ind_scl_mainimg03

『コミュニケーション心理学2 ゲーム分析』受講後の感想

IMG_7848

【翻訳家 司会者】
人の会話に起きるゲームの分析が、凄く興味深かったです。
それを、どう止めるのか、どうやって日常生活の中で付き合うのかが
とても気になります。途中で色々思い出して元カノの話しになりましたが
やっぱり、他に話せる人が居ないから、いっぱい出て来たと思います。
知り合いなどに話すと「メンヘラ」と言われます。
僕は、まだ、自分に対して、いろいろと許せない部分があるのも、
気にしていますので、これからも、それに対して対面し続けたいと思います。

初めての講座で、プライベートなお話しを開示して下さって
ありがとうございました。自分の事を知り合いの方に
理解してもらうのが難しい時もありますよね。
「メンヘラ」ではなく、熟考されているのだと思います。
無理に整理する必要もないですし、急いで答えを出す
必要もないので、会話から大きな気付きを得ることが
よくあります。
ここでは、気になさらず、たくさん、お話しして下さいね。


【会社員・マリッジカウンセラー】
この講座も、3,4回受講しましたが、今になって
何年も前の自分が、その当時、付き合っていた彼に
「キック・ミー」と思われるゲームをしかけていたんだな‥と
気付きました。その当時も、この講座を受けていたはずなのに
今になって気付いたというのは、それだけ、客観的に物事を
捉えられるようになったんだなと思います。

本当にじっくりと学ばれて、ご自分の人生に役立てて
いらっしゃいますよね。コミュニケーションの学びは
終わりがないのかもしれないですね。そして、いつも
サポートして下さり、新しい受講者の方の心の
成長を一緒に喜んで下さりありがとうございます。



スタディポイント
1.会話の中に隠された、様々な「ゲーム」について学ぶ
2.「ゲーム」をしかける側、しかけられる側の心理と、
「ゲーム」からの脱却法についても学ぶ

いつもイライラさせられるあの人。
いつも喧嘩になってしまうあの人。
ちょっとした事で、すぐにクレームを入れてくる困った顧客。
…どうも苦手だなぁと感じる人って、必ず1人はいますよね。
そういう人に限って、自分の家族だったり、
上司や同僚だったりして
ストレスが溜まることってありますね。

「あの人は、そういう人だから仕方がない」 と
諦めてしまっていませんか?
でも実は、解決する考え方があるんです。

「ゲーム分析」は、特に後味が悪く
イライラさせられるような相手との
コミュニケーションに焦点を当て、
そのからくりと脱却方法、
そして、後味の悪いコミュニケーションを
二度と繰り返さないために何が出来るかを学びます。

そして、私達が思ってもみなかった
「心の秘密」も明らかになって来ます。

「苦手」 と思っていたあの人も。
嫌で仕方ないと思っていた「クレーマー」のあの人も。
もしかしたら、自分自身も…。

「ゲーム分析」の講座を通して、
自分や周りの人への見方が大きく
変わってくるかもしれません。

56008790

ind_scl_communication



社会文化功労賞受賞
アビリティーブラッシュアップスクールHP
3e348f3a-s
アビリティーメンタルトリートメントスクールHP
メンタルHPブログバナー(Rマーク付き)
研修やインストラクターブログはこちらです
4e9a3bb4-s
スクールブログはこちらです
425f985c-s
ブライダルブログはこちらです
95c953b7-s
代表長谷川祐子ブログはこちらです
tch_img_hasegawa_bnt_blog
代表長谷川祐子フェイスブックはこちらです
tch_img_hasegawa_bnt_fb