中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

中東の危険分子はイスラエルとサウディ!!

これまでイランが、中東への敵を非難する時には、米国の次にはイスラエルを挙げたものですが、ヒズボッラーのナスラッラ―書記長は中東の安定と平和への敵は、イスラエルとサウディだと主張したとのことです。

サウディも出世したものとでも言うべきなのでしょうか?
これはal jazeera net がレバノンTVのインタビューを報じているところだが、それによるとナスラッラーは米国と共謀してのサウディの中東への介入が、地域を破壊しつつあると非難した由。
彼はまた、タリバンでもアルカイダでも、調べてみればその後ろにサウディがいるとしたが、これはサウディ外相が米国がヒスボッラーをブラックリストに載せたことを称賛し、ヒズボッラーに対抗する湾岸の同盟が必要と述べたことに対する反論の由。

http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/10/9/نصر-الله-السعودية-وإسرائيل-خطر-على-المنطقة

確かナスラッラーはアシューラの際にも、中東におけるサウディの陰謀と戦争が失敗したとサウディを激しく非難しており(その点は報告済みかと思う)、最近ヒズボッラーとサウディの相互非難が激しくなりつつある感じがしますが、これはやはりその親分であるイランとトランプの対立が激しくなっていることの反映でしょうか?



革命防衛隊はテロ組織?

トランプ大統領は「嵐の前の静けさだ」などというセリフを吐いて、質問に答えてyou will seeといつもの調子で答えたと報じられていて、この嵐というのは対北朝鮮かイランであると見られている模様です。

仮に相手がイランであるとすれば、イランの核開発停止に関する国際合意の一方的な廃棄とも見られているようですが、この合意については西欧やロシア中国のみならず、米国の軍、国務省もイランは合意を守っていると見ていて(その点は担当の国際機関IAEAも同意見)、トランプもイランが合意を破っているとはいえずに、合意の精神を破っているという表現をしているようです。

そうなると、トランプとしての合意破棄はイランとの関係のみならず、同盟諸国やIAEAとの関係悪化も招きかねないところですが、トランプができるもう一つの対イラン措置は、例の革命防衛隊をテロ組織に認定することです。

勿論トランプがその方向に行くのかどうか正しくyou will see なのですが、アラビア語メディア はイランの外務省とイラン軍の、この問題に対する激しい反応を伝えていて、おそらくイランとしてもトランプのテロ組織認定を警戒しているのではないかと思われます。

イランの反応としては、外務省報道官が記者会見で、米国が革命防衛隊のテロ組織認定などという誤った政策をとらないことを希望するが、仮にそのような事態となれば、イランの反応は断固として決定的で相手を圧倒するものとなろうと語った由。

また、イラン革命防衛隊司令官も8日、米国がこのような方法でイランに圧力をかけられると思ったら大間違いで、そのような場合にはイランは米軍をISと同じような存在(要するにテロ組織)とみなすであろうと語った由。

http://www.alarabiya.net/ar/iran/2017/10/08/إيران-تحذر-أميركا-من-تصنيف-الحرس-الثوري-منظمة-إرهابية.html
http://www.alquds.co.uk/?p=805013

ISと同様の存在とは、正統な攻撃対象という意味でしょうが、本当にそこまで意図しているか否かはともかく、トランプと金の罵り合いと言い、とにかくこのところレトリックが激化していて、、危険な状況をさらに危険にしている感じがします。

ラッカ奪還作戦も終結間際?

