2011年04月02日

ATTACK SS ジュン君から

僕の彼女は仙台市若林区に住んでいます。
先週僕は彼女を支えに行って来ました。
そこで見た光景は復興とは程遠く、恐らく何百という人や遺体が埋まっているであろう状態でまだ復興にも手が付けられない状態でした。

自衛隊や警察が長い棒のような物で地面を突き刺し人を探す光景、鍵が付けっ放しでひっくり返っていた車、半壊の家の二階に突き刺さる車、崩壊したビル、そして瓦礫の山、災害から二週間近くたっても水田のようになった住宅地の水(海水)はまだひいていませんでした。

彼女の家から車で5分の所がまさに地獄でした。

テレビやラジオでは地震や津波がまるで過去の出来事のように連日報道されている中、今でも被災地の人は1日何十回と来る余震に震えて生活しています。

そこに拍車をかけるように福島原発の問題。この東北地方太平洋沖地震で大きな被害を受けた宮城県仙台市若林区(だけでは勿論ないです。)は福島原発から半径95キロ圏内の所にあります。

少し余震も落ち着きかけてきた今、心と身体は疲れ果てそしてこの原発問題です。
今回Mailさせてもらったのは、天災はいつどこで起こっても不思議ではなく、ましては、原子力発電所は福島にだけあるわけではありません!

この教訓をいかし福島原発を廃炉、そして次への第一歩になればと思いMailですみませんが協力を呼びかけさせてもらいました。

原子力発電の電気で生活しこの原発で豊かになったかもしれません、便利さや文化も向上したかもしれません、でも僕達には選択肢がなかったのも事実です。

恥ずかしい話ですが僕も自分の大切な人がこうなって気付かされました。

今こんな状況になって気付いたとしても今から始めればいいと思っています。

便利さや文化向上の為の犠牲、代償がこんな形なんて絶対におかしいと思います。
たまたまそこに住んでいた人達だけが犠牲になる話ではなくいつだって自分や家族、あなたの大切な人の身に起こりうる事だと僕は思います。

もし賛同してもらえるなら署名をお願いしたいです。
そしてこれをあなた自身がやっているmixiやBlog、ホームページで広めてもらえたらとても嬉しいです!

友達にMailで転送して広めてもらえるのならこのMailをそのまま転送してもらってもかまいません。

強制は一切しないし一度自分の目で読んでみて見極めて確認してもらえたら嬉しいです。

色々な意見、考え方があって当然だと思います。

長くなってしまいすいません、ここ迄読んでくれて本当にありがとうございます。

呼びかけ人古荘 斗糸子さんのサイトです。http://fukushimahairo.m.web.fc2.com/

呼びかけ人の古荘 斗糸子さんは、反戦、原発、六ヶ所村再処理場、日米安保の破棄、米軍基地反対などデモや活動に参加されている方です。

★メール署名
送り先: fukushima.hairo@gmail.com
署名方法:上記アドレスに氏名(ハンドルネームは不可)、
住所を書いて送信して下さい。
識別のためメールのタイトルを「署名賛同」として下さい。


彼女からこれを読んでみて良かったら署名してほしいと言われ僕自身賛同し仲間達にも呼び掛けてみようと思いました。返信はいいです

1次集約が3月31日、
2次集約が4月30日です。

よろしくお願いします。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/abtrick/51583282