中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

シリア・イスラエルの緊張

どうもイスラエルの北部戦線がきな臭くなりつつあるのでしょうか?

一つはhaaretz net によれば、IDFはアラスカでの米空軍との共同演習に参加する予定であったF15機(複数)の参加を、情勢が緊張しているためとして取りやめたとのことです

他方、ホムスのシリア軍基地が攻撃されたの、いやされてないのと、シリア軍とかヒズボッラーが騒いでいた(最終的には攻撃はなかったことが確認された模様)事件について、同じくhaaretz net の別の記事は、シリア軍筋が、米・イスラエル合同の電子攻撃を受けて、現実の空襲と認識されたとしていると報じています。
おそらくこちらの方は、イスラエルの攻撃説を強く唱えていた、ヒズボッラー等が、米英仏の攻撃もあり、パニクって、空襲と勘違いした辺りが、事実ではないかと思われますが、その位彼らが緊張していることを示すものでしょうか?
https://www.haaretz.com/israel-news/air-force-withdraws-warplanes-from-exercise-amid-tensions-in-north-1.6011336
 https://www.haaretz.com/middle-east-news/syria/syrian-state-tv-says-missile-attack-on-air-base-thwarted-1.6009200
本日はこれから入院しますので、取りあえず、一つだけ書いておきますが、あまりいい話ではないですね(まあ中東では通常こんなものか?)

リビア情勢(haftar将軍の容態)

リビアの実力者のhaftar将軍が、脳梗塞でヨルダンからパリの病院に運ばれ、治療中のことは先に報告しましたが、彼の容体については真逆の報道があります。
サウディ系のal arabiya net (サウディはUAEやエジプトとともにhaftar 支持と思われる)は、これも先に報告したリビア東端の過激派の根拠地ダルナに対する攻撃は、数時間内にも始まるが、この作戦は同将軍の指揮下で行われると報じています。
但し、同将軍が既に故国したか否かは不明としています。

これに対してカタール系のal  jazeera net (カタールはトルコとともにトブルク政府やhaftar将軍とは反目している)は、同将軍は前からガンを有していて、時々ヨルダンに治療を受けに行っていたが、今回は重体で、とても職務を遂行することはできない、との統一政府筋の情報を伝えています。
それによると、UAEとエジプトは、ダルナ作戦等の指揮にあたるhaftarの後任探しをしていて、彼の息子とか3名の候補者の名前が挙がっている由
https://www.alarabiya.net/ar/north-africa/2018/04/14/حفتر-يعود-لليبيا-خلال-48-ساعة-ويشرف-على-عملية-عسكرية.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/4/17/مصدر-للجزيرة-تنسيق-إماراتي-مصري-لإيجاد-خلف-لحفتر

以上真逆の報道で、どちらが正しいのか良く分かりませんが、リビア軍(fahtarの指揮下)が、彼がパリに運ばれたことを否定したㇼ、一転して認めたりして、極めて慌てていた様子がうかがえるところからも、どうも彼の容態はかなり重そうに思われますが、勿論証拠はありません








アラブ政権と民衆(風刺画)

16qpt777[1]昨日もアラブ政権と民衆との乖離という記事を紹介したかと思いますが、これはその風刺画とでもいうべきものでしょうか?
民衆が血の海で助けを求めているときに、アラブの権力者(主として湾岸が頭にあるのか?)は米国の枕と毛布に守られて気持ちよさそうに、眠りこけているという構図です。上のアラビア語はアラブ連盟とあります
http://www.alquds.co.uk/?p=917902



お断り

確か先日よんどころない用事で…と書いたことがあったかと思いますが、実は恥ずかしながら尿道結石の検査でした。
その結果結石をとることになり、明日から3日ほど入院(別に腹を切るわけではないが、下からとるにしても麻酔等もあり入院することになるらしい)いたしますので、場合によっては明日から更新はしばらくお休みさせていただくことになるとおもいます。
別にどうと言うこともないが、取りあえずお断りまで

アラブ諸国軍の米軍の肩代わり(シリア)?

