中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

2010年08月

フランクフルトのモスクの閉鎖

欧州のムスリム(特に若年層)の過激化が指摘されていて、特に特定のモスクがこれら若者たちを対象に過激派のテロ要員養成機関であるとして問題視されてきました。
この問題に関して、9日付のhaaretz net はドイツのハンブルグの内務省がアルカイダモスクとして知られていたal taiba モスクを閉鎖し、そのモスクを運営していた文化団体は禁止されたと報じています。
ハンブルグ内務省によれば、このモスクはかなり前から監視されていたが、過激派のリクルート及び会合の場所として使われていることが明らかとなったので、閉鎖したとのことで、内務省の係官が無い部捜査の結果多くの過激派文書を押収したとのことです。
内務省に依れば、モスクが閉鎖されたのはこれが最初とのことですが、モスクのメンバーの多くがイスラムに改宗した独人か中央アジアの人間とのことで、彼らが新に過激化するのはウズベキスタンの過激派訓練キャンプを訪問してから、とのことです。
http://www.haaretz.com/news/international/german-police-shut-down-mosque-once-used-by-sept-11-attackers-1.306940

イスラエル人の釈放(リビア)

9日付のhaaretz net は秘密vハネルを通じての交渉の末、3月以来リビアでイスラエルのスパイ容疑で逮捕されていたイスラエル人が釈放されたと報じています。
彼はチュニジアとイスラエルの2重国籍を有する男で(注:チュニジアには古代かrのユダヤ人コミュニティが存在していたとのことで、特にジェルバ島は北アフリカで最も古いシナゴーグがあるところとして有名で、このシナゴーグは現在でも現役として礼拝の場所になっています)、リビアのユダヤ人コミュニティを研究していて、3月にリビアに入り、シナゴーグの写真を撮っているところをスパイとして逮捕され、その実がらはリビア情報当局に引き渡されたと言うことです。
彼が、逮捕の直前にチュニジアの家族に電話できたことから、イスラエル政府の秘密のリビア政府との接触が始まり、米、仏、イタリア等政府を通じて彼に釈放方交渉してきたが、特にイタリア政府が熱心であった(注:イタリアの情報機関は北アフリカ、特に昔の植民地であるリビアとの関係が強いと言われている)が、思わしい成果を上げなかったとのことです。
そこで、リーバーマン外相が、彼の東欧、中欧の個人的な知り合いを通じての働きうかけを始め、カッダーフィの息子と親しいと言われているオーストリアの実業家を通じての交渉が功をせいして、彼は8日遅くウィーに到着したとのことです。
なお、交渉の取引の結果、リビア船がガザ封鎖を突破して届けるはずであった物資でイスラエルの抑留されていた救援物資がガザに送られたとのことです。
それにしてもイスラエル国籍を持つ男で、あのなにをするか解らないカッダーフィのリビアに入ろうとする者がいるのは驚きです。ある意味で、リビアの情報機関が彼をスパイと考えたのも無理ないかななどと思ってしまうくらいです。
http://www.haaretz.com/news/diplomacy-defense/israeli-held-in-libyan-prison-freed-in-secret-deal-1.306820

アザーンの音量制限(PAとイスラエル当局との合意)

