤外光線免疫治療法:NIR-PIT)(注1)の治験が始まりました。一歩先を行く米国ではどのような成果が得られているのでしょうか。

    小林 米国のフェーズ2は、再発頭頸部がんを対象に複数の病院で計30例の治験が行われました。現在公表されているのはトマス・ジェファーソン大学の7例だけですが、フェーズ1の8例が欧州の学会で公表されており、計15例のデータを見ることができます。(Gleysteenら、2017年アメリカ頭頸部学会より)
    15例のうち14例はがんが30%以上縮小し(奏効率93%)、うち7例は完全奏効しました(完全奏効率47%)。近赤外光線を複数回当てましたが、1回で奏効を示す例もあります。他の治療法で効果がなかった患者さんのデータとしては良い成績だったと思います。これを評価したFDAからは、「米国の早期承認制度であるファストトラックに指定する」とのアナウンスがありました。

    これを受けて、今年中には米国・日本・その他地域でフェーズ3に進むものと思います。フェーズ3でも先の15例と同じような成果が出れば、優位性があると認められて早めにフェーズ3を終了し、FDAの承認が出る可能性があります。

    (注1)がん光免疫療法がん細胞に結合する抗体に、近赤外光線の光で化学反応を起こす物質(IR700)を付け、注射で体内に入れる。抗体は血流に乗ってがん細胞に付着するので、そこにランプや内視鏡で近赤外光線を当てると、物質が熱を発してがんの細胞膜を破壊する。正常細胞に害を与えず、がん細胞だけを死滅させる選択性が極めて高い。

    2


     つづく

    ソース: https://www.mugendai-web.jp/archives/8462 【【アメリカでは異例の速さで治験が進んでいる】「がん光免疫療法」の開発者・小林久隆医師に聞く――転移がんも再発もなくなる究極の治療の実用化を目指して】の続きを読む
    NTTドコモ広告
    3
    【広告スペース】

    『すべて売れ!』ロイヤルバンク・オブ・スコットランド(英)や米大手銀行は、
    近く金融市場が崩壊するこを警告!

    クリック ↑ 大暴落は近い!近づく大暴落にも対応!
    転換トレード法バナー新
    ↑クリック
    「最近やられの方が多い、だから早く」 と、クレジットカード決済も可能(リボ分割 )となった。











       
    広告予定スペース

    横680-315まとめ用ゴルフバナー
    google 広告スペース
     
    【広告スペース】【個人広告を応援しています !】  

     
     
    資産運用をお考えの方に賢く儲ける株式投資の人気ノウハ ウを紹介
     広告スペース

    広告募集中 詳しくはメールにて

    特殊広告:まとめH2chより、いろんなエッチ体験記
    こちらは大人のぺージです。18才未満の方はすぐお帰りを。
    出会いを無料支援BBS!女性投稿続々!写真も動画も挿入可能




    このページのトップヘ