確か仏大統領が、トランプに対して米軍のシリアからの撤退を思いとどまるように説得したと話をしたところ、米大統領府がこれを否定したとかいうニュースがあったような気がしますが、矢張りトランプは頑固というかamerica first !に凝り固まって、アラブの問題はアラブにやらせろと決めている感じがします。

al qods al arabi net とal jazeera net は16日発行の米wall street journal を引用して、米国はシリアから米軍を撤退させ、その後をサウディ、エジプト、カタール、UAE等のアラブ軍に任せようとしていると報じています。

上記2紙のうち、前者はごく簡単に背景等を説明しているだけですが、後者の方はもう少し詳しく;
・新安全保障補佐官ボールトンが、エジプトの情報局長官代理に電話で打診した。
・他の湾岸諸国とも、資金的貢献も含めて、シリア作戦への参加を打診しているが、米筋は彼らは少なくとも資金面では協力するとみている
・トランプが可及的速やかに米軍を撤退させることに固執しているために、政権の関係者は慌てて、その任務(責任)を地域の国々に分担させることを検討し始めた
・この計画の目的は、ISの復活を防ぎ、イランが更に地歩を広げることを阻止することにあると見られている
・米軍事筋は、米軍に代わる新しいアラブ連合軍の展開は困難に直面するとみている
・サウディ軍とUAE軍はイエメンで作戦中だし、エジプトはシナイ半島の掃討作戦を抱え躊躇している
・またアラブ諸国は、米軍の一部が残らない限り、シリアには派兵しないだろうと見られている
・本件事前の長期戦略もなく、米が一部の兵士を残すかどうかも不明な由
・米専門家も、アサド政権が米軍がシリア民主軍とともに抑えている地域を、ロシアの支援の下でイランとともに奪還しようとするなら、このアラブ連合軍は強力なものでなければならないと見ている
等と報じています。
http://www.aljazeera.net/news/international/2018/4/17/هل-تدخل-قوات-عربية-إلى-سوريا-بدل-الجيش-الأميركي
http://www.alquds.co.uk/?p=918172

もしかしたら、トランプが米軍を撤退させるとかなり前から発言しているので、この話は米政権内で具体的に検討されてきたのかもしれませんが、どうも唐突の思い付きのような気がしてなりません。
記事にもある通り、サウディ、UAE,エジプトはいずれも戦闘行為を抱えている最中で、しかも双方とも、その作戦が非常にうまくいっているという訳でもなく、特にイエメンではある意味で泥沼に入った感じもあり、彼らに大きな余力があろうとも思われません。
それにイエメンでの作戦(ここでは一応エジプトも入っている)を見るとこれら諸国の協力が非常に密に進められているようでもなさそうで、果たしてシリアで統合的な共同作戦が行えるかの問題もあります。
更にそれ以上に、彼らがIS掃討作戦はともかく、イランとロシアに対抗して、シリアの一部地域を確保していく政治的な意思があるのか問題だし、更に言えばこれらの国とトルコはムスリム同胞団の扱い等を巡り対立しており、そのトルコと対立しつつクルドを支援していく意思と能力があるのかも疑問です。
仮に、トランプの思惑が実行されたとしても、米軍としては十分な空軍力を維持するとともに、地上でもそれなりの兵力を維持し、作戦の要というか、司令塔の役割を果たさない限り、上手く動かない話のように思われます。
またこれらアラブ諸国が米軍の肩代わりをすることとなると、「米軍の傭兵」との非難を浴び、彼らの政権の足元がぐらつく可能性さえ出てくるのではないでしょうか?

この話が今後どうなるかわからないうちから、かってな講釈を述べることはこの程度にします。
















日本の桜

5ad3670b2269a21160286821[1]見慣れた景色ですが、日本の桜の写真です。
トルコのhurryiet net はこの写真とともに、日本人が桜を愛することを報道し、洋の東西になるが、トルコも日本も花を愛でるという点でよく似ているとコメントしています。
その他地球温暖化の桜に対する影響等もあり、流石親日国トルコのメディアだけはあると、感心しました。
ミサイルの話よりはこういう写真の方が良いですね
http://www.hurriyetdailynews.com/opinion/aylin-oney-tan/fifty-shades-of-pink-and-purple-130352

シリア空軍基地のミサイル攻撃?

イスラエルのhaaretz net は、シリアSANA通信にょれば中部ホムスのShayrat 空軍基地がミサイル攻撃を受けたと報じていると伝えています。
SANAによれば、16日夜同空港が攻撃され、ヒズボッラーによれば同空港に対し6発のミサイルが、またダマス近くのDumair軍事空港に対して3発のミサイルが発射された由。
これらミサイルはすべて、シリア防空軍により捕捉された由
米軍は、同日同方向で米空軍は全く活動していないとコメントした由。
https://www.haaretz.com/middle-east-news/syria/syrian-state-tv-says-missile-attack-on-air-base-thwarted-1.6009200
確かこのシリア空港に対するミサイル攻撃のことはBBCだったかNHKのbsだったかでも報じられていたように記憶しますが、どうにも不思議なのは、いつも読んでいるアラビア語メディア、y net  news ,hurryiet net 等の中東の他のメディアではまたtく報じられていないことです。
どうやら、米英仏の攻撃でパニクッたヒズボッラーの誤報か、虚偽宣伝か、イスラエル空軍の攻撃等であろうかと想像しますが、イスラエル機の場合なら、アラビア語メディアが全く報じないということもなさそうで、矢張り間違ったニュースなのでしょうね。
まさかフェイクニュースではないと思いますが・・・・

