今週のお知らせ

むち打ち・交通事故の治療なら
【栃木県日光市の阿部整骨院】
ご訪問ありがとうございます!
地図施術の流れ 料金 ホームページ
メール電話で予約
こんにちは。栃木県日光市の阿部整骨院、院長の阿部洋志です。

ホームページを作りました。

今後は、腰痛の記事はそちらに書かせていただきます。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

体育の時間、跳び箱をし。

飛び過ぎて、背中から落下し打撲。

腫脹、圧痛、ROM制限軽度である。

電療(SSP)終了後、JRC(関節可動回復矯正法)を行う。

前後の比較。
IMG_1865
IMG_1866
下が施術後のもの。

痛めている背部がまっすぐに伸びているのがわかる。

今日は、入浴は控えるよう指導した。




RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

IMG_1631
IMG_1638
IMG_1632
IMG_1639
治療前は手で脚を支えないと前屈できなかった。

施術後まだ床まで手が届かなかった。

本日は時間切れで終了した。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

保育炎園で働く

慢性的な右股関節痛の患者さん。

腰(仙腸関節)のJRCをすると

いつも調子が良くなる。

今日はJRC(関節可動回復矯正法)と中殿筋・大腰筋の治療。

術後は確実に痛みが取れている。

週に1度でも調整が必要である。

連日通院されると痛みの取れるのも早い。

何度も腰痛を繰り返す方は、体を冷やさないようにしていただきたい。

これから暑くなるが、冷房での冷やし過ぎにはご注意を。

5本指の靴下を履けば、指に力が入るため、体の負担が少なくなる。

もしも痛みが出たら、速やかにゴム製の骨盤ベルトをしていただきたい。

職業柄、子ども相手で前傾姿勢が多いが

そんなときでもベルトはしておいた方が良い。

cats



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

IMG_1589
IMG_1595

昨日の画像と比較して欲しい。

上記2枚は本日の画像。

後屈は改善したままなので、画像なし。

本日は、自転車の乗れた。

昨日は、歩くのもやってで、杖をついて来院した。

定期的に通院されている患者さんなので

集中的に痛みの治療をすると

回復が早い。

画像通り、調子がいい。

無理はしないよう指導した。

昨日は手で支えなければ

前屈動作ができなかったが

今日は大腿部を支えなくても

体を前に曲げることができた。

進歩したのでほっとした。

cats



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

昨夜、腰の痛みが強くなった。

数日前より右腰に違和感があった。

何もしていなかったが、急に腰が痛くなった。

いつもは自転車で通院されるのだが

今日は杖をついて来院。

痛みのため自転車に乗れなかった。

体を動かす度に激痛が走る。


施術前後の画像。(4枚)
IMG_1584
IMG_1586
最初の前屈はこれ以上曲げると痛みが増すのでここまで。

IMG_1585
IMG_1588
後屈の角度は改善している。

この患者さんは

仙腸関節のJRCと中殿筋、大腰筋の治療だけでは痛みがとれなかった。

CDCという方法で痛みを緩和した。

治療後は家で安静を保つよう指導した。

あまり痛ければ、夕方も来院してもいいと伝えた。
telephone



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

IMG_1522
IMG_1523
IMG_1524
IMG_1525
高校時代は、野球部のエースだった。

その頃から腰の痛みはあった。

ゴルフの上手い友人からの紹介で、通院が始まった。

腰部の違和感はかなり軽減した。

強いて言えば、胃の調子が悪い。

そのように聞いたので

JRC(関節可動回復矯正)を年入れにやってあげた。

仙腸関節は自律神経のうち、副交感神経の叢がある。

副交感神経のセンサーのある場所だともいえる。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

いつでも腰は重い。

何回も繰り返している。

4日前に再負傷し、当院での治療が始まった。

はたから見て、良くはなっている。

前屈する際、痛みが増す。

院内では痛みはとれるが、夜になると戻ってしまう。

