クラスお知らせブログ

クラスを受講してくださっている方へのお知らせ用のブログです。 練習のまとめやポイントを書いていますので参考にしてみてください。 クラスの曜日別にカテゴリ分けをしてあります。 ご自分が受講されている曜日のカテゴリをクリックすると練習の履歴がご覧頂けます。

クラスを受講してくださっている方へのお知らせ用のブログです。 練習のまとめやポイントを書いていますので参考にしてみてください。 クラスの曜日別にカテゴリ分けをしてあります。 ご自分が受講されている曜日のカテゴリをクリックすると練習の履歴がご覧頂けます。

 
今日はスタートとして正しいスタンス(足幅)をキープすることの重要さについてご説明しました。

肩幅に平行に立ち、右足を一足分引く。

この足幅をキープすることで身体を安定させることができ、速く強いパンチとキックを繰り出すことを可能にします。

また動画をご覧頂けるとお分かりになるように、前後左右に自在に動きつつもスタンスが一定である。ここが大切です。

まず、正しいスタンス、そしてそれに伴う正しいステップからスタートして頂くといいと思います。


今日は脚力強化を目的として膝蹴りを特にポイントとして練習しました。

今まで練習した右膝蹴りに加えまして左膝蹴りも初めて練習しました。

足技を様々練習することでテクニックを覚えて頂くと共に脚力を強化し体力づくり、ダイエットにつなげていきます。

動画はクラス最後に皆さんに膝蹴りのお手本としてお見せしたフルバージョンです。

赤の選手、ジョムトーン・チューワッタナは15才でチャンピオンになり、タイトル獲得最年少記録を保持していました。

もうだいぶ歳を取り、動画でも1分32秒辺りで相手の右膝蹴りが効いてしまいピンチを迎えますが、最後にジョムトーンの左膝でKOしました。

このように膝蹴りでKOになる試合もあります。


今日は前半キツめのメニューにして、余計な力を入れられないようにしてから、最後にシャドーで肩の力を抜き、スムーズにパンチが打てるように練習しましました。

ですので最後のシャドーのパンチの感覚を覚えておいて頂けるといいと思います。


動画の選手は1980年代にタイで活躍したチャンピオン、サーマートです。

動画の前半の赤のトランクスの選手です。

身体が脱力しつつ、前蹴りとパンチが打てているのがおわかりになると思います。

↑このページのトップヘ