これまでも何度かラッカの完全奪還は近いという報道が見られましたが、al arabiya net はシリア民主軍の報道官(女性)が、数日中にラッカの完全奪還の発表ができるであろうと語ったと報じています。
また同軍の西部地区現地司令官は、シリア民主軍は8日夕、ISに対する最後の作戦を行うと語ったよし。ロイター電は攻撃は競技場を主攻撃目標として、包囲戦になるだろうとしている由。
他方国連人道問題調整官は、ラッカには未だに8000名の住民が包囲され、人間の盾とされていて、電気も水も衣料品もない劣悪な環境にあるが、避難もできない状態にあると指摘した由
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2017/10/08/سوريا-الديمقراطية-إعلان-تحرير-الرقة-خلال-أيام-.html

トルコ軍のイドリブ地域への侵入

先に報告した通り、トルコ軍はイドリブの北の国境地帯に部隊を増派していましたが、アラビア語メディア等によれば、その先遣部隊がシリアに入った模様です。
尤も、トルコは今のところイドリブでの任務は、非戦闘地域関心ための監視所の設置とクルドの支配する飛び地afrinの隔離であるとして、重火器類はいれてない模様です。
これを報じるメディアの中で、huryyiet net とakl qods al arabi net の記事が特に注目されたので、記事の要点のみごく簡単に紹介しておきます。

hurryiet net
トルコは今回の作戦も「ユーフラティスの盾」と同様に自由シリア軍中心で、トルコ軍がこれを支援するとしているが、今回の作戦ははるかに危険である。
前回は自由シリア軍に600、トルコ軍委67名の戦死者がでて、ISは3000名を失ったが、イドリブの各地にはヌスラ戦線の兵員200000〜30000名が存在し、彼らは民間人の間に居住している
発表された作戦目標は停戦の監視で、このためトルコ、イラン、ロシアはそれぞれ500名を配属することになっているが、トルコはこの倍の兵員を配備することは確実である。
トルコ軍は国境地帯に安全地帯を設けるであろう。
またロシア軍機等は既にイドリブのヌスラ戦線等を空爆しており、作戦がこれらの分子の排除も狙うことは必然であろう。
いずれにしてもトルコ具の将来の作戦目標は更に拡大し、afrin地区の隔離も目指すこととなろうが、米国ロシアの反応が注目される。
http://www.hurriyetdailynews.com/turkeys-idlib-operation-will-be-much-more-risky-than-euphrates-shield-120537

al qods al arabi net
国共のアタマ検問所からトルコ軍の車列が自由シリア軍に随伴されてシリア領に入った。
トルコ軍の目標については種々の見方があったが、トルコ政府の声明で、停戦監視のためで、シャム解放機構との衝突のためではない、ということで、少なくとも第1段階の目標は明確になった。
同機構に近い者も、最近トルコと同機構との間で、熱心な協議があったとしている。
トルコ軍等もイドリブ中心への前進を目指してはいない模様
トルコ軍も第1段階は、監視所の設置のために、「攻撃的ではない「」武器を配置するとしている。またafrin との境界に3つの検問所を設置し、安全なベルトを構築するとしている。
それらはsamaoun 山、tel rafaaat 周辺、南のjadilees 周辺である。
これはクルドの飛び地を孤立化させ、他の国境地帯のクルド支配地域との接続を遮断するトルコの目的からくるものである。
しかし、トルコとシャム解放機構の間の不信感からしても、かれらがトルコがafrin地区に進撃したり、クルドYPGを攻撃することを認めるとは思われない。解放機構は、今回のロシアトン合意の下のトルコの侵入が将来の、イドリブ全体を支配しようとの作戦につながることを懸念している。
地域の専門家はトルコはユーフラティスの盾作戦で、自由シリア軍お弱体振りを目のあたりにし、彼らをシリアに入る口実として使っていて、彼らに頼るつもりはないとしている。
また別の専門家はトルコ、ロシア、イラにはそれぞれ別の戦略目標があるとしている…トルコは対afrin地域、イランはシーア派のkafriya ,al khouaの2村落、ロシアはヌスラ戦線の壊滅の由
トルコのヌスラ戦線との衝突は先の問題だろうとしている
他方ロシアといらの関心はafrin ではなく、ヌスラを駆逐して、シリア全土をアサド政権の下に回復することであるとしている。
http://www.alquds.co.uk/?p=804733























