2016年10月

ALPHA 風の森 TYPE1 価格改定


この度風の森ではALPHA TYPE1の720mlをリニューアルし、従来の瓶形とは異なる新しい瓶形にリニューアルされました。それに伴い価格改定となりました。また1.8Lにつきましても、11月入荷分より価格改定となります。
 
◎ALPHA 風の森 TYPE1 次章への扉
 720ml / 1,150円  1800ml / 2,200円(税抜) 新価格

「サダコロ」出張販売&日本酒とワイン試飲販売のお知らせ

「サダコロ」出張販売&日本酒とワイン試飲販売のお知らせ
 
 
私の妹が京都の木津市で、手作りのパン屋(サダコロと言います)をしています。これまで何度か当店で出張販売をしてくれましたが、毎回ご好評を頂いており、また今回も開催させて頂くことになりました。妹のパンはハード系が中心で、お酒にもよく合うと言われます。それなら試飲会も一緒に開催しようということで、ワインや日本酒の試飲をご用意します。パンはハード系、ソフト系、焼き菓子などを予定しています。
 
パン屋のキッチン sadacoro サダコロ
 
パンの試食はご用意していません。販売のみとなります。特にご予約の必要はございません。
 
日本酒の出品酒も決定です!まず、奈良県吉野の「花巴 山廃純米 雄町 秋あがり」山廃仕込みの持つ深みのある旨味、やや熟成感のある味わい、お燗も美味しいです。次に奈良県葛城市の「梅乃宿 奈良流五段 露葉風 純米吟醸」です。江戸時代初期の技法「奈良流」を復活させ仕込んだお酒。甘酸っぱい旨味と滑らかな喉ごし。最後は新潟から「高千代 純米大吟醸 無調整原酒」爽やかな酸味が出る多酸性酵母のKT901を使い、とてもジューシーな味わいに仕上がっています。
 
それでは皆様、どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。
 

ALPHA 風の森 TYPE3 純米大吟醸


新着情報!「ALPHA 風の森 TYPE3」 テーマは「世界への架け橋」搾りたてのフレッシュでライブ感溢れる日本酒。これを安定的な品質で、世界中のお客様にも楽しんでいただけるよう設計(輸出仕様)。通常の「風の森」では行っていない「火入れ」の操作を行っています。しかし、まるで搾りたての様なイキイキとした味わいやガス感をお楽しみいただけるのが特徴です。
 
◎ALPHA 風の森 TYPE3 純米大吟醸  720ml / 1,800円(税抜)

季の美 京都ドライジン


国産モノはとても少ないという蒸留酒「ジン」、日本初のクラフトジン蒸留所の「京都蒸溜所」から日本ならではのボタニカル(植物)を使用した、スーパープレミアム クラフトジン「季の美 京都ドライジン」が入荷です。「季の美」は、ヨーロッパで生まれたジンの伝統に、京都をはじめ日本各地で厳選した「和」のエッセンスを加え、スーパープレミアム クラフトジンというワンランク上のカテゴリーの創造を目指しています。
 
要となるベーススピリッツは、通常のジンの製造に用いられる雑穀や廃糖蜜のスピリッツではなく、お米からつくるライススピリッツを使用しています。お米ならではの甘い香りと丸みのある口当たりが贅沢な味わいを生み出します。
 
ボタニカルには玉露や柚子、ヒノキや山椒など日本ならではの素材を積極的に取り入れています。それぞれの個性を最大限に引き出すために「シトラス」、「フローラル」、「スパイス」など6つのグループに分け、別々に蒸溜したものをブレンドする非常に独特な製法を用いました。伏見の柔らかくきめ細やかな伏流水も「季の美」に欠かせない重要な役割を果たしています。
 
ボトルは「和」を強調した墨色のボトルに、日本で唯一江戸時代から続く唐紙屋を継承するKIRA KARACHO(雲母唐長)が文様監修したデザインを用いています、板木から手摺して生まれた美しい唐紙の文様をスクリーンプリントし日本の四季を表現しています。原料からデザインに至るまで雅の世界を追求したのが「季の美 京都ドライジン」です。
 
◎季の美 京都ドライジン 45° 700ml / 5,000円(税抜き)

花巴 長期熟成酒


新着情報です。花巴から長期熟成酒が二種入荷しました。どちらも酸を追及する花巴の歴史が詰まったお酒です。27年熟成の1988年は、酒造好適米を初めて使った記念にタンクで囲っていた本醸造のお酒です。そのお酒を2年前に瓶詰し現在は瓶貯蔵となっています。 そして12年熟成の2003年の純米酒、長期熟成の可能性を感じる甘酸っぱい雰囲気を持っています。27年物と12年物、色合いも差がありますね。
 
◎花巴 長期熟成酒 1988年 本醸造 375ml / 2,200円(税抜き)
◎花巴 長期熟成酒 2003年 純米酒 375ml / 1,800円(税抜き)