前回は女装子として遊びに来てくれたかわい子ちゃん
今回は時間が無くて…と普段の姿でお出迎えしてくれました

内面同様、優しく穏やかな雰囲気の彼は、内に秘めた欲をわたしにコッソリと見せてくれる…会うのは2度目なのに、そんな期待をしてしまう
そこが彼の不思議な魅力ではないかとわたしは思う


おとなしい彼をベッドへ押し倒す
馬乗りになり、痴女の如くエロティックに囁く

「…ずっとこうされたかったの…?」

彼は弱々しく答える

「はい…」

吐息すら間近に感じる距離
わたしは彼を狂わせる事しか考えていない

興奮し、思わずわたしを抱きしめながら「おかしくなる…!」と呟く彼を見下ろしながら、愛おしさが押し寄せる

そしてわたしは笑いながら更に追い詰める

アナルをゆっくり解し、責めながら亀頭責めも同時に行う
ビクンビクンと反応するのを見て、楽しくなりどんどん過激に責める

我慢できず限界を迎えそうになるのを見て手を止める
寸止めを何度も繰り返す

「まだダメ」

苦しそうに、泣きそうな表情を見ると、余計にいじめたくなってしまう

幾度となく寸止めを繰り返し、とうとう限界を迎えた彼はわたしに悲願する

わたしは彼の目を見ながら、気持ちよく限界を迎え絶頂に達する表情を楽しみながら責め続け、彼は大量に射精しグッタリと果てた


また会いに来てくれてどうもありがとう
記憶に残るプレイができていたと知り嬉しかったです
またこちらへ来る機会があれば遊びに来てくださいね
いつでもお待ちしております

楽しかったよ、またね♡






IMG_8693











                              🌸立花 蘭🌸