トレーニングポイント:投影法を使用した誘導練習
1.人形を5個(2回目は6個)選んでもらい、誘導のロールプレイに取り組む。
2.誘導の際、時間配分を意識し、時間内にクロージングできるよう心がける。

IMG_0324


【40代女性:心理カウンセラー:アロマセラピスト:サロン経営】
今日の講座ほど、人は本当に自分で何とかする力があるのだと思いました。
カウンセラーのフラットで、外していない質問があってこそだとも思いますが
それでも、投げかけをすることで、人は自分の答えを見つけて
自己成長していけるのだと思いました。
何とかしようとしなくて良いのだと、また、感じられました。
 
【40代女性:心理カウンセラー:アロマセラピスト】
今日のトレーニングは、本当に驚きと学びのトレーニングでした。
今までとは違う自分の感覚で、あらためて箱庭の凄さを知りました。
どうしても、カウンセラー側のいろんな価値観が入ってしまいがちですが
クライエント本人が自分で自己成長していく様子を
リアルに体感することができて本当に学びになりました。
正しいプロセスとアプローチで行えば、クライエントは
自ずと気付き、自己成長していく事を、気付かせていただき
本当にありがとうございました。

【40代女性:メンタルヘルスカウンセラー:介護職員】
初めて箱庭を体験しました。
自分の中にあった自分でも気づいていない気持ちと
箱庭をすすめていくうちに、自分の中で気持ちが変わっていったことを
実感することが出来た事を驚いたし、感動しました。
自分だけでなく、みんなの幸せを考えられるようになったこと、
このように成長させてもらえた事に感謝します。
とても素敵な体験をさせてもらいありがとうございました。


3

【芸術療法中級:アドバンス12:箱庭療法の基本誘導掘曚任
人形だけを使った基本誘導のトレーニングも最終回。
前回人形の数3〜4個で行なった誘導練習を、5〜6個と増やします。

数が増える分、複雑に感じますが、
人形同士の関係性など、クライエントの投影がより深まります。
つまり、誘導の手がかりも増えてゆくのです。

失敗を恐れずに、様々な視点の質問を試してみることを繰り返しているうちに、
知らず知らずに観点が深まり、誘導の力も付いてくることでしょう。

次回からの本格的な誘導トレーニングへ向けて、勢いをつけてゆきましょう!

社会文化功労賞受賞

アビリティーブラッシュアップスクールHP

3e348f3a-s

アビリティーメンタルトリートメントスクールHP

メンタルHPブログバナー(Rマーク付き)

研修やインストラクターブログはこちらです

4e9a3bb4-s

スクールブログはこちらです

425f985c-s

ブライダルブログはこちらです

95c953b7-s

代表長谷川祐子ブログはこちらです

tch_img_hasegawa_bnt_blog

代表長谷川祐子フェイスブックはこちらです

tch_img_hasegawa_bnt_fb