イラク・シリア国境地帯からのISの排除

イラク軍がキルクークの西にあるal hawaija を奪還した事は先に報告しましたが、al arabiya net は、有志連合は、現在でも約2000名のIS戦闘員がシリア・イラク国境地帯に存在しているが、ISに対する決定的な打撃はこれらの戦闘員を排除することである声明し、この地域におけるISの壊滅が始まったとしている由。
声明はさらに、現在の本当の戦闘は、これまで潜伏していたISの休眠細胞が、数か月から復活した事に対するものであるとしている由
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/iraq/2017/10/08/التحالف-نهاية-داعش-ستكون-على-الحدود-السورية-ـ-العراقية.html
モースルの戦いはh上に時間を要したが、その後のイラク軍等の作戦はますますその前身の速度を上げており少なくとも報道で見る限り、シーア派の最大行事のアシューラでも最近はバグダッドやその周辺でも大規模なテロは起きていない模様で、少なくともイラクではISの活動力は抑え込まれつつあるように思われます。

クルド自治区問題

朝方クルド自治区の大統領府が、バルザニとアラウィ等2名の副大統領が、自治区の今後について中央政府と自治政府で至急協議することに合意したと発表したが、イラク政府からのコメントはないと報告したかと思います。
案の定というべきか、al arabiya net はイラク議会が、いかなる人物もクルド自治区の勝利について交渉する権限を付与されていない、として合意を否定したと報じています。
更に副大統領2名が属する政党(政治グループ)も、いかなる協議も行われておらず、(合意があったとすれば)一方的な行為であるとして、同じくこれを否定した由。
イラク政府からのコメントは依然ない模様
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/iraq/2017/10/08/بغداد-تنفي-أي-اتفاق-مع-إقليم-كردستان.html

どうやら朝方の合意というのは、2人の副大統領の個人的イニシアティブであった模様ですが、イラク政府が否定も非難もしていないというところが、ある意味で興味のあるところです。
取りあえず







クルド自治区問題(イラク)

クルド自治区問題の平和的解決の端緒になるのでしょうか?

al qods al arabi net と al jazeera net は、7日クルド大統領府が、バルザニ議長と2名のイラク副大統領(アラウィ元首相とosama al najifi)との間で、クルド自治区問題の平和的解決のために、イラク政府とクルド自治政府との間で交渉を行うことに合意したと発表したと報じています。
それによると関係者は、両者間で即時対話と協議を始め、イラク政府のクルド自治区に対する制裁(空港の閉鎖等)も即時撤廃されることで合意したとのことです。
記事はともに、この合意はクルド問題について、イラク政府とクルド自治政府の責任者の初めての会合であるとコメントいています。
しかし、7日夕刻までにイラク政府からのコメントは出ていない由
http://www.alquds.co.uk/?p=804256
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/10/7/اتفاق-بين-البارزاني-وعلاوي-والنجيفي-لحل-أزمة-كردستان


確かイラクには5名の副大統領がいて(これまでの実力者を祭り上げるポストのイメージが強い)、例えばマリキー元首相など、イランお傀儡的発言を繰り返していて、彼らの言っていることがどの程度、イラク政府の意向を反映しいるのか不明なことが多い。
今回も、即座にイラク政府が合意の歓迎と支持の発言をしていない、ということは事前に十分打ち合わせたうえでの会談ではないことを物語っているようで、要するにイラク政府としては、合意の特質について政府内で検討しているものと思われます。
まだ楽観するには早すぎるようです





イドリブでの大規模作戦(シリア)

シリアでは最近ロシア空軍の活動が極めて活発になり、特にイドリブ地域では住宅密集地域や武器弾薬庫に対する空爆が続いていることは、報告済みですが、どうやらこのようなロシア空軍の活動は、同地域からヌスラ戦線(シャム解放機構)等の過激派を一掃するとの、今回の大規模作戦と関係している模様です。

