ind_main_expression

レッスンポイント

1.周囲の人から受けるかもしれない批判をどのようにとらえたらよいか考える。
2.批判を「扱わずに」受け流す技術について知る。

IMG_6374

l_bn_voice

【女性:看護師:保険師

受けた批判を「すぐに扱わない」
というポイントは、自己表現講座で
初めて知ったことなので
改めて大きな学びだなと感じました。
戸惑っていても、何かしらの意見を
すぐに伝えなきゃと思いがちでしたが、
意見ではなく混乱、困惑などリアルな
気持ちを一旦言葉にして伝えてみる
練習を意識的にやっていきたいと思います。
最終回も楽しみにしています!
引き続き、どうぞよろしくお願いいたします(^^)

【女性:看護師
今回は他人からの批判を
どう対処するかということを学んだ。
この講座を受講するのは2回目だったので、
1回目に受講した時と今の自分が
どうであるかも確認しながら受講した。
批判的な言葉を投げかけられた際は、
時々感情的になってしまうことがあるが、
だからと言ってすぐ相手に自分の想いを
伝えるという事は減ったように思う。
感情的になったまますぐに対処せず、
少し落ち着いてから扱うよう心掛けるようになった。
また、批判は時には自分の成長にも
繋がるので、批判をされない「正しい自分」で
いることばかりを努力していると、
「いつも自分は正しいんだ」という意識になり、
自分もOKで相手もOKと受け入れられなくなる、
と今回学びがあったので、アサーティブに
対処する技術を身に付ける努力をしていきたい。

『自己表現講座13:
否定的な言葉(批判)に対処する機戮任

自己表現の際に常に付きまとう
不安の中でも特に大きなものが、
「他の人から批判されたらどうしよう?」
というものです。

「自分勝手だ」「わがままだ」
「協調性が無い」等々…。
こんな風に言われてしまうと、
萎縮してしまうかもしれません。

しかし、すべての人を満足させたり、
すべての人から好意的な評価を
受けることは現実的ではありません。

この講座では周囲からの批判を
どのようにとらえたら良いかを学んでゆきます。
自分の「境界線」をしっかりと守ってゆきましょう。

ind_course_04

社会文化功労賞受賞

アビリティーブラッシュアップスクールHP
3e348f3a-s
アビリティーメンタルトリートメントスクールHP
メンタルHPブログバナー(Rマーク付き)

研修やインストラクターブログはこちらです

4e9a3bb4-s
セラピーブログはこちらです
b2fa7083-s
ブライダルブログはこちらです
95c953b7-s
代表長谷川祐子ブログはこちらです
tch_img_hasegawa_bnt_blog
代表長谷川祐子フェイスブックはこちらです
tch_img_hasegawa_bnt_fb