2017年04月13日

湯沢城址公園、遊歩道完成!!

こんにちは、柴田です。

新年度が始まり2週間過ぎましたね。
新しい環境に慣れましたか?
全く変わらない方もいるのかな??

我が家は、無事息子が高校に進学しました。
これで、私のタイムスケジュールが一変
学校へ送るため出勤時間が30分以上早まりました。
しかも、お弁当作りも始まり朝は大変。
今まで朝に洗濯をしていたのを夜に済ませています。
仕事帰りに子供を乗せて帰宅。
まあ、忙しい事・・・・・
新学期のいろいろな行事もあり、落ち着くのはもう少し先になりそうです。

では、今日のトピックス・湯沢城址公園のお話です。

湯沢にお城があったのをご存知でしょうか?
湯沢市役所前の中央公園、ここにお城があったのです。

簡単な歴史は・・・

鎌倉幕府が開かれた頃、下野国(現栃木県)の小野寺道綱が雄勝郡を治めるよう命じられました。

1242年頃道綱の子孫・小野寺経道(おのでらつぐみち)が稲庭城を築きました。
そして、雄勝郡の重要な場所にお城(砦)を築いていきます。
経道と長男が稲庭城を守り、次男が西馬音内城・三男が湯沢城を築くことになり、
1277年(738年前)三男道定が湯沢城を築きました。
小野寺一族の支配は、最上氏の支配下になるまで、318年間続きました。
その後、最上氏の武将楯岡満茂が18年間城主を務めます。

1602年に佐竹氏が秋田の久保田城へ移り、湯沢城は佐竹南家が入りましたが、
1620年に一国一城令により、湯沢城は壊されました。
佐竹南家は、湯沢市役所の場所に屋敷を構え、明治まで湯沢を治めました。

その後、小学校が建てられ「がっこ山」と呼ばれ、市民に親しまれてきました。
今では湯沢中央公園として、市民の憩いの場になっています。

湯沢市役所のロビーに「がっこ山」のジオラマがあります。
ぜひ、お立ち寄りになり、ご覧になってください。

長くなりましたので、次回散策路の紹介をします。
お楽しみに!!



aberyokan at 16:04│Comments(0)TrackBack(0)ブログ 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
月別アーカイブ