初回に仙腸関節のJRCをやったが、

仙腸関節の可動は初回ほど悪くない。

本日も丁寧に仙腸関節に面圧をかけ可動を試みる。

治療前後の画像。
IMG_1505
IMG_1506
IMG_1508
IMG_1512
ちよっと撮影の仕方が雑だが、

前後屈とも、体幹の動きは良くなっている。

20年も腰痛を持っているのだから、

しっかりと仙腸関節の動きを再教育していくべきである。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

IMG_1494
IMG_1499
治療前後の写真

前屈は、少しやわらかくなり、痛みも軽減している。

下記は、パトリックテスト。

股関節の開き具合の検査。
IMG_1500
IMG_1502
上記2枚の画像では

股関節の外転があまり改善されていないように見えるが

上の写真より

下記の写真の方が足首は左方向にスライドしたため

実際より外転角度が小さくなっている。

外転が拡大したのは本人も自覚している。

左股関節の画像は省略する。

正常なので術前術後での変化は見られなかった。

大腰筋の施術により、股関節の外転が改善した。

さらに、外転角度を拡大するためには

患部と同じ側の腸骨筋、内転筋を緩めるべきだと思う。
telephone



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

IMG_1433
IMG_1441
IMG_1442
先日の腰痛患者さん。

受傷より8日目である。

とても働きもので、動くのもやっとなのに、先週の火曜から土曜まで働いていた。

痛みどめを飲みながら働いた日があり

それが痛みを助長させたこともあった。

現在鎮痛剤は服用していない。

昨日より、ひどい股関節痛。

動かすこともできないくらいだった。

いつものように、動こうとしたのだろうか。

朝、体が動いたので、自力で運転し来院。

腰の痛みが軽減したので

次に負担の大きい股関節の痛みが助長して感じられたのだろう。

画像は施術前後のもの。

左股関節の外転を改善させたいが

左腰椎の椎間関節にかかる負担が大きく

左股関節の他動モビリゼーションはほどほどにした。

施術中、腸骨筋を抑えると左股関節の外転が拡大した。

ただ、脚を開いていくと腰椎椎間関節に負担が大きくかかった。

それゆえ股関節の外転操作は中止した。

明日は股関節のJRCを行う予定だ。

 今回のひどい腰痛で

今までどれほど自分の体を酷使してきたか、やっとわかったそうだ。

じっくり治して、より楽しく生活が送れるよう私も精いっぱいサポートしたい。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

6月7日より通院されているひどい腰痛の患者さん。

椎間関節に炎症があり、前屈が困難である。

うつぶせで寝ると、起き上がれないほど悪化する。

1週間は安静にしていてもらいたいが、今日も仕事に行って来た。

日曜日から4日間休みをもらった。

骨盤ベルトをしてから、はたから見て動きが軽くなった。

痛める前から腰に不安感があった。

限度を超えて痛みが出たようだ。

仕事は、清掃業で、前屈位を取り続ける。

仙腸関節が悲鳴を上げている。

2次的に椎間関節がどうにもならなくなった。

前屈も後屈も、坐っているのも困難になった。

初日に仙腸関節のJRCをやってからは、坐っている姿勢が安定している。

だが、長時間座っていると腰に痛みが出てくる。

先日、うつぶせで腰に電療をしたが、通電終了後、起き上がる動作で痛みが出てきた。

腰に柔軟性がないためだ。

本来は、腰の反りが強いのかもしれない。

今日もうつ伏せで寝せると痛みが出ると思い、

坐って干渉波をかけた。

経過良好。

明日は当院も休みなので、土曜の治療はやわらかめにした。

院内で他の患者さんと話す声も大きくなり、腰の状態も良くなっていることを確信した。

腰部への包帯固定を解除した。

月曜で1週間となるので、治療が次のステップに行くことを祈る。

じっくりと腰痛をやわらげてあげたい。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

前に屈んだ時に出る腰痛の原因として考えられるものをいくつかあげる。

1.椎間関節の炎症

2.椎間板の損傷
 
3.椎間板ヘルニア
頸椎の椎間板ヘルニアでも、前屈時に髄膜症状が出て前屈が苦痛になることもある。

4.腰部の筋肉の損傷。

5.腰部の靭帯の損傷。

6.仙腸関節の損傷。

7.仙腸関節の可動障害。(可動不良、可可動性=動き過ぎ)

