昨日久々のワクワクドキドキ、アドレナリンが出るお話があった。

12年以上前に一緒に先生やっていた元同僚から先生のお誘いが!

しかもちょうど私の神と崇めていた当時校長先生だった方や、青春のようにつっぱした中でできた仲間がなんと3人も揃っている学校でだ。

私はときめいた。

私にとって先生という仕事は、憧れであり、誇りであり、しかし挫折でもあった。

ちょっと思い出すと痛みを伴う。

感動を思い出すこともあるし、自分の無力感を思い出すこともある。

12年経った自分がやったら、あの頃と違うだろうか。もっと成長した自分で取り組めるだろうか。

でも毎日戦場に行くような気持ちだったあの頃。
朝5時前に起きていた時刻のような目覚め方。

こうでなければという外向きの感情で動いていたから緊張の糸張りっぱなしの日々。

それらを克服できているのか。




しかし、今回引き受けないことにした。



私は今まで挑戦をしてきた。

自分ができそうもない世界に飛び込んで、もがいて成長することを選んできた。


しかし仕事を辞めて2年、今はもう隠居生活。
のんびり生きることにした。
自分に鞭を打つ生き方をやめた。


今回、先生のお話がきての私の感覚。

「挑戦」「頑張る」身体の緊張、アドレナリン、頭まで何かがぐわーっとのぼってくる


今の庭いじりしたりのんびり暮らしている毎日が幻想のように遠く感じてきている。

眠っても身体に力が入っていた。




「うん、私はもうこれを選ばない。」

挑戦して成長する
苦しみから得る
頑張った先に感動


これを選ばないよ。

そう決めたら一気に身体が軽くなった。


でも今回また青春の仲間と働けることや、子どもと接することを想像して一時でも幸せだったよ。
ありがとう。


でも今とにかく幸せ。

試されたかな?

もちろんどっちを選んでもよい。

正解も不正解もない。



決め方は

「自分に一致する」

でやった。

「こいしたうわよ」

でやった。



去年の11月くらいに並木良和さんに出逢い、今週ハッピーちゃんに出逢った。


また書きたくなったら書きますね。


アイハーブのヘアカラーを検索していたら、なんと忘れていたこの自分のブログに辿り着いてしまった!

そして全部読んでしまった!

なんと面白い!

書いてる当時は、どこにニーズあるねん、と思いながらもFBとかには書きづらいことを独り言の様に吐き出していた。

でも今この私にニーズあったよ!

なぜかもうこのブログに用はないと思って携帯の画面から消し去ったような記憶が、、。

そして、7年くらい放置してたのに、誰かしらが見てくれている。
コメントくださった方もいる。


この当時はこんな考え方だったんだ。

この時から色々変わった。

もっと辿り着き始めてる、とか目覚めに近づいている、なんて考えるけど、もうこの時にも今に通ずること書けてるなーと思ったり。



この時一番の関心事は、動物愛護だった。

関心事というか囚われていた事というのかな。


今SNSに投稿しないし、日記もほぼ書かないので、またこういう場で記していくのも面白いなーと思った。


誰が読むねん、という感じもいい。

色々変わった自分のことまた徒然なるままに書いていこうと思います。

いきなり宝塚にハマってしまった‼︎

宝塚大好きな仕事の先輩に誘って頂き、先週の土曜日に観た星組の『GUYS&DOLLS』。

宝塚観劇は人生二度目。
一度目は同じ先輩に誘われて観に行った『パック』という演目。
その時は「えー普通のミュージカルと同じように楽しめるんだー。しかもアドリブとかもあって笑える」という感じで、まず宝塚への偏見がなくなりました。

