ind_main_expression


レッスンポイント
1.自分と周囲の人との間にある「境界線」について学ぶ。
2.境界線を引く際の基準について知る。


242b8618




l_bn_voice

【20代女性:鍼灸師:アロマセラピスト:心理カウンセラー


境界線を引くためには、自分の境界線を知ることから
始まるという言葉がとても印象的でした。

 

自分の限界がどこにあるのかわからず、
やりすぎてしまうことが多々あるので、
もし自分で「このくらいかな」とわかるようになったら、
今以上に安心して毎日を過ごすことができるような気がします。

 

人との関わりの中で、引っかかることや、
少し嫌だなと思うことがあったら
境界線を超えているのかもしれない、とか、
そのことを考えると汗をかくなどの体からの
シグナルに気づく、など、日常で見つけられそうなことを
学べたので、次回まで自分の境界線を見つける意識を持って
過ごしていきたいと思いました。

 

一緒に受講されている方がいることで、
他の人の感覚や自分との違いを知ることができて、
学びが深まる感じがとてもありがたく思います。

 

ありがとうございました!」


【女性:主婦:マリッジカウンセラー

今回は「境界線を引く」ということを学びました。

私は受講は3回目になりますが、前回、前々回と自分の境界線を比べると

変化したところもあれば、そのままのところもあることに気づきました。

 

自分の境界線はその時の状況や、気持ちの余裕があるなしで
大きく変化することもあり、もちろん他人も
そうであるということがよく理解できます。

 

相手の言動に対して否定的な感情を感じた時には
「境界線を引く」または「相手と擦り合わせる必要がある」という
シグナルであるということを、常に念頭に置いておきたいです。

 

それから、相手にはっきりと自分の考えや意見を伝えていないのに、
相手にわかってもらいたい(言わなくても気づいて欲しい、察して欲しい)
というのは、自己表現の考え方で言うと「依存になる」ということに納得しました。

83915390
『自己表現講座11:
境界線を引く機戮任

国と国の間には国境線があります。
「ここからここまでが私の国」、
「ここから先はあなたの国」と明確に区別しています。
もしも、片方がその国境線を越えたいと思うのであれば、
所定の手続きを経る必要があるでしょう。

これは、私達人間においても同じです。
「私」にも「あなた」にも境界線があります。

自分自身の価値観、基準、プライバシー、生き方等々…。

この講座では、自分と周りの人々との「境界線」の基準、
決め手となるものについて学びます。
ind_course_04

社会文化功労賞受賞
アビリティーブラッシュアップスクールHP
3e348f3a-s
アビリティーメンタルトリートメントスクールHP
メンタルHPブログバナー(Rマーク付き)

研修やインストラクターブログはこちらです

4e9a3bb4-s
セラピーブログはこちらです
b2fa7083-s
ブライダルブログはこちらです
95c953b7-s
代表長谷川祐子ブログはこちらです
tch_img_hasegawa_bnt_blog
代表長谷川祐子フェイスブックはこちらです
tch_img_hasegawa_bnt_fb