2008年11月06日

美に至る病

「お医者様でも 草津の湯でも 重い脚フェチ治しゃせぬ」などと申しますが、僕は脚フェチです。


日曜に専門学校かよってるんですが、
同じクラスに脚の綺麗な女の子がいたので友達になってみました。

大学の後輩でありました。
内輪トークののち、年齢聞かれて、

「いくつですか」
「29」
「え、若くみえますね〜」
「でしょー、よく言われんだよね」

みたいな俺初対面でよくあるやり取りをしました。


お互いの勉強方法とか心構えなど話してたらあっという間に一時間経ったりして、
よりいっそうやる気になれました。……べ、勉強的な意味で!


以下、各方面『脚フェチ著名人』からのコメント。

〜 〜 〜 〜

「面白きこともなき世を面白く 住みなすものは美脚なりけり」――高杉晋作
心の師匠です。美脚があれば世の中楽しいね!

「板垣死すとも美脚は死せず」――板垣退助
美脚民権運動の担い手。アツさが違う。

「汝、右の脚を見せたら、左の脚をも見せよ」――イエス・キリスト
どちらも眺めたい。ド変態です。

「天上天下唯我美脚」――釈迦
随分と自信をお持ちです。

「人間は考える脚である」――パスカル
深いです。むしろ脚のことしか考えてない。

「地獄の沙汰も脚次第」――黙阿弥
脚があればどうとでもなるということです。

「Goverment of the leg, by the leg, for the leg.」――エイブラハム・リンカーン
国を挙げて美脚の獲得・保護に努めた。現代アメリカの美脚の礎。

〜 〜 〜 〜

先人の御言葉を胸に抱き、僕も研鑽の日々を送ります。


aboilman at 12:30│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