偏見というのは、女性しか出ていないから普通と違う、あとベルサイユの薔薇が一番強いイメージで、なんとなくブルジョワでお堅いというイメージ。



そして二度目の観劇である先週のガイズでは、新たに心に芽生えたときめき…幸せ感…


そこからは、ストーリーも主役の北翔海莉さんも、宝塚も、全部わからない状態でネットを調べ漁る一週間だった。


↓こんな風に

「北翔海莉さんて、努力の人でやっとトップになれたんだー。しかも、人柄が良くて素敵な人なんだー。」

「天寿光希さんて人もなんか顔も良いし感じもいいねー、あっ!確かにこの演目の中でも目を引いてたわ。」


仕事中は、ずっと"初めての恋"が頭の中リピートで、たまに口ずさんで、振る舞いも気分は男役。

心なしかそうなり切る事でいい自分になれてる気がしした。
心が広くなって人に親切にできるし、仕事もはかどる、積極的になれる、そんな気がした。


そして

「私は男役になりたい!!」


心からそう思った。

…もう遅い、そして身長もない。。





そんで調べてたら今週末が千秋楽らしい。


え?!
考えてみたらずっとやってるわけじゃないよね。そりゃ。
もう一生北翔海莉さんのガイズは見れないんだ…。
もう一度見たかった。見たかった。。


…と嘆いていたら宝塚大好き先輩が、チケキャンというので調べてくれて、なんと!「土曜日22000円でSS席1席あるよー」と。
残り2時間だよーと。


あるんだ!
でも、、高い!
そしてその日用事もある。。


…なんて一瞬でも迷った自分に喝!!

お金で買えるんだよ!今なら!


先輩は「他の演目を観にいくから行けないけど、自分なら絶対買う!」と
その場にいた他の同僚も「その席でその値段は安い!」と口々に私の背中を押してくれました。



チケットの買い方すらわからない私に代わって先輩が代わりに買ってくれて、無事もう一度行けることに。


わーい!!夢のような気分✨
初恋の人にもう一度逢えるような…




そして、その日が今日だった!!


前置きがかなり長かったけれど、見終わった今、この気持ちをどこかにぶつけなければ放心して帰ることができないくらい。
んでブログにぶつけている。


前回は後ろの方だったのでわからなかった、細かい表情や、群衆の人々のそれぞれのストーリー、その他の人の小さな声でのセリフもわかって更に更に楽しめました。

そう、それに先週は全く無知で行ったので、全体のストーリーを新鮮に楽しむのに精一杯で誰がどの役なんて事は全然わからず。


今回は北翔海莉さんは、もちろんその他の役者さんのことも少しはわかっていて、それぞれのシーンでのエピソードとかどんな気持ちで演じているとか知って観れたので、めっちゃ前のめりで(心の中でね)全てを見逃さないように食い入って観てました。


大地真央さんと、紫吹淳さんのもネットで観たので、「わー!またガイズを観ている私!」という感動がひたすら続き、ストーリーが進んでフィナーレに近づくのが悲しかった。


この一週間で、それまでには予想しない自分になっていて、宝塚になのか、ガイズという演目になのか、北翔海莉さんになのか、それとも全てになのかわからないが心奪われた。

取り敢えず、上記に関連することは空いてる時間調べまくっていた。


でも一番今正しいのは、北翔海莉さん演ずるスカイマスターソンが好き!!
なのかもしれない。


あ〜本当に今日のスカイは更に素敵だった。
ハバナの夜のシーンが一番好きなんだけど(そのシーンのブロマイド買いました↓うふ)
サラに惹かれていく表情、誤解をされてしまった時の悲しい表情、すごく演技一つ一つが繊細で説得力があって驚きました。

先週は、わからなかった。
宝塚の人ってこんなに心を込めて演技してるの?!って。

♪恋のワーインとか
♪この〜〜こーいーとかの高温伸ばすとこの、いい声具合も先週より更に良く感じた。


しかし、最後は感動と終わってしまった切なさで座席から立ち上がれずに涙しました。


私にとってはこの宝塚が私を良くしてくれる、幸せにしてくれる天使のような存在です。

スピ系の友人に二週間ぶりに会って、すごく今いいね!と言われました。

背中の痛みが気になる話から、前世背中を斧で切られた男性の意識が残っていて、だから今男役のようになりたい願望があるんじゃって言われた。思う存分する事で良くなるって。

それ聞いた時からもう痛みはないんだよねー。

宝塚に出会ったのも必然。


徒然なるままに脈絡もなく書き綴っちゃいましたが、ご容赦ください(てへぺろ)

↑このページのトップヘ