1.個人カウンセリング形式での箱庭セッション
2.フィードバックを通して、自分自身の強みと課題点を見つける


9月11日

9月11日

9月11日


56008790

【40代女性:心理カウンセラー:アロマセラピスト:サロン経営】
クライエント役をさせていただき
カウンセラーの投げかける言葉や
タイミングがどう自分の心に影響を及ぼすかを
感じながら、また、なぜそうなるのか(影響をうけるのか)
その行程やカウンセラーとしての意図を教えて頂けて
より、理解が深まりました。良くないと思いながら
他に何も出来なくて、つい、自分が良く使ってしまう
「この子は強い子ですね」という言葉。
同じ言葉でも、クライエントが自分で言わないと
入っていかない事が腑に落ちました。
とにもかくにも言語化力が必要、
もっと磨かなければと思いました。

 【40代女性:心理カウンセラー:アロマセラピスト】
カウンセラーとして、相手や立場を尊重すると
いうことに欠けていたと気付かされました。
言葉を繊細に扱うという事を知ってはいましたけれど
繊細に扱う事で相手の方が本当に安心したり
ジャッジしないという事につながるんだと実感しました。

先生のロールプレイを見て、どんな言葉を使っているのか
意図を持った質問とは何か、今、どう進んでいるのか
と、今までと違った観点を持ってみる事ができ
学び方が、より深まったように思います。
本当にありがとうございました。


83915390
【芸術療法中級:アドバンス16:箱庭療法の誘導検曚任

トレーニングを重ねている中では、どう考えても
「失敗」でしかない出来事にも遭遇します。

「あれはまずかったなぁ…」と思ったら、
相手にとってそれがなぜまずかったのか、
どうすれば相手にとってより良くなったのかを、
クライエント役や講師のフィードバックも活かして深めてみましょう。

「うまくできた」ことよりも、「できなかった」経験が多いほど、
学びは大きくなるはずです。

失敗は成功の元。
トレーニングの場ですから、失敗を怖がらずにゆきましょう。
何度でも、繰り返しチャレンジを続けましょう。

eea43f93

社会文化功労賞受賞
アビリティーブラッシュアップスクールHP
3e348f3a-s
アビリティーメンタルトリートメントスクールHP
メンタルHPブログバナー(Rマーク付き)
研修やインストラクターブログはこちらです
4e9a3bb4-s
スクールブログはこちらです
425f985c-s
ブライダルブログはこちらです
95c953b7-s
代表長谷川祐子ブログはこちらです
tch_img_hasegawa_bnt_blog
代表長谷川祐子フェイスブックはこちらです
tch_img_hasegawa_bnt_fb