2005年02月27日

クライン孝子女史をちょい批判してみる

ふとadoruk626様の”log”を巡回した所、かような
エントリーがありました。

改正油濁法施行後も万景峰号は入港予定

の中に

>話は逸れるがクラインはまた狂いだしましたね(笑)。ホリえもん
>を「小ヒットラー」呼ばわりするなど、とてもノンフィクション
>作家とは思えぬ迷走ぶりだ。

との批判が有りました。西村幸祐氏のライブドア批判と比べたら
判るとは思いますが、露骨にフジ・サンケイの走狗振りを丸出し
にしてます。

お二方の日記

酔夢ing voice
クライン孝子の日記

さて、「クライン孝子の日記」ですがそのなかで

>この問題が表ざたになったとき、たかが、若造と思って、油断していたら、
>とんでもないことになる、手遅れにならない前に、きちんとした措置が
>必要と私はある有力な人物に警告メールを
>送ったものです。

>朝日新聞による安倍・中川両氏おとしが失敗に終ったあと、その仕返しが
>別の形で実施される、そんな予感がしたからで、案の定、次の標的として
>フジ産経グループが狙われることになった・・・

>もっとも堀江社長って、策略家としては落第ですね。
>アエラのインタビューもそうですがテレビに出て、お調子に乗ってべらべら
>喋りまくり、
>口の軽さがマイナスとなって、その
>手の内を見事に、敵方に見破られることになったからです。

改行の下手さ加減も女史の特徴でありますが、それはさておいて
フジ・サンケイグループの脇の甘さを指摘せず、しかも「ホリエモン」
こと堀江社長を北朝鮮の工作員であるかの様な表現をするのは如何な
ものかと。尤も「ホリエモン」の言動から見て米民主党寄りの人物で
あろう事は想像つく事ですが、その前に何故、産経新聞が朝日新聞や
毎日新聞の後塵を拝するようになったのか、その指摘も無しに
ホリエモンを「小ヒトラー」と言うレッテルの元に北朝鮮の工作員
であるかの如く印象付けるのは流石に不味いのではと思います。
むしろ、保守派としては「ホリエモン」は取引の対象であって
敵対すべき対象では無い筈であります。勿論、今後の「ホリエモン」
の行動いかんによって取引するかしないかの分かれ道になるとは
思うのですが(^◇^;)

仮に「ホリエモン」を工作員と仮定するしたら、じゃあそれでは
楽天の三木谷氏とかソフトバンクの孫正義氏はどうなのか?この
2人が「ホリエモン」より強力なのは明らかでこの2人を敵に
回したらどうなるのか?それに対抗できるIT有力者が政治的
保守派から出なかったのは何故か?情報戦争という観点で立った
場合、そこのところを考慮する必要があります。尤も私は
この3人を中道ないし中道左派と考えておりますが。

そういった意味ではクライン孝子日記の先のエントリーは
不味いのではと思いますね。只、フジサンケイグループの
単純な代弁者と見られるのがオチなので。

尤もコレを以て「ホリエモン」の行動や態度を批判こそすれ
擁護するわけでは有りません。

追記

adoruk626様のエントリーを辿っていくと
こういった背景がわかります。

1.クライン孝子女史は「曽野綾子」と懇意の仲
2.出てくるのは産経系列だけ

以上からクライン孝子女史は産経筋の人物であると推測できます
つまりフジサンケングループのコネで仕事をさせて貰っている
ので「曽野綾子」、ましてフジサンケイグループを批判できない
そういった人物だと思われます。

しかし、逆に言えば実力がある人物とはとても思われず、
今後のマスコミ、出版業界の競争激化を考えますと彼女
の引退の日が近いのかもしれません。筑紫哲也あたりが
引退したら次は女史かもとも思えます。

読者は実力のないライターを必要とはしませんからね。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/absente/15194664
この記事へのトラックバック
中国パイプライン敷設への融資、国際協力銀総裁が陳謝 国際協力銀行(JBIC)の篠沢恭助総裁は25日の会見で、1996年に旧日本輸出入銀行(現在のJBIC)が、中国による東シナ海の天然ガス・パイプライン敷設事業に融資していたことについて、経済産業省などとの
改正油濁法施行後も万景峰号は入港予定【log】at 2005年02月28日 10:05
 先月にはライブドアに関する記事で大いに笑いをとった「クライン孝子の日記」ですが、また新ネタが始まったようですね。 で今度は人権擁護法案なんですよ。 3月10日〓本日にかけて ■2005/03/10 (木) 日本つぶしの一貫?人権擁護法も無気味!  http://www2.diary.ne.j
人権擁護法案の取り扱いに見る「ジャーナリスト・クライン孝子」の危うさ【ニセ霊媒師に騙されるな!!@WebryBlog】at 2005年03月13日 18:41
実業家
実業家【トラックバックジャパン】at 2005年04月04日 17:19
この記事へのコメント
busan 様

 この指摘は的を得ていると思います。彼がどういう付き合いをしているかも知らないで
(最も、私が仮に知っていたとしても暴露はしませんが ^^)、「工作員」呼ばわりする
のは安易すぎるでしょう。もっとも、状況証拠から言えば胡散臭いですが。

