cus_exp_main



レッスンポイント

1.
これまで学んだ点を「心の基本的人権」として振り返る。
2.10項目のうち、「第1条」から「第4条」までの「権利」を考える。

 IMG_6314



l_bn_voice

【女性:鍼灸師:アロマセラピスト:サロン経営者

「こころの基本的人権について学びました。
一番印象的だったところは、社会的常識や役割意識といった
「こうあるべき」という縛りによって、
自分が生きる目的を
見失ってしまうことが
ないようにするのが大切というお話しでした。
人として社会で生きていく上で、
最低限守らなければならない
ルールはありますが、
そのこと以上に過度に周囲の声や影響を受け、
反応し過ぎてしまうと、自分の本来の気持ちが
見えにくくなってしまうことってあるなと思いました。

自分も、自分の周りの人も同じように、
その人らしく生きる権利があり、
お互いにそれを
大切にしていけるというのは
すごく良い関係だなと感じました。

また、講座の中で、長谷川先生から
「受け流せるようになったんですね」と言われたとき、
これを受け流すという、ハッとした気づきがありました。
自分自身ではわからなかったですが、

今回の講座を通して、
人の言動をあまり
気にしなくなっている自分にも気がつくことができ、
そんな自分を知れたのも嬉しかったです。
受講生の方々の質問で学びが深まる感じがあり、
皆さんの経験談を通してもとても勉強になりました。
ありがとうございました!


【女性:看護師:保険師

 知人が、「親の勧める人生設計に乗りたくないのに乗っている自分が嫌だ」
と言っているのを最近聞いたところだったので、
レッスン後半の「世の中の価値の尺度」に
通じる話だなあと振り返っていました。
医療系以外の職種につこうとしている自分の選択に、
やはり自信をもっていいんだなと改めて感じさせてもらえた時間でした。
 また、

 ・関係を断つ

・待ってもいい

・カウンセリングを通して出てきた選択肢

といういくつかの選択肢を頭に置いて、
比べてみるという考えかたが、
今回印象に残ったところでした。
私はなにか人間関係などで悩んだ時には、
選択肢を出さずに「どう考えて、どう振る舞うのがベターなんだろう」と
ひとつの答えを探してしまうことが多いと気付きました。
 いくつかの道があり、どれを選ぶか考える、という
スタンスを知っておくことは、問題を俯瞰でみるということにつながり、
持っていた方がいい視点だと感じました。


【女性:看護師

講義を受けて、自分も知らず知らずのうちに
「こうあるべき」という概念に
とらわれていたことに気付かされた。
社会がどうとか、他人の目がどうという
考えを受け止めつつ、自分はどうしたいのか、
自分もOKで相手もOKであることを認めると
心が楽に過ごせそうだと感じた。


またその際には、1回で答えを出さなくても、
何度も相手とコミュニケーションを重ねていきながら
着地点を探していけば良いことも学んだ。
そこで結果的に、相手から「変わったね」と
言われようが、自分が考えついた土俵に、
もうその相手がいなくなっただけのことなので、
今はこの人と距離を置くタイミングなのかな、
という選択肢もあっていいと学んだ。


感情の表現については、相手と共に出来る喜怒哀楽は
表現にブレーキをかけなくても良いのかな、と思った。
(共に試験に落ちた友達と悲しみ合うとか、
態度の悪い店員に友達と共に怒るなど)

しかし、一方的に感情を抱いた場合について、
感情は生理現象であるので表現にはエチケットをもって
表現していく方法を今後も学んでいきたい。


『自己表現講座15:あなたの心の「基本的人権」機戮任

「人間が人間らしい生活をするうえで、
生まれながらにしてもっている権利」…
これを基本的人権といいます。
日本国憲法ではこの「基本的人権」が
「侵すことのできない永久の権利」として、
自由に生きる権利、平等である権利、教育を受けて
人間らしい生活を営んでゆく権利が保障されています。

身体の面と同様に、私達の「心」にも
「基本的人権」があります。
だれにも縛られることなく、
自分らしい表現で自分の望む人生を生きること。
そしてありのままの感情を感じ、
考え、行動し、失敗から学び、成長する権利…。

この講座では、10カ条の「心の基本的人権」のうち、
第1条から第4条まで学びます。
人として生まれた以上、あなたはこの基本的人権に基づき、
自分の心のままに、自分らしく生きていいのです。

ind_course_04

社会文化功労賞受賞
アビリティーブラッシュアップスクールHP
3e348f3a-s
アビリティーメンタルトリートメントスクールHP
メンタルHPブログバナー(Rマーク付き)

研修やインストラクターブログはこちらです

4e9a3bb4-s
セラピーブログはこちらです
b2fa7083-s
ブライダルブログはこちらです
95c953b7-s
代表長谷川祐子ブログはこちらです
tch_img_hasegawa_bnt_blog
代表長谷川祐子フェイスブックはこちらです
tch_img_hasegawa_bnt_fb