barfly diary

daily voice of nobuo yamada (abh) / since 2005 https://www.abh-oto-yamada.com/ https://www.instagram.com/abh_yamada/

July 2009

b3336a11.JPG2009, 6-28

de0ccc25.JPGウェット気質の紳助にはまったく興味がないのでスルーしてた先日の26時間テレビ。それでも(寝る前にたまたま付けたらやってた)さんま+中居(+紳助)の恒例トーク〜カマ騒ぎの流れだけは観てた。トークは普通にダラダラ楽しんだけれど、何より嬉しい真夜中の(生)プレゼントだったのが(前回から続く)ビートたけしの中継3態。特にラストの「火薬田ドン」にはある種の幸福感も引き連れてのご褒美鑑賞タイムだった(ビートさんありがとー!)。...やっぱり僕は(監督や役者ヅラでなく)こんなくだらない寸劇を生き生きとやり続ける時のビートたけしが最も愛くるしく大好きですね(年と共に伝統芸化していく気配)。/(と同時に、一緒に乗っかって楽しんでいたさんまと違い、真顔で妙な角度から感心してた紳助のズレ方は、もはやお笑いとは別のポジションにる人なんだな、って感じた)。

f74bfe00.JPGWhen: 2009, 6-28
Where: Musashimurayama

遠くにいい感じの錆び錆び小屋を見つけたのでそこ目指したらけっこう歩いてしまった(イオンモールの近くまで)。さすがにこぶらはバテバテ。

cecf9a7b.JPGWhen: 2009, 6-28
Where: Musashimurayama

10a60e8c.JPGWhen: 2009, 6-28
Where: Musashimurayama

この日、新青梅街道沿いのリサイクル屋に向かったついでにその周辺(武蔵村山ゾーン)をこぶの散歩がてら散策。程よく閑散として何処か置いてけぼりになってるようなこのエリアの空虚さはそんなに嫌いじゃない。

1be71b41.JPG2009, 6-24

9fe12b53.JPG2009, 6-24

前はそんなでも無かった気がするんだけど...短鼻系は暑さには弱い、にしても最近のこぶらはすぐバテバテになる、どーしたもんか。

15b61f89.JPGWhen: 2009,6-24
Where: Kodaira

光りの季節になってきた事を身体で感じる(...って書いている今7月下旬は雨模様)。

923bb43e.JPGWhen: 2009, 6-23
Where: Sayamainariyama Park

僕の中で何度となく繰り返されるテーマだけれど...都心部という中心軸から離れて(ズレて)行こうとする流れ、言い返ると自分の中の「郊外性」という事にもなるのだけれど、都会でも田舎でもない「郊外」という、自然と人工のポッカリ荒涼バランスはやはり僕の指向の根っこにあるのかも知れない。

前回の行動の流れのまま所沢をさらに上がって入間方面へ走らす。...自分にとって「入間」というエリアは一度足を運んでみたかった場所。あくまでもイメージ先行なのだけれど...かつてこのエリアの米軍ハウスに住んでいた(はっぴいえんど期の)細野晴臣やミュージシャン仲間、福生には大瀧詠一がいて、立川・八王子界隈ではユーミン...と、日本の良質音楽の創成期を築いた(当時の)若者アーティストが分布されたエリアの一つ。加えて(同イメージの流れで)「狭山稲荷山公園」に対しても妙に70's 和製ヒッピーの残り香があるような勝手な思いもありで。

平日の午後もあってか人もまばらで(いい意味で)閑散とした空間。僕の勝手な思い込み程のヒッピー的トリップ臭は感じられなかったけれど、それでも整備され過ぎていない、いい具合の自然公園。パシャパシャやりながらグルっと1周歩く。日射しが綺麗だった。公園の裏の方に隣接している住宅エリアも歩く。そこはちょっと(ココロ的に)豊かなライフスタイルを送っている感じの家々があり、ちょっと羨ましい。

この入間へ向かう途中、フと左の路地みたら米軍ハウスゾーンが見えたのですかさず入ってみる。「まだ残ってた」っていう具合の数棟が連なっていただけだけど、やはり家に雰囲気があってキュート。