 「フジ・産経グループ」は最近「株価割り当て」など戦略に鋭さが出てきていますが、
こういう状況になったのは他ならぬ彼等自信の責任です。それらを未然に防ぐ事も出来た
はずであるにもかかわらず、「鹿内一族」復権の阻止ばかりに目を向けているからこうな
るのです。もっとも、私は現時点で誰の味方でも有りません。勝者の味方です(^^;

 「楽天」の「三木谷」は、親父が「学会」の大物ですし、「ソフトバンク」の「孫 正
義」も朝鮮ですから取り締まるべき人物ですが(^▽^) 彼等の方が余程脅威である事は間違
いないでしょう。

 ですが「女史」の言う事にも一理有ります。彼は無駄に敵を増やしていますね。だから
こそ、「苦戦」しなくて良いところで苦戦していると思いますよ(^^) 「資本家・実業家」
の基本は付き合いであるにもかかわらずTVに出てベラベラ喋りすぎるわ、天狗になって
「銀座」で「数百万」使うしか能がないとはいただけませんね。そんな暇があるなら
「パー券」を購入したり、「政治家」や「奥田 会長」のところに頻繁に出入りして、例え
解っている事でも解らずに困ったふりをして相談する等日頃から相手をよいしょするとか
すれば、周りの状況も大分変わるのですが(^^)

 あんな、そこら辺をフラフラしてる「若造」の支持なんか得たって、せいぜい自己満足
にしかならない事があの人には解らないのでしょうか(^^) まあある意味、あの人は私より
も純粋な人なのでしょう(^^)
Posted by Ina at 2005年02月27日 18:05
↑すみません(^^; busan 様 となってしまいました。どうも申しわけありません(_ _)
Posted by Ina at 2005年02月27日 20:55
今回はこちらから、おじゃまします。
クライン女史はイタすぎ。
ほりえもんの工作員認定か?w
なんか、読者からのメールにも踊らされたみたいですね。




Posted by aki1968 at 2005年02月28日 01:43
Ina様

>すみません(^^; busan 様 となってしまいました。どうも申しわけありません(_ _)

タイプミスはご愛敬です(^^;ゞポリポリ 投稿者自身が修正
できないのがblogのコメント欄の頭が痛いところです。

>「楽天」の「三木谷」は、親父が「学会」の大物ですし、
>「ソフトバンク」の「孫 正義」も朝鮮ですから

2ちゃんねるではそう指摘されてますね。何れにせよ「保守」な
人物とは言い難いものが有り、私的には少し困る所です。
何故ITの有力者に保守が居ないのか?

>ですが「女史」の言う事にも一理有ります。彼は無駄に敵を増やしていますね。

「ホリエモン」は利用者に強引な印象を与えてしまってます。ですから
結果的にニッポン放送ホルダー(株主)に対しても引かせてしまって
いる印象がありますね。世論も2分したとあっては苦戦は自然の流れ
では無いのでしょうかね。まあ、フジテレビ応援団も1枚岩では有り
ませんが。

>「パー券」を購入したり、「政治家」や「奥田 会長」のところに頻繁に
>出入りして、例え解っている事でも解らずに困ったふりをして相談する
>等日頃から相手をよいしょするとかすれば、周りの状況も大分変わるのですが(^^)

ホリエモンの「弱点」の最たるものは「根回しが下手」「余計な事を
ペラペラしゃべる」点で有り、特に余計な事をしゃべる点では村上氏
との比較で指摘されて記事にされる程ですね。ポーカーフェイスは
ビジネスの基本の筈なんですが。なんせああ言った世界は海千山千の
謀略家が日々暗躍している所ですからね > 特に投資の世界
金儲けも良いが優れた企業家は例外なく「人儲け」もしてますからね。
ホリエモンが飛躍するか市場退場するかはここが分かれ道です。

aki1968様ようこそ酔いどれblogへ(^o^)

>クライン女史はイタすぎ。
>ほりえもんの工作員認定か?w

なんか博士の口調にしては2ちゃんねら〜的なんでつか(^_^;)
私から見てもクライン孝子女史は読者のメールに踊らされる
性質がありますね。
Posted by abusan at 2005年02月28日 10:05
これもこれなんですがクライン女史は今日また凄いことやってくれました。
辛口コラム:表現の自由を侵害している人が、その自由を主張する不思議(http://www.takakoklein.de/doitsu/doitsu12.htm)や日記の「■2002/05/12 (日) 時代は動いている。何でもかでも反対には反対(http://www.takakoklein.de/doitsu/doitsu12.htm)では人権擁護法案に反対する人をこき下ろしていながら、今日の日記では、突然ですが!!
三連発で「人権擁護法難」に反対してます!!
Posted by はらほろひれはれ at 2005年03月11日 23:41
はらほろひれはれ様、ようこそ酔いどれblogにいらっしゃいました(^o^)

昨日は体調不調でレスも出来ませんでした(--;) ウ
本当にクライン孝子女史もダブスタな所がありますね┐(´ー`)┌
産経新聞に載ったので人権擁護法案反対を慌てて書いた感も有り
鼻白む重いでつ。
Posted by abusan at 2005年03月12日 10:10
 僕の方こそ不躾でですみません。
そちらは良くは意見しておりまして、時に飛ばさせていただきました。
今後とも宜しく御願いいたします。

 ご指摘の件のつきましては、産経記者的というよりも寧ろ、ジャーナリストと言うには大事な物が抜け落ちているような気がします。
Posted by 佐藤 健 at 2005年03月16日 18:16