EU外相会議(シリアに対する3国攻撃問題)

欧州諸国の中でも、米英仏のシリア化学兵器に対する攻撃については、温度差があり、その点を調整するために、16日外相会議が開かれましたが、取りあえずの調整はできた模様です。
会議後発表されたコミュニケでは、
 ・英米仏の攻撃は、シリア政権が再び化学兵器を使って、シリア国民を殺傷するのを防ぐという唯一の目的のための、単発的な攻撃であったことを理解し、
 ・化学兵器使用を阻止するためのあらゆる努力を支持する
としている由です。
なお、この点に関しては、各国の外相も、化学兵器使用阻止という唯一の目標だから支持したとしつつ、今後はシリア問題の平和的解決のためにロシアとも協力することが必要になると語った由。
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2018/04/16/-مستقبل-سوريا-أوروبا-تبحث-تداعيات-الضربة-العسكرية.html
http://livedoor.blogcms.jp/blog/abu_mustafa/article/edit

以上EUは取りあえず統一的立場を取り戻した模様で、その意味でも今回の攻撃に英仏が加わったことは、政治的に米国にとっては大きな意味があったかと思います。



サウディ向けミサイルの発射(イエメン)

どうもhothyグループは無尽蔵の弾道ミサイルを保有している、との印象を受けます。
彼等は16日またサウディ向けにミサイルを発射しましたが、このような状況を、サウディと対立するカタールのal jazeera net は「弾道ミサイルがサウディを征服している」との若干どぎつい表現で報じています。

事件は16日夕イエメンからサウディのナジュランに向け弾道ミサイルが発射されたが、サウディの防空システムが捕捉、撃墜したよし。このミサイルはナジュランの発電所を狙ったものの由。
これを発表するアラブ連合軍の報道官は、先週hothyグループがサウディに2機のドローンを飛ばしたことについて警告を発し(確かこの話は報道はなかったように思うが)、今後とも彼らがサウディ向けにドローンを飛ばすのであれば、厳しい報復をすると警告した由。
また特にイランに対し、ミサイルやドローンの供与をしているとして非難した由。
なお、記事はアラブ連合軍の情報として、サナア空港がミサイルやドローンの倉庫になっているとコメントしています。
http://www.alquds.co.uk/?p=917790
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/4/16/بالستي-حوثي-يغزو-الأراضي-السعودية
これだけ毎日発射するミサイルを(イランが供給したとすれば)、イランの財政負担も相当なものだろうと思われます(何しろ密輸ですから、輸送の方にもそれなりにkなりの経費が掛かっているでしょう)
ドローンの方は、小型のものであれば、世界中どこででも調達でき、密輸も簡単かと思いますが、先日ゴラン高原でIDFが撃墜したイラン製ドローンは爆薬を積んで、イスラエルを攻撃するはずであったと報じられています。
たすか数年前、イランは米のプレデターだったかをほぼ無傷で捕捉し、それをリバースエンジニアリングで、イラン製のドローンを製造しているという報道もあるようで、そうなると、そうなるとドローンと言っても軽視できないと思います。
なお、これらドローンやミサイルがサナア空港に置かれているというコメントは気になるところで、アラブ連合空軍が今後報復するとなると、まず第1に狙われそうで、現在同空港からどのくらい国連等の援助物資が入っているかは分かりませんが、仮に攻撃されれば、人道援助がさらに停滞しそうです

米国の家畜を守るトルコ犬(トルコ紙ネットの記事)

5ad0a6c9b699de1e10417cb5[1]トルコ・米関係が緊張している所為でしょうか?
hurryiet  net は、トルコのkangal 犬(写真)が、米国には300万匹も居て、方々で家畜を守ったりする重要な役割を果たしていると報じています。
http://www.hurriyetdailynews.com/turkish-kangal-dogs-protect-american-cattle-across-the-atlantic-130278
犬の種類はよく知りませんが、いかにも強そうな犬ですね
livedoor プロフィール

abu_mustafa

最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