2013年12月

大晦日

画像1

本年最後の営業日。ご来店頂いた多くのお客様と「来年もよろしくお願い致します。よいお年を」という挨拶を交わします。いよいよ今年もあとわずか。おかげさまで最後まで忙しい年の瀬を過ごさせて頂いております。

今年最後の新着は、若駒のあさひの夢 純米無加圧生原酒と満寿泉の純米生原酒&純米吟醸生酒。若駒のラベルは「馬」。「限定の干支ラベル?」って聞かれることもありますが、年中「馬ラベル」です(笑)。

改めまして、今年も本当に多くの方にご利用頂き深く感謝申し上げます。これからもいっそう商品とサービスの向上に努めてまいります。どうぞ来年もお引き立て頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。みなさまにとって、2014年が良い年となりますように。

干支ボトル

画像1

やっと着ました!毎年恒例の干支ボトルが入荷。イタリヤは、ベネチアから取り寄せた「干支」が浮き掘りになったボトルに、蔵元が自慢の逸品を詰めています。ちょっとしたギフトとしてもとてもオシャレです。年末年始の挨拶に持参するととても喜ばれると、毎年ご購入される方もいます。

◎満寿泉 限定大吟醸(富山県)300ml / 1,500円
◎南部美人 特別純米(岩手県)300ml / 1,200円

風の森

画像1

風の森のニューフェイスが入荷です。ALPHA 風の森、「アルファーかぜのもり」と言います。使用米は「秋津穂」、精米歩合は65%です。最大の特徴はアルコール度が14度ということです。先日、蔵に伺った際に、専務から「僕はあまり強くないので、そんな僕でも飲めようなそして飲み疲れないようなお酒を造りたかったんです。僕が一番飲みたいお酒なんです(笑)」というお話でした。

風の森はフランスなど海外にも輸出されていますが、その際によく比較さけるのがワインです。ワインはアルコール度が12~14度代のものが多く、通常の風の森の17度よりやや低いのです。日本酒もワインも同じ醸造酒、なら同じ度数で提案したいと考えられたのかなぁと。これは僕が勝手に思っていることです。

さて、実際に飲んでみると、薄いかなぁと想像していましたが、意外と旨味がしっかりあってしかもキレはとても良いのです。他の14度代のお酒とは、まったく違います。僕の場合は飲みすぎに注意です、(^^;)

◎ALPHA 風の森 純米生酒
720ml / 1,102円  1800ml / 2,194円

風の森 山田錦80

画像1

風の森のニューフェイス、山田錦80% 純米しぼり華と秋津穂50%の純米大吟醸も25BYの新酒で入荷です。でも山田錦80%は今日は720mlだけでした。一升瓶は明日かなぁ?

新着色々、第2便

画像1

新着色々 第二便でございます。今回も個々にアップする時間が無いので、まとめてご紹介させて頂きます。(^^;)  向かって左側から~

◎不動 吟醸にごり酒 1800ml / 2,800円
 フルーティな香り高く、シュワシュワ感もありオリの量、半分くらい有る

◎丸にぼーいち 純米吟醸 あらばしり 720ml / 1,344円 1800ml / 2,709円
 やさしくクリィーミィな味わいが広がる。近頃流行りの新感覚?

◎手取川 辛口・純米  生酒 720ml / 1,260円 1800ml / 2,625円
 旨味あるのにサラリと切れる。鍋料理を食しながら飲みたい。

◎瀧自慢 純米吟醸 山田錦×八反錦  720ml / 1,523円 1800ml / 2,960円
 新酒ではないのですが、瀧自慢の限定酒。これもちょっぴりクリーミィです。

◎神韻 純米吟醸 無濾過生原酒 美山錦40%  720ml / 1,764円 1800ml / 2,940円
 今年の神韻は中々いいです。フルーティでやさしく上品!

新酒入荷はまだまだ続きます。