8.腰部周囲の筋膜の過緊張。

9.血行不良のため、腰部の柔軟性不足。
 血行不良になる原因は多いが、今回は列挙しない。

10.その他



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

6月6日に腰痛を覚えた。

6月7日に仕事に行ったが、悪化し、受診した。

同業者からの紹介により、来院された。IMG_1399
IMG_1403
昨日から治療が始まった。

施術の後半になると、笑顔が見られた。

昨日は、坐っていても我慢できないくらい痛かった。

とても働ける状態ではなかった。

この患者さんが悪いのは、腰椎の椎間関節。

ひとつひとつの腰椎を連節させる関節に炎症がある。

それゆえ、JRCをしても反応が悪い。

坐っていても腰痛だけは改善したが・・・。

通常は、前屈をすると、床に手のひらが着くそうだ。

痛みのため、現在は指が床にと届く程度である。

これは施術後もほとんど変化がなかった。

後屈に関しては、やや改善している。(上記の画像は施術前後の後屈の比較)。

ずっと坐っていられないというのは、椎間関節に問題があるのかもしれない。

JRC(関節可動回復矯正法)だけでは痛みは思うようにとれなかった。

前屈時の痛みがひどい。

それで、CDC療法という、師匠が考案開発をした電療を施した。

患部の安静を保ちながら、痛みがとれる電療である。

激しい痛みがあるときに、多用させていただいている。

骨盤ベルト、腰椎コルセットを装着し、施術終了とした。

cats



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

1.患部を温めない。

2.患部の安静を保つ。

3.冷却するものがあるときは、患部を冷却する。

4.ふわふわのソファー、ベッドの上で寝ない。

5.やむをえなく車の運転をする際は、背もたれを起こす。

6.運転中、腰椎の後わんが強くならないように腰椎の後ろに丸いクッションを入れる。タオルを丸めたものでもよい。

7.入浴は控える。

8.飲酒も控える。

9.症状がひどければ、患部を固定する。

10.可能であれば、車の運転はしない。

12.寝る時は、横向きで寝る。

13.仰向け、うつぶせが辛いときは、その体位をとらないようにする。

14.安静にしていて痛み・炎症が治まらないときは、受診する。

15.できるだけ、重いものを持たない。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

昨日も治療したのだが、痛みが戻ってしまった。

本日、4回目の治療。

半年前から股関節が痛く、最近腰痛も出てきた。
IMG_1149
IMG_1155
IMG_1150
IMG_1156
施術前は、昨日治療したのにもかかわらず、ROM(関節可動域)も戻ってしまった。

右足の開きが悪い。

症状を述べると

腰痛(股関節をかばうためと思う)

腰くだけになりそうである。

股関節のROM制限(あぐらがかけない。また、内側への動きもかなり硬い。)

歩行痛。

荷重痛。

右足全体のしびれ。

自発痛。(じっとしていても痛い)

階段で踏ん張りが効かない。

腰も股関節もどちらも悪い。

協調(連動)がうまくいっていないのかもしれない。

電療後、施術に入る。

仙腸関節のJRC

中殿筋

大腰筋

そして、腸骨筋の治療。

本日は、腸骨筋の治療が有効であった。

また、大腰筋の施術でも右足の外転角度は拡大した。

ただ、痛みの軽減には、腸骨筋の施術が有効であった。

施術後、「だいぶ楽になりました。」と言われ、帰宅した。

あと数回の治療は必要である。





RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

当院での固定法について

1.固定なし(症状の改善が著しい場合)

2.さらし固定(実費負担)

3.骨盤ベルト(有償なので、納得した患者さんのみ)

4.簡易コルセット(希望者のみ)

5.伸縮テープ(物理的な固定力は弱い。しかし、筋肉のサポートにより症状の緩解になることもある)

※できれば、固定に頼らなくてもすむレベルまで痛みをとるのが目標である。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

IMG_1128
IMG_1140
IMG_1129
腰痛と股関節痛の患者さん。3回目の施術。

1.2回目の施術では

治療後は楽になるが、翌日になると股関節の疼痛が戻ってしまう。
IMG_1132

これは、股関節周囲の筋の異常緊張があるのだ。

3回目の施術の内容を述べると

1.仙腸関節

2.大腰筋

3.中殿筋(股関節の悪い方はかたくなっている。)

4.さらに、腸骨筋の施術(悪い右側のみ)をした。

以上で、股関節の外転(外側への開き)はかなり改善した。

症状が改善し、ほっとした。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク

JRC(関節可動回復矯正法)前後のROM(関節可動域)の比較。

IMG_1107
IMG_1115
IMG_1106
IMG_1114

前屈で痛みが憎悪する。

仙腸関節のJRCで痛みが軽減。

大腰筋の治療で後屈も改善した。



RSS twitter livedoorクリップ Buzzurl Google Bookmarks delicious Yahoo!ブックマークに登録 はてなブックマーク はてなブックマーク
記事検索
最新記事
月別アーカイブ

むちうち治療 阿部整骨院 お問い合わせ:0288-26-5665