ind_scl_mainimg03

スタディポイント:

1.会話の中に隠された、様々な「ゲーム」について学ぶ
2.「ゲーム」をしかける側、しかけられる側の心理と、
「ゲーム」からの脱却法についても学ぶ

BlogPaint

56008790

【40代女性:福祉関係:主婦】
過去の経験が、理論的にわかって本当に良かった。
身近な例と共に学んだので、わかりやすかった。
自分も、しかけられる側だけでなく
しかける側にもなることが有り得るとわかったことが
一番ためになった。コミュニケーションを
感情に流されることなく図っていきたいと思っていたので
勉強になりました。
 




83915390


『コミュニケーション心理学2:ゲーム分析』とは

いつもイライラさせられるあの人。
いつも喧嘩になってしまうあの人。
ちょっとした事で、すぐにクレームを入れてくる困った顧客。
…どうも苦手だなぁと感じる人って、必ず1人はいますよね。
そういう人に限って、自分の家族だったり、
上司や同僚だったりして
ストレスが溜まることってありますね。

「あの人は、そういう人だから仕方がない」 と
諦めてしまっていませんか?
でも実は、解決する考え方があるんです。

「ゲーム分析」は、特に後味が悪く
イライラさせられるような相手との
コミュニケーションに焦点を当て、
そのからくりと脱却方法、
そして、後味の悪いコミュニケーションを
二度と繰り返さないために何が出来るかを学びます。

そして、私達が思ってもみなかった
「心の秘密」も明らかになって来ます。

「苦手」 と思っていたあの人も。
嫌で仕方ないと思っていた「クレーマー」のあの人も。
もしかしたら、自分自身も…。

「ゲーム分析」の講座を通して、
自分や周りの人への見方が大きく
変わってくるかもしれません。

ind_scl_communication



社会文化功労賞受賞
アビリティーブラッシュアップスクールHP
3e348f3a-s
アビリティーメンタルトリートメントスクールHP
メンタルHPブログバナー(Rマーク付き)
研修やインストラクターブログはこちらです
4e9a3bb4-s
スクールブログはこちらです
425f985c-s
ブライダルブログはこちらです
95c953b7-s
代表長谷川祐子ブログはこちらです
tch_img_hasegawa_bnt_blog
代表長谷川祐子フェイスブックはこちらです
tch_img_hasegawa_bnt_fb