ind_main_expression

レッスンポイント
1.「怒り」を始めとした、否定的なメッセージの伝え方を実践する。
2.「受け身的表現」と「攻撃的表現」の中間にある、「自己表現的な伝え方」について理解する。

IMG_6368

l_bn_voice

【20代女性:
会社員
自分を肯定したい気持ち、
相手を否定する気持ちがまず出てきても、
一旦それを受け止めてみようと思いました。
その後、それをIメッセージにして
表現するときにやっと「相手への評価」でなく
「自分の気持ち」に目を向けることが
できることが分かりました。
これからの生活でも、「自分の気持ち」を
自覚して、意識的に表現することを
心がけたいと思います。
今日もありがとうございました(^^)

『自己表現講座9:否定的感情の表わし方機措己表現のレベルと
Iメッセージ〜』では

誰かからの不快な、あるいは不適切な言動に対して、
怒りや拒否といった否定的感情を伝えるのは非常に難しいですね。

全く相手に伝わらないほど弱々しくなったり、
逆にケンカになるほど攻撃的になったり…。
後々のことを考えると、ついつい我慢してしまう、
あるいは現在もしてしまっているということは、
誰でも少なからずあることでしょう。

不必要に波風を立てることなく、それでいてはっきりと、
相手の不快な言動や不適切な申し出に"No"を伝えること。

高等技術とも言える、適切な「怒り」の表わし方を学んでゆきましょう。

ind_course_04


社会文化功労賞受賞
アビリティーブラッシュアップスクールHP
3e348f3a-s
アビリティーメンタルトリートメントスクールHP
メンタルHPブログバナー(Rマーク付き)

研修やインストラクターブログはこちらです

4e9a3bb4-s
セラピーブログはこちらです
b2fa7083-s
ブライダルブログはこちらです
95c953b7-s
代表長谷川祐子ブログはこちらです
tch_img_hasegawa_bnt_blog
代表長谷川祐子フェイスブックはこちらです
tch_img_hasegawa_bnt_fb