■2017/03/19(日)
中山11R スプリングS 芝1800m

上位拮抗ムードだが、Sペースが見込まれるため、例年以上に捲りギアチェンジに優れるメンバーを中心にチョイス。
ステイゴールド産駒のラップ適性が高く、中でも興味を引くのは◎。人気馬にメリハリをつけ、中穴をねらいたい。

◎ ⑫ウインブライト
〇 ⑪トリコロールブルー
▲ ?狙いの穴馬1 (H)
☆ ⑦プラチナヴォイス
△ ?狙いの穴馬2 (d)
△ ⑨サトノアレス
△ ⑧アウトライアーズ
モンドキャンノ


狙いの穴馬1はこちら

狙いの穴馬2はこちら

------------------------------
競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com投資ギャンブル ブログサイトランキング




コース図 コースデータはこちら
スプリングSコース
コースデータはこちら

参考レースラップ
127-117-122-124-121-120-121-115-121
(366-365-357:1.48.8)
過去5年平均

LAP分析は~こちら~

馬場状態
開幕4週目となるが、日月開催で7日目。
芝の生育が良い時期とあり、週中にインの根張りは回復。パンパンの良馬場で時計は速め。

ポイント
前半こそSペースで流れるが、後半は12秒前半の一本調子ラップで、息を入れる部分は少ない。このため、勝負どころは遅めの3~4角となり、直線前半では一気に11秒台のラップに捲り上げるギアチェンジを要する。
基本的には4角5番手以内からの好走率が高く、先行力か捲り瞬発力により4角で好位につける立ち回りも求められる。




各馬診断

◎ ⑫ウインブライト
前走は同コースの若竹賞で、ハイレベル戦。早め3角から11秒台ラップに引き上がったにもかかわらず、楽な手ごたえで外捲り。距離ロス最大ながらも残り200mではすでに先頭に立つ強い内容。
素軽いトップギアを求められたなら厳しく、小回り戦向きの末脚なのも好印象。

〇 ⑪トリコロールブルー
前走は、終始余裕のある手ごたえで、スムーズならもっと着差があった強い内容。
ギアの上げ下げに対応できるタイプで、小回りコースのギアチェンジ戦は得意条件。ここが目標でないのは確かだが、道中から厳しい流れとなりづらいトライアル戦で好走しやすいタイプ。

▲ ?狙いの穴馬1 (H)
出遅れて後方から強引な外捲りとなった一戦以外は、先行して安定した末脚。捲りギアチェンジの鋭さがあり、先行してスッと先頭に立つ立ち回りの良さがあるだけに、先行勢が少ない今回のメンバーならチャンス。

☆ ⑦プラチナヴォイス
バネの強いピッチ走法で、コーナーリングや馬群を割る力など、コースを問わず活躍できる末脚。きさらぎ賞は、先行して持続力を発揮させるべく積極的に進めたが馬場が合わず。良馬場条件の今回は一変可能。

△ ?狙いの穴馬2 (d)
番手からスッとギアチェンジできるため、小回りコースで乗りやすい。11秒台前半のトップギア勝負は苦手も、持続力は豊富なものがあり先行して複勝圏内に残すイメージが沸きやすい。この人気なら積極的に買い。

△ ⑨サトノアレス
朝日杯FSでは、コース取りうまくギアチェンジスムーズにトップギアを引き出すことができたのが大きい。ただし、基本的には直線長いコースで活きる末脚。内回り戦で外を回されたなら思ったほど伸びない可能性あり。目標はダービー。

△ ⑧アウトライアーズ
前走は出遅れ後方から、軽々と外差しを決める強さ。前々走の百日草特別はインから先に抜け出しを計り、目標となってしまったが、持続力を活かす展開となったならインパクトの強い末脚。
ただ、折り合い面に課題があり、外捲りで差し切るとなると力抜けていないと難しいだけに、軸には据え難い。

モンドキャンノ
朝日杯FSでのラスト200mの伸び脚は随一のもの。11秒台のトップギアに優れ、持続力勝負向き。今回の流れでは外を回して届かない可能性が大きいが、ここをステップにNHKマイルでの活躍を期待。