ただ、やっぱりココから入間方面まで車で1時間近くはかかってしまい、「ちょっと遠いなぁ」...という印象は持ってしまった。僕にとっての郊外という意味合いって都心部に対しての「中心逸れ」という一つの輪郭の中で成立している反動関係って思っているのだけれど、入間や狭山までの距離になってしまうと、そっちの方でまた別のエリアとしての中心軸があったりするので、都市部から西側(多摩部)へ移行する意識の持続が一旦(途中で)途切れてしまう感覚になってしまった。ただ、今回は時間がない中でのざっと行きだったので再度向かったらまた印象は変わるかも知れない(実際、街道沿いってそれほど面白いものでもないので、もっとランダムに街中を入り込んだら色々発見はあるかと思う)。

帰りがけは狭山市エリアをグルっと回って。入間川を渡って(個人的にちょっと好みな)工業団地ゾーンがあり、ちょっと下りて看板を一つパシャリ(写真右下)。

狭山稲荷山公園:Wikipedia

192436a6.JPGWhen: 2009, 6-23
Where: Tokorozawa

そのちょっと先に潰れたガソリンスタンドが。そこの壁のテクスチャーを。

62326870.JPGWhen: 2009, 6-23
Where: Tokorozawa

すでに最近述べている事なんだけれど、自身の行動範囲というものに年齢と共に(?)変化が表れているのが分る。今、渋谷とか原宿とか青山とか、都心部へ行こうという気持ちはほとんど浮かばないし、実際にそっちへ足を運んだ事は今年になって1回あったかどーだか、という感じ。そもそも都心部への目的意識が生まれない。何故だろう...多分、消費機能としての街空間というものに興味がないっていうのもあるかと思う(今や本やCDレコード程度ならネットで買えるし)。

...という事で、おのずと行動範囲は西の方角に移行している流れでのこの日、小金井街道をずっと上がっていって所沢から入間・狭山エリアまでドライビング。途中、所沢市に入ったあたりで見かけた綺麗な錆び色のむき出し鉄柱が造形的に美しかったのでパシャリ。

2bb147fe.JPGWhen: 2009, 6-17/18
Where: Fuchu/Kodaira

全然関係ないけれど、昨日MDウォークマンをずっと聴いていて、例えばAのディスクが終わったので、次のBのディスクを入れて聴こうとしたら、取り出したはずのAのディスクの曲が頭から流れた!...という怪現象が。これは以前も一度同様の現象があった事があって、その時は(まずあり得ないって思ったので)ちょっとした気のせいでしょう..って思ってた。でも、昨日は確実に目で「Aのディスクはここにあるよな!」...と確認しつつ、(Bのディスクが挿入中の)ウォークマンからはAのディスクの曲が流れていた。

...当然詳しくは分らないのだけれど、例えばこのテの機器って勝手に(前回のディスクの内容の)記憶とか記録とか残ってしまう時があるんだろーか?そして決してこの現象は怪でなく、時たまあったりする事なんだろーか?(他にもそーいう事になった人いるのだろーか)/(...ちょっとだけ恐くなって)流れているAディスクの曲をすぐに消して再度プレイしたら今度は正常にBディスクが流れたけれど、もしこのままずっと流していたらずっとAディスクの曲が最後まで流れたんだろーか?

bc134d2e.JPG2009, 6-12

ある時期から地元における行動エリアはほぼ完全に(都心向きとは逆の)西側に移行している。中心から逸れていこうとする何か。東京の郊外(端っこ)。カントリー・オブ・シティ。

40ae5458.JPGWhen: 2009, 6-9/12/14
Where: Nishitokyo/Musashimurayama/Kunitachi

c080bc83.JPG2009, 6-7

6a88c4c5.JPG2009, 6-4

たまにボールで遊ぶ機会があったりするとけっこうこぶは食い付きよく遊んでたんで、前に安いボールを買ってきたら案の定かなりの食い付き。...これは人間が忙しい時とか勝手に遊んでくれて助かると、最近はもっぱらこれなのだけれど、すぐに隅っこにボールを追いやってしまい、それに向かって吠えてるだけになってしまっていたので、ちょっと考えて今は天井からヒモで吊るしてる。これなら振り子のようにあっちゃこっちゃこぶがヘディングしてほぼエンドレス的に遊べるのでいい感じ(ただ、彼も飽き症なので適度な時間で取り上げてプレイの鮮度をなるべくキープ)。

0bcb17ae.JPG2009, 6-4

↑このページのトップヘ