■2015/12/19(土)
中山11R ターコイズS 芝1600m


狙いの穴馬はこちら (D)
(ブログ紹介文で御確認ください)


危険な人気馬はこちら (c)
(ブログ紹介文で御確認ください)

------------------------------
競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com投資ギャンブル ブログサイトランキング




実力が一枚抜けている◎が、やや外枠に入ったことで人気分散。
他に持続力勝負に向き、揉まれ強い〇▲が逆転候補。◎を1~2着固定の3連単で高配当を狙う。

◎→〇▲☆→▲☆△*3
〇▲→◎→〇▲☆△*3 の25点

◎ ⑫カフェブリリアント
〇 ③ノボリディアーナ
▲ ?狙いの穴馬 (D)
☆ ⑤メイショウスザンナ
△ ②アルマディヴァン
△ ⑦キャットコイン
△ ⑬レッドリヴェール
危険な人気馬 (c)
(馬番?はブログランキング紹介文で御確認ください)

------------------------------

コース図 コースデータはこちら
ターコイズSコース

参考レースラップ
124-112-115-118-117-117-114-119
(351-235-350:1.33.6)
過去5年の平均
LAP分析は~こちら~

馬場状態
前週は、稍重馬場が続き、終いの時計が掛かる馬場だった。
ただし、内が粘れないわけでもないため、内外フラット検討。

ポイント
牝馬限定戦としては珍しい一本調子ラップのマイル戦となりやすい。
持続力を問われ、マイルから中距離戦での実績が必要。中山コースとあり、捲りギアチェンジから馬群を割れる器用さも必要。3歳馬や軽ハンデに穴の資格あり。

------------------------------

各馬診断

◎ ⑫カフェブリリアント
Sペースからのギアチェンジ戦に対しての反応弱く、近走は結果を出せていないが、前走の府中牝馬Sは、距離ロスと斤量を踏まえると最も強い競馬で、力量上位は明らか。
今回のラップ適正は相当高く、55kg&田辺Jのテン乗りでも、外目の枠をスムーズに乗り切ったなら圧勝まで。

〇 ③ノボリディアーナ
好走実績からは差しても結果を出しているが、本質的には速めのペースを前受けして粘れるタイプ。過去2年のこのレースの結果は悪くなく、ラップに適正は最も高い。前走大敗しているが、距離短縮はプラスであり、今回は人気以上の結果を出せる状況。

▲ ?狙いの穴馬 (D)
過去に中山マイルを1戦使って敗退しているが、ラスト2Fだけのギアチェンジ戦を馬群を縫って差し込んでの入着。重心低いピッチ走法から馬群を縫える操縦性に優れる。休みなく使ってきている点が唯一気がかりではあるが、ハンデにも恵まれ一発に期待。

☆ ⑤メイショウスザンナ
前走は荒れた最内を通す勝負に出たが裏目に出て惨敗。しかし、クイーンSはレースレベルが微妙とはいえ、前優勢となりがちな中緩みラップを差し切っての勝利。控えて末脚を確実に出せるタイプで、今回も松田Jが思い切った騎乗に出そう。

△ ②アルマディヴァン
コーナーリングでもたつくが、直線グンとギアを上げるタイプ。小柄な馬体だけに53kgはプラスであり、横山Jへの乗り替わりがおもしろい。インで潜んでの一発に警戒。

△ ⑦キャットコイン
ハイレベルのクイーンCを制しており、本質的にはマイル前後の持続力勝負は得意とするところ。
一度調子を落としたステゴ産駒は買いづらいが、前走は休み明けでぶっつけG1であり、叩いた上積みが見込める今回は巻き返しの可能性も。

△ ⑬レッドリヴェール
府中牝馬Sは、直線で内がゴチャついた際に他馬と接触してしまい、走る気を失ってのゴール。そして、前走は強いメンバー相手に大きく外捲りの強引な競馬。
今は、揉まれながら前に出る力強さを失っているものの、外捲りのギアチェンジ性能はここでは上位。中山マイル戦はラップ適正高く、ウチパクJの早仕掛けの外捲りとうまくマッチする可能性がないわけでもない。

危険な人気馬 (c)
秋となり馬体が充実してきた印象。近走はコースで追い切り、コーナーリングを意識して調整しているとはいえ、根本的に直線からギアを上げるタイプで走りは不器用。ゴール前ラップ急落のラップとなれば可能性はあるが。