2013年05月

クワガタ

画像1

朝、いつもの神社の境内にて遭遇!コクワガタのメスですね。小学生の頃、僕たちはクワガタのことを「ゲンジ」と言いました。そしてメスのゲンジは、坊主ゲンジと呼びました。ツノが短いメスを、髪の毛が短いボウズに言い換えたんですね。地方によって色々な呼び名があるのも面白いです。

増田酒造

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

画像1

奈良県天理市の市街地から東の山中の集落、岩屋町にある増田酒造さんを訪ねました。蔵は思った以上に山の中にありました。これまでは、経済酒を中心に造られていましたが、方向を一転。「神韻・しんいん」というブランドにて、数種類の純米吟醸酒と純米酒(生原酒と火入れ酒がある)を少量(本年は30石)手造りされています。

先日、黒瀬杜氏と増田常務さんが来られ色々とお話をお聞きしたのですが、現場を見たくて見学に行ってきました。創業は寛永2年、386年前だそうです。仕込水は、蔵の場所よりさらに山奥から引き込み使用。麹室は、プレハブ冷蔵庫を改造して利用するなどユニークです。しっかりしたコクのある濃い酒質が印象的。「また踏み出したばかりです」という杜氏さんの言葉どおり、今後が楽しみな蔵でした。

今宵の家呑みの〆は

画像1

今宵の家呑みの〆はコレ。開栓三日目、ようやくほどけてきたぞ(^_^)

白瀑 純米大吟醸 「礼」

画像1

父の日やお中元用などの贈答用に大人気の秋田 白瀑の純米大吟醸「礼」が入荷です。白瀑は今年の新酒鑑評会にて見事「金賞」を受賞されました。その蔵の純米大吟醸が特性の木箱に入っています。

蔵元曰く、実はこれに使用している木箱は、秋田杉の板の中でも最高級の柾目(木目が縦に入っている)を使用しているので結構高価です。5~6年前に発売した時は百本ほどでしたので、サービス品として採算度外視してましたが、今では2千本を超えて、大赤字商品となっております。現在、当社商品で売れて困る商品はこの「礼」のみとなっております(笑)。

全量 山田錦を使用し、精米歩合は40%、その上秋田杉の木箱に入ってこの価格は驚き!数量限定です。

◎白瀑 純米大吟醸 「礼」 720ml / 3,000円

九郎右衛門

画像1

突然でびっくり!でもうれしかった。九郎右衛門でお馴染みの長野の湯川酒造店 湯川尚子社長がお越しになりました。今年の造りのこと、次の造りへの想いなど、短い時間でしたが、色々と話をお聞きする事ができました。今度はだんなさんの慎一杜氏さんも一緒に、関西で「九郎右衛門を楽しむ会」を開催しましょう。その際はみなさんよろしくお願いしますね。