アベケンの現場レポート


各現場の工事進行状況などをレポートさせていただきました。

平塚市土屋 O様リクシルショールーム

おはようございます、柳下です。

5日に続き連続で案内をいたしました。
とても幸せな感じがします。

そして今日は、私本人が写真に写ることができる、とても珍しい日になりました。
この写真で、なぜだかわかる方もいるかもしれません。

まずは、システムキッチンから案内スタート!!
IMG_4871



















システムキッチンの扉の柄・色を選んでいる様子
後ろ姿ですが、私も写っています。
IMG_4877





















IMG_4874




















ユニットバスの案内
お客様は真剣に聞きながら、同じようにガラ・色を決めている様子です。
IMG_4880




















IMG_4882



















ユニットバスの一面アクセント壁
IMG_4884



















ここは、トイレの便器コーナー
IMG_4878




















室中のドアの色を案内している様子です。
IMG_4886




















リクシルさんではサッシ・水廻りの機器・フローリング・内装ドアなど
参考にし確認もできます、ショールームを上手に使って下さい。
とても便利です。
IMG_4891




















それでは、また。































平塚市菫平 N様リクシルショールーム

おはようございます、柳下です。

5日、6日と厚木は厚木鮎祭りで盛り上がっているようです、昨日の花火がメインのようですが、
6日の今日もアユのつかみ取りなどのイベントがあり、楽しそうです!!!

リクシル厚木ショールームでN様にお越しいただいて、水廻り4点セットの
標準仕様をリクシルのアドバイザーさんに説明してもらいました。
お客様の中には拘りや色・使い勝手などが少しづつ違うのでそうゆうのを
提案しながら決めていきます。
まずは、システムキッチンから収納の大きさなど使い勝手をお客様にお知らせしています。
IMG_4863





















IMG_4864




















ユニットバスの排水口は今こんな感じですよって、説明しています。
丁寧な説明でした。
IMG_4866





















ユニットバスの一面だけアクセントが付けられ選ぶことが出来ます。
お客様の良いセンスで決まっていきますね。
IMG_4867




















トイレの便器の色、手すりの色などはこちらのブースで決めます。
こんな感じで各ブースで丁寧な説明を受け、後日色など変えたいなという時は
リクシル厚木ショールームのアドバイザーさんに直接ご連絡してもらいます。
楽しく決められるので時間があっという間に過ぎます。
IMG_4869




















水廻り以外にもお家を作るのに決める事が盛りだくさん、
大変だけどお付き合いくださいね、
それでは、また。

大磯町大磯 H様 引渡し

こんにちは、柳下です。


新築工事より、大きな改修工事の請負金額の方が多くなる場合もあります。
H様は、システムキッチンやトイレの仕様などにこだわりがあるお客様でした。

奥さまへお礼の花束
IMG_4765




















記念写真
外観は黒です。
IMG_4770




















リクシルさんの説明を聞いています、
今後必要になるメンテナンスなどです。
IMG_4772




















H様お疲れ様でした、
何か不具合があれば、ご連絡ください。

それでは、また。

平塚市宮の前 K様邸 木工事

こんにちは、柳下です。


皆さんは七夕には行かれましたか?
開催場所は大変な賑わいのようです、ひと昔前は5日間でしたが、
今年は3日間なので、人も集中するのでしょうか、
あと屋台も通り3本が2本になり混雑の原因かもしれません。
込んでる方が、活気があっていいですよね!!
私は混んでいるので行きませんが・・・

宮の前の現場の進捗ですが、
棟梁大工さんが外部の軒天下地、サイディングの胴縁を施工し、
内部では、階段を応援の大工さんが付けていました。


階段の踏み板を加工しいる大工さん
1階から2階の階段は完成、2階から小屋裏への階段を施工中でした。
IMG_4557




















1階の室内で額などを吊るす金具を付けるため、少し広いエリアを
合板などで補強するので、範囲を打合せしているところ
お施主様と棟梁のやり取りを、私がその場で確認いたしました。
これで間違いなく進められます。
IMG_4559




















