安部塾創作演舞部

創作演舞やってます

型にとらわれない自由な発想で創作舞を楽しんでいます。

白山神社(糸島)~菊理媛と八岐大蛇~白山と伊吹山

19756910_1590114151020938_433032017904769162_n

糸島にある白山神社に、参拝してきました。

菊理媛(くくりひめ)神様が、祀られておられます。

日本書紀の一書(第十)に、こんなエピソードがあります。

その妻(=伊弉冉尊)と泉平坂(よもつひらさか)で相争うとき、伊奘諾尊が言われるのに、「私が始め悲しみ慕ったのは、私が弱かったからだ」と。

 このとき泉守道者(よもつちもりびと)が申し上げていうのに、「伊弉冉尊からのお言葉があります。『私はあなたと、すでに国を生みました。なぜにこの上、生むことを求めるのでしょうか。私はこの国に留まりますので、ご一緒には還れません』とおっしゃっております」と。

 このとき菊理媛神が、申し上げられることがあった。伊奘諾尊はこれをお聞きになり、ほめられた。そして、その場を去られた。

神産みで伊弉冉尊(いざなみ)に逢いに黄泉を訪問した伊奘諾尊(いざなぎ)は、伊弉冉尊の変わり果てた姿を見て逃げ出した。しかし泉津平坂(黄泉比良坂)で追いつかれ、伊弉冉尊と口論になる。 そこに泉守道者が現れ、伊弉冉尊の言葉を取継いで「一緒に帰ることはできない」と言った。 つづいてあらわれた菊理媛神が何かを言うと、伊奘諾尊はそれ(泉守道者と菊理媛神が申し上げた事)を褒め、帰って行った、とある。

この説話から、菊理媛神は伊奘諾尊と伊弉冉尊を仲直りさせたとして、縁結びの神とされている。 夜見国で伊弉冉尊に仕える女神とも。神名の「ククリ」は「括り」の意で、伊奘諾尊と伊弉冉尊の仲を取り持ったことからの神名と考えられる。

※以上、
菊理媛神より。

こちらのサイトの記事が素敵です。
 ↓
伊吹山に関連して その3



さて、こんな説があります。

「百」から「一」を引くと「九十九」です。

「くく」ですね。

「百」から「一」を引くと「白」です。

「白山」ですね。

面白い説だと思います。


白山の近くに伊吹山があります。

伊吹山と言えば、八岐大蛇です。

八岐大蛇には、頭が8つ・尾が8つあります。

菊の紋ですね。


svg


そんなわけで、10月に奥出雲にまいります。

八雲神詠(大蛇退治)

なんという表現力!






結びの舞

「舞は初めて」という顔ぶれでのぞんだ「結びの舞」。

17757397_1264341000310695_573714873118827151_n

17523585_1264339270310868_163641820514850022_n

17629763_1264339373644191_7917849987715123426_n


予想以上に、素敵な時間となりました。

真摯に舞うということが、いちばん大切なことなのだと思いました。
 
ギャラリー
  • 白山神社(糸島)~菊理媛と八岐大蛇~白山と伊吹山
  • 白山神社(糸島)~菊理媛と八岐大蛇~白山と伊吹山
  • 八雲神詠(大蛇退治)
  • 八雲神詠(大蛇退治)
  • 結びの舞
  • 結びの舞
  • 結びの舞
  • 阿多隼人まつり・安部塾神舞本番
  • 阿多隼人まつり・安部塾神舞本番
  • ライブドアブログ