■2017/03/25(土)
中山11R 日経賞 芝2500m

人気を背負う〇だが、上昇度の高い◎の逆転を期待。
底力勝負で▲、捲りギアチェンジ戦で☆の浮上が考えられ、穴で狙いたい。

◎ ⑬シャケトラ
〇 ①ゴールドアクター
▲ ?狙いの穴馬1 (D)
☆ ?狙いの穴馬2 (d)
△ ⑥ディーマジェスティ
△ ⑨レインボーライン


狙いの穴馬1はこちら

狙いの穴馬2はこちら

------------------------------
競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com投資ギャンブル ブログサイトランキング




コース図 コースデータはこちら
日経賞コース
コースデータはこちら

参考レースラップ
70-117-123-124-125-130-130-126-122-120-117-113-116
(434-385-368-346:2.33.3)
重馬場の2012年を除く過去5年平均

LAP分析は~こちら~

馬場状態
開幕5週目となるが、芝の生育が良い時期とあり、週中にインの根張りは回復。
徐々に外差しに移行しているものの、内外フラット検討。

ポイント
前半Sペースとなるが、中山外回り戦らしい1000mロングスパートが基本。中山での長距離実績を要する。
過去5年の上がり最速馬は【3-1-0-1】と優秀だが、いずれも早めから押し上げたもので、4角5番手以内に取り付きたい。差し馬ならコーナーリングのうまさを要する。




各馬診断

◎ ⑬シャケトラ
折り合いよく、大崩れのないレース巧者。前走の日経新春杯は、未経験の11秒台の持続力勝負に対応した収穫の一戦。安定した上がりも魅力で、さらに上昇ムード。

〇 ⑫ゴールドアクター
昨年は59kgで勝利しており、57kgでの出走は恵まれ過ぎ。先行力のあるレース巧者で、捲りギアチェンジが活きる展開となれば強い。早くからペースが上がると脚元をすくわれる可能性もあるが、ギリギリまで仕掛けを遅らせる展開となれば圧勝まで。

▲ ?狙いの穴馬1 (D)
4角で素軽いギアチェンジを要すると後手に回るが、ラストまでしぶとく伸びるところから力負けはない。小回りコースでの持続力勝負が向くだけに展開がカギになるが、距離延長は問題ない。人気を落とす今回はチャンス十分。

☆ ?狙いの穴馬2 (d)
前走はインを突くとしばらく前が壁の不利があったが、しぶとく伸びて入着を確保。前々走も外を回して躓きながらもしっかり伸びており、ここでも持続力は通用。穴で一考。

△ ⑥ディーマジェスティ
遅れて伸びてくる持続力特化型。休養明けでなおさら仕掛けズブい可能性が高く、中山では外を回されてしまいが掛かる流れでなければ。押さえまで。

△ ⑨レインボーライン
底力特化型でラスト200mで伸びる末脚。終いの時計が掛かる流れが得意なため、直線が短くともラスト急坂コース向き。ただメンバー状況から、底力勝負にはなりづらい。今回は押さえ程度。