今月の22~23日は建築中の見学会を行います、
この状態からどのくらい進かな、あと2週間あります、
楽しみにしていてください。
それでは、また。

産業廃棄物の施設見学

おはようございます、柳下です。


家を造る、レストランで美味しい料理を調理する、おしゃれな洋服をつくると色々なかたちの製造業があります、私たちは物をつくりという仕事に携わっています、なので必ず廃材が出てしまいます。

それらを、分別するハイテク機械、さまざまな職種の職員の方達の作業、広大な施設などを見学に2つ日間で4ヶ所の施設を伺いました。


1日目の最初に埼玉県深谷市の㈱シタラ興産という、経済産業省ロボット導入実証事業認定工場です。
ここでは、ロボットが廃材を手で掴むようにして分別します。
分別は大きく分けて、風力・磁力・ふるい・比重差選別があります、何となく想像できますよね。

下の写真は、ゴミの種類ごとに別れています。
IMG_4425



















ベルトコンベアをゴミが通りロボットがつかみ分けていきます、設定を簡単に変えるだけで
鉄・ガラ・木など何を拾わせるか出来るそうです。
IMG_4429




















ロボットの後続にはベテラン職員が別の物を分別していました。
IMG_4428




















視察を終えると外に服などについたホコリを吹き飛ばしてくれるクリーンルームが有り
見学者対策もばっちりでした。
IMG_4437




















昼食は宇都宮餃子の「さつき」さんでこだわりの餃子を頂きました、
餃子だけで、焼き・水・揚げ・皮を使ったもの・中にフルーツが入ったもの全部で5種類あり、満腹です。

IMG_4441




















2か所目の施設は(有)トチコー産業
栃木県塩谷郡塩屋町にある、中間処理業リサイクルの会社です。
がれき(廃コンクリートなど)をRC40-0などの路盤材にし公共・民間工事に利用され、
そして、ガラスくず・陶磁器くず(コンクリートくず・瓦・タイルなど)からRB40-0をつくり民間工事に利用します。
RCはリサイクルした砕石でRBはリサイクルした砕石のB級品です。
IMG_4442




















2日目の1件目は安住㈱の最終処分場に伺いました。
栃木県那須塩原にあります、平成11年から現在も埋め立て中で
埋め立て容積は953,483立米とかなり広大な施設です。
IMG_4445




















(安定型)は廃プラがれき類など埋め立て後変化しない類です。
(管理型)というものがあるのですが、安定型の逆です、腐って形が変わったり
ガスなどを出す燃えカス・木くず・汚泥などです。
雨水処理など管理が大変そうです。
IMG_4447




















ここに埋まっています、写真に写りきらない広さ!
IMG_4449




















廃棄物をここから落とします。
ゴミの滑り台ですね。
IMG_4456



















責任者の方から説明など受けました、廃材を数m埋め、その上に土を50㎝かぶせ、
それを繰り返します、サンドイッチをイメージしてください。
IMG_4460




















2日目の2件目は、産業廃棄物処理プラントです、こちらは中間処理です。

IMG_4467




































受け入れピット、油泥ですホッパーでかき混ぜて均一にし
燃やします。
IMG_4476




















なかなかの臭気と見た目でした。
IMG_4477




















雑芥ピットもゴミを混ぜていますこちらも燃やします、温水バイナリー発電設備で
サーマルリサイクルします。
 焼却の際に発生する熱エネルギーを回収・利用することです。

焼却の際出る煙も排ガスを分析計により24時間監視しているようです。
IMG_4479




















4ヶ所産業廃棄物の施設を見学させてもらい廃棄物を出す際の考え方が変わります、
まずは、分別するということです、いないとは思いますが、たばこの吸い殻を空き缶に入れたりペットボトルに入れたりすることはダメですよね!
現場でも段ボール、プラ、木くずなどなるべく資源ごみとして扱うようにしたいです。
造ることも廃棄物の事も意識を上げなくてはいけません、大変勉強になりました。

それでは、また。

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