■2017/04/23(日)
京都11R マイラーズC 芝1600m


マイラーズCのラップ適正馬はこちら (D)
前走は好位から進めたものの勝負どころに坂があっては持ち味が発揮できず、直線ジリ伸び。下りから直線平坦となる京都コースでは一変可能で、トップギア勝負は望むところ。開幕週の馬場への適正も高い。


3歳特別戦の注目馬はこちら (c)
勝ちきれないレースが続いているが、これまで戦ってきた相手はいずれも重賞級。テンのスピードがあり、安定した好位競馬。コーナーリングや立ち回りのうまさも持ち合わせ、レースぶりは安定。開幕週の馬場も合う。
4/22(土) 京都1400m 橘Sに出走予定

------------------------------
競馬ランキング&競馬情報検索エンジン 競馬サーチ.com投資ギャンブル ブログサイトランキング


コース図&参考ラップ
マイラーズCコース
コースデータはこちら
123-109-114-120-115-115-113-117
(346-235-345:1.32.6)
過去5年平均




過去のレース映像&ラップ分析

2016.4.23 良 開幕週 (Cコース2日目)
勝馬:クルーガー (2枠2番) 56kg

128-116-116-117-120-120-119-114-124-123
(360-237-239-361:1.59.7)

開幕週で、極端な内優勢のコンディション。
クラレントがハナに立ち、馬群一団のままの向正面。3角前でペースが12秒台に緩み、ハナが入れ替わる場面があったが、3角以降も一団のまま。
このため、直線入口から一気に11.3秒のギアチェンジ。直線入口までラチ沿いを選択したメンバーが1~3着を占める結果。外を回して差し込んだ4着フィエロ、5着アルバートドックは着順上位馬と同様の評価が必要。

------------------------------

2015.4.26 良 開幕週 (Cコース2日目)
勝馬:レッドアリオン (7枠15番) 56kg

123-110-120-124-117-111-108-113
(353-241-332:1.32.6)

開幕週で、内伸びの高速馬場。
隊列がすぐに決まり、テン3Fは基準より1秒近く遅くなり、かつ、中緩みのラップ。しかも、3角から徐々にペースアップしたものの、各馬のスパートは4角から。内目を回した先行勢が有利なラップとなり、番手のレッドアリオン&逃げたサンライズメジャーのワンツー。
上がり最速はディアデラマドレの31.9秒で7着と極端な直線トップギア勝負。1番人気のフィエロは32.5秒で追い込むものの3着どまり。

------------------------------

2014.4.27 良 開幕週 (Cコース2日目)
勝馬:ワールドエース(2枠4番) 56kg

125-110-114-117-112-114-109-113
(349-229-336:1.31.4)

芝丈は長めだが高速馬場で内伸びのコンディション。
テンは基準並みに流れていたものの、高速馬場を意識して各馬ラチ沿いを頼って一団となり、3角以降も息を入れぬまま。かなり厳しい流れとなったはずだが、4角から後方勢が詰め寄ろうと気合をつけるものの、ラスト2Fのラップは10.9-11.3秒と、終いまで止まらず行き切った。
好位から抜け出した勝馬ワールドエース&2着馬フィエロの2頭が差し馬勢を完封し、レコード決着。

------------------------------

2013.4.21 良 開幕週 (Cコース2日目)
勝馬:グランプリボス(8枠17番) 57kg

123-108-110-117-115-121-115-117
(341-232-353:1.32.6)

前日の雨の影響で水分残る良馬場。基本的には内が有利も、ペース次第では差しも決まる。
シルポートは、手綱しごくも逃げることができず抑えて番手。しかし、人気薄タイキパーシバルが作ったペースは、馬場状態を踏まえると早め。先行勢は例年どおり3角以降にペースアップしたが4角で先行2頭の手ごたえがあやしくなったため、一気に馬群短縮して外捲り優勢に。
直線で内を狙ったメンバーは、バテた逃げ馬を交わすのに手間取るなど不利も。結果的に外を捲った馬がスムーズで、1着グランプリボス、2着サンレイレーザーはともに底力特化型の差し馬。

------------------------------

2012.4.22 良 開幕週 (Cコース2日目)
勝馬:シルポート(8枠17番)

121-108-114-119-113-112-118-127
(343-232-357:1.33.2)

雨がパラつき、滑る芝の稍重馬場。
ハナを切ったのは注文どおりのシルポートで、3角以降の下り坂でも11秒台前半のラップでガンガン後続を引っ張り、3馬身ほどリードを取って直線へ。
さすがにオーバーペースで終いのラップはガタ落ちしたが、後続も脚を使いきっており、ゴール前でも猛追できるものなし。最内を抜けて決め手を見せたダノンシャークが1馬身差に詰め寄るのが精一杯で、一貫して逃げるシルポートのベストレース。

------------------------------

過去データと適性能力
【JRAホームページ(阪神開催だった2011年までを含む過去10年の成績)から】
● 1番人気は複勝率50.0%といまひとつ。また、2番人気馬は優勝がゼロと人気馬は苦戦傾向。一方、3番人気が4勝を挙げ好成績。
● 前年12月以降に行われた1600m以上のG1からのローテは良いが、その他のG1から臨んだ馬は苦戦。前走G2からのローテは、1800m以下から臨んだ馬の方が成績良好。
● 過去5年に限ると、勝馬の枠順は、2枠と7~8枠のみ。

【過去のラップ分析から】
● 残り3Fから11秒台前半のラップでのロングスパートが基本。終いも11秒台で締める持続力が必須。
● 過去5年の上がり3F最速馬の成績は【1-0-0-4】。唯一かった昨年は、インを突いての差しで、極端なイン優勢のコンディション。基本的に中団~後方競馬は厳しい。
● 上がりを出せる能力よりもジワリと前につけるだけの先行力&コーナーリング適正が必要で、差し馬なら3~4角の下りでペースアップしながら直線に向けて脚を貯める必要あり。



マイラーズCのラップ適正馬はこちら (D)