アラビア語メディアおよびhurryiet netによれば、エルドアン大統領は7日、イドリブ地域からヌスラ戦線等の過激派勢力を一掃するための大規模作戦が始まったと声明したと報じています。
それによると、作戦は自由シリア軍が担当し、それを地上ではトルコ軍が支援し、航空ではロシア機が支援することになっている由で、基本的には昨年トルコが自由シリア軍を支援して行った「ユーフラティスの盾」と同じ洋装のものとなるだろう由(ということはトルコの大規模な戦車装甲部隊が支援し、ロジ面でもトルコが支援する形となり、トルコ軍が実質的に大きくかかわることとなる)
記者等の質問に答え、現在のところトルコ軍は国境内に居て、イドリブ内の作戦は自由シリア軍が行っていると答えた由(ということはいずれ越境するという意味でしょう)
またイドリブに居る自由シリア軍は作戦の為に北上し始めた由(要するにトルコ国境を目指している模様)
またこれまでも何度か報告したようにトルコは、この方面で国境地帯への部隊を増派してきたところ、トルコ軍参謀総長は陸空司令官や情報長官らとともに、7日国境地帯を視察した由。
なお、今回の作戦委はトルコ軍とロシア軍が支援することになっているところ、トルコ軍はイドリブ内で地上部隊での支援、ロシア軍はイドリブ周辺での空軍による支援となる由
他方、作戦の対象となるシャム解放機構は声明で、この作戦を否定し、イドリブでの戦闘は「きれいなもの」とはならないだろうとした由…その意味は不明だが自爆攻撃とかテロ作戦を意味していると思われる
取りあえず
http://www.hurriyetdailynews.com/president-erdogan-announces-start-of-idlib-operation-120494
http://www.alquds.co.uk/?p=804295
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2017/10/07/أردوغان-يتحدث-عن-عملية-كبيرة-في-إدلب-و-الجيش-الحر-يتجه-نحوها-.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/10/7/هيئة-تحرير-الشام-عملية-إدلب-لن-تكون-نزهة












ジェッダの王宮に対する攻撃(サウディ)

このところサウディに関するニュースばかり書いていますが、今度の事件はジェッダにある王宮(王が市民と会見したり、閣議の場所として使われている由)が、襲われた事件です。
事件は7日未明に、王宮に近づいてきた車から、王宮向けに射撃があり、これに警備隊が応戦し、警備隊等に2名の死者、3名の負傷者が出たが、攻撃した男も殺され、車からはカラシニコフの他モロトフカクテルなどが発見された由。

班員はサウディ国籍の28歳だったかの青年とのことだが、犯行の動機とか、その他背後関係は不明の由
http://www.alquds.co.uk/?p=804160
http://www.alarabiya.net/ar/saudi-today/2017/10/07/السعودية-استشهاد-جنديين-وإصابة-3-في-هجوم-جدة-.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/10/7/قتلى-وجرحى-في-هجوم-على-القصر-الملكي-بجدة

取りあえずのところ、詳しい情報はない所、どうやら犯行が単独のようで、銃1丁とモロトフカクテルといういかにも幼稚な武器を所持していたことからすると、IS等のテロではなく、もしかすると先日お伝えしたハイル等と同じく、サウディの保守派の女性運転許可問題等に対する抗議の意思表示かも知れません。
勿論、詳しい情報が皆無の段階ですから、性急に決めつけるのは間違いかと思いますので、続報を待ちましょう








ロシア軍のシリアでの殺戮の増大(風刺画)

c4c971ae-a56c-4b56-9f44-c8546bfd519e[1]シリアのプーチンと題した風刺画です。
彼の持っている鎌とハンマーはソ連の象徴でしたが、要するに彼はKGBの出身か同じやり方だと言いたいのでしょうか?
鎌とハンマーが血にまみれているのは、最近のシリアにおけるロシア機の空爆激化と民間人の死者増大を意味しているのでしょうね
http://www.aljazeera.net/news/caricature/2017/10/5/كاريكاتير-بوتين-في-سوريا










livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