イスラム諸国を旅行してまず目にする(と言うか耳にする)のがアザーン(モスクからお祈りを呼び掛ける声)でしょう。
モスクにミナレ(尖塔)がついているのはかっては、この上から肉声でアザーンを朗々と流して、信徒にお祈りを呼び掛けたためです。しかし、最近はイスラムも機能主義になったせいか、このアザーンは肉声ではなく、殆どがマイクを通じてスピーカーで流されるようになりました。
肉声ではなくスピーカーですから、音量をいくらでもあげることは可能で、遠くの信徒からも聞こえるようにとの配慮からか?どこのモスクでも音量を競い合うように上げる傾向があります。
このためモスクの正面、特にスピーカーに面した所に居住する非ムスリムは音量に悩まされることになります。
かく言う私もイエメンで、モスクの正面に住んでいたものですから、特に明け方のファジュルのアザーンには初めのうち(要するに慣れるまで)は相当悩まされたものです。なにしろこのお祈りの時間は未だよるが白々と明ける直前の時間なのですから、不信人ものには堪りません。
不信人ものの私など、時々過激派連中があれだけ昔のイスラムに帰れとか、新しい西欧文明にかぶれるのはけしからんとか、大騒ぎするのであれば、スピーカーみたいな西欧文明を使うのはイスラムに反しているので、アザーンはすべからく肉声でやることと主張してくれないか、などと夢想するほどです。
そこで9日付のal qods al arabi net は、イスラエル占領地の西岸で、PA政府とイスラエル軍当局が、このアザーンの音量を一定如何に探ることについて合意したとイスラエル紙エディオノート・アhラノートを引用して報じています。
それによるとこの協定は音量が大きいとの入植者からの抗議に応じて、イスラエル当局とパレスチナ政府とが協議のうえ合意したもので、具体的な音響の程度とかについては、それぞれの場所の条件に応じて現実的に決められ、また金曜礼拝呼びかけのアザーンは町で一つのモスクに限定するとのkとです(町と言ってもラマッラやナブロス等は大きいので、多分一つのモスクと言うことはないとは思うのですが。その辺は不明)。
この協定についてイスラエル当局は極めて満足していて、これで両住民間の摩擦のかなりの原因が取り除かれたとしているとのことです。
これに対して、当然予測されていたことですが、ハマスは激しく反発して、PLOはイスラエル占領者と共謀して、パレスチナ住民のみならず、イスラムに対しても戦争を仕掛けたと非難しているとのことです。
ハマスはさらに、PLO政府はモスクのイマームやアザーンの呼びかけ人等の削減を進めており、これらの重要な職務を遂行する人のいないモスクが増えているとして、PA政府を激しく攻撃しているとのことです。
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=today\08z47.htm&storytitle=ff????? ???????? ? ??????? ??? ???  ??? ?????? ?? ????? ???? '????' ??????????fff&storytitleb=&storytitlec=

新しい潜水艦のお披露目(イラン)

前日日本のタンカーがホルムズ海峡で事故(爆発)にあった原因については、どうも小型舟艇からの攻撃という見方が強くなっているようですが(たしか過激派グループも犯行を声明したが、便乗だろうとの声もあるとか)、世界の原油の40%が通過するホルムズ海峡は、また新しい脅威にも曝されそうです。
9日付のal qods al arabi netは、イランがあったらしい潜水艦のお披露目をしたとしてイランのYVを引用して報じています。
記事の要点のみ
「イランは8日新しい現地製の潜水艦4隻をお披露目した。
イランTVは潜水艦がイランの港を出航するところを映していたが、これらの潜水艦はgadir級の120トンの小型潜水艦で、2007年に建造が始まってからこれで11隻が建造された。
イラン政府によれば、これら潜水艦は、特に浅い海域での作戦に優れ、沿岸からの作戦では長期間の行動が可能で、イラン国防大臣はこれらの潜水艦及びミサイルの装備で、イランは地域の平和を守る能力を身に付けたと発言している。
イランはこの他に、ロシア製のキロ級潜水艦3隻を有する他に、現在500t級の新しい潜水艦の建造も行っている。
イランの関係者はこれらの海軍兵力を持ってホルムズ海峡及びペルシャ湾、オマン湾の封鎖は十分可能であるとしている。
また米国当局もこれらイラン海軍艦艇が、ペルシャ湾の自由航行にとって大きな脅威であると考えている」
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=today\08z48.htm&storytitle=ff?? ????? ??????? ????? ?? ??????? ?? ??????fff&storytitleb=????? ???? ???? ?????? ????? ????? ?????? ????????&storytitlec=

ハマス支持学者の逮捕

西岸の占領地におけるPA政府とハマス支持者の関係は常に微妙なものがりましたが、8日付のjerusalem post netは、過去1週間の間に多くのハマス支持の学者を含むパレスチナ人がPA政府の各種治安機関によってベツレヘム、へブロン及びラマッラで逮捕されたと報じています。
ナブルスの国立大学の元イスラム法学学部長は6日夕刻に逮捕された。
関係者によれば、この大学の講師、教授のうち少なくとも8名が週末に逮捕された由。
またその他でもパレスチナ新聞協会はPA政府が、西岸のTV及びラジオ局を閉鎖し、報道関係者を襲ったことを非難したとのことです。この事件に関して、閉鎖に抗議した報道関係者3名が殴られ、PAの情報大臣が謝罪したとのことです。
これらの学者や報道関係者は、ハマスとの関係を疑われて逮捕されたもので、彼らの職業とな関係が無いとしている由。
また現在パレスチナの牢獄には多数のパレスチナ人が裁判もなしに、また過酷な状況で収監されており、中には拷問されたと訴えているものもいるとのことである。
http://www.jpost.com/MiddleEast/Article.aspx?id=184010
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