ind_main_communication

トレーニングポイント:相手の話をしっかりと「正確に受け止める」ことの大切さ

1.相手の話を「正確に受け止める」ことはなぜ重要なのか
2.「正確に受け止める」ための、うなずき、あいづち、オウム返し、要約の使い方

IMG_6322

l_bn_voice

【女性:鍼灸師:アロマセラピスト

今回も深い内容の講座をありがとうございました。
実際に現場でおうむ返しや要約をしておりましたが、
うまくいかないことの方が多かったです。
でも、おうむ返しや要約をする前は、
わからない内容を素通りして、なんとか話を続ける
ということに注力していましたが、
おうむ返しや要約をするようになってからは、
しっかりと話を聞く、ということ、
それから、患者様からの
「そうそう、そうなの、それでね」
という声を聞くことが増えました。
これは続けていき、もっとうまくなって、
本質に辿り着けるような質問の
仕方をできるようになりたいと思いました。
自己開示が、苦手なところがあるので、
今日教えてもらった、
感情ノートに書いていきたいと思います。
本日もありがとうございました。

【女性:看護師:保険師

自己表現講座とはひと味違う、
「聴く」「話し手を受け入れる」技術の獲得に
特化した実践的な講座だと体感しました。

長谷川先生のクライアントの方の
「お薬で病気が治ったんじゃない」という
言葉が、とても印象に残りました。

 

 うなずき、あいづち、オウム返し、要約という、
「アクティブ・リスニング」に実際にトライしてみて、
見ていて想像したより何倍も難しいと感じました。

 

とりあえずうなずき、あいづちをなるべく多く、
と意識すると、他の2つが抜け落ちたり、
オウム返しのタイミングを逃してしまったり、
話の内容もなかなか頭に入ってこなかったりしました。

高石さんが仰っていたように、

日々のコミュニケーションの中で実践を心がけて、
少しずつでもうまくできるようになりたいです。

【女性:会社員
共感は同意とは異なり、相手に共感することが
話を聞き出す上で大事だと学びました。

日々の生活の中で、同意をしようとしたり、
アドバイスをしてしまいがちだなあと
思いつく部分があったので、
今後は共感をしていきたいと思いました。

アクティブリスニングで、クライアントの
悩みの打ち明け方が全く異なってくることが
わかってとてもリスニングの大切さを実感できました。

仕事だけでなく、女性としても成長していくために
残りも多くのことを学びたいと思います。

 次回のレッスンもよろしくお願いいたします。


『リスニング初級Aコース3:アクティブリスニング2』 では
日常の関わりでも、相手と自分自身の
認識が思いがけずずれて、
「ちょっとしたボタンの掛け違い」
ということが時々起こります。
思わぬトラブルになって、
後から「そんなつもりではなかったのに」…と、
がっかりしてしまうこともありますね。

クライエントの「心」を扱う
カウンセリングにおいて、そのような「ズレ」は
決してあってはなりません。
カウンセラーとの間に「ズレ」を
感じるならば、「話していいんだ」
「もっと心を開いていいんだ」という
思いを抱けないばかりか、
「このカウンセラーにはもう話したくない」
とさえ感じてしまうことでしょう。

これまでも繰り返し練習してきた
うなずき、あいづち、オウム返し、要約。
「聴いてもらえている」と
本当に感じてもらえているか、
本当に安心してもらえているか。
そう感じられていないのだったら、
自分に何が必要なのか…?
常に相手を見て、相手に沿った関わり方を
トレーニングしてゆきましょう!

ind_course_03


社会文化功労賞受賞
アビリティーブラッシュアップスクールHP
3e348f3a-s
アビリティーメンタルトリートメントスクールHP
メンタルHPブログバナー(Rマーク付き)

研修やインストラクターブログはこちらです

4e9a3bb4-s
セラピーブログはこちらです
b2fa7083-s
ブライダルブログはこちらです
95c953b7-s
代表長谷川祐子ブログはこちらです
tch_img_hasegawa_bnt_blog
代表長谷川祐子フェイスブックはこちらです
tch_img_hasegawa_bnt_fb