中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

2013年04月

美人クルド戦士

1CADLDOYWシリア国境に住むクルド人はシリア内戦で難しい対応を迫られており、反政府側に立つ者、反政府ではあるが特にヌスラ戦線等のイスラム原理主義者には反対である者、政府側につくものとうその態様もわかれているようですが、29日付のal arabiya net は40人のクルド人女性が反政府のクルド人女性部隊を作っていると報じています。
そのうち写真にある女性兵士は、シリアでの戦いは、アサド政権に対する戦いであると同時に、総てのシリア人女性のための戦いであると語ったとのことです。
どうも当方幾つになっても美人には弱いので、折角の写真を無断借用しておきます。
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2013/04/29/40-امرأة-كردية-يشكلن-خلية-للقتال-ضد-نظام-الأسد.html

クルド問題へのイランの介入?

トルコの長年の頭痛の種であったクルド労働者党PKKの独立要求と武力闘争に関しては、トルコ牢獄内に居るPKK指導者オジャランとトルコ政府との間で和解の合意ができ、PKKの武装要員はトルコからイラク北部に撤収することになっていましたが、30日付のal sharq al wsat net とal arabiya net はイランがこの合意をサボタージュするために動いていると報じています。
前者は、この和解の動きを阻止するために イランがPKKの軍事指導者murad kara yran (アラビア語からの音訳)に対して、武器及び物資の供給を打診したことは、非倫理的であるとのトルコ政府筋の言葉を伝え、トルコでは大騒ぎになっていると報じています。
但し、この報道に関してトルコ政府は否定も肯定もしていないとのことです。
他方後者は、トルコ紙melett はトルコ政府の言葉として、イラン情報機関が武力闘争を続ける見返りとして、武器供与及びロジ支援を行う用意があると申し入れたと報じてると伝えています。

記事の要点は以上で、何時も読んでいるhurriyet net 及びtoday's zaman net の2には関連記事が見当たりませでしたが、取り敢えず
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2013/04/30/مساع-إيرانية-لعرقلة-حل-الأزمة-الكردية-في-تركيا.html
http://www.aawsat.com//details.asp?section=4&article=726741&issueno=12572

エジプト政局

エジプトでは内閣改造が表明されてから若干時間がたっていますが、30日のal sharq al awsat net は、同紙が消息筋から聴きこんだところとして次のような状況を報じています。
真偽のほどは不明ですが、仮にそのような状況であるとすれば、ムルシ―の政局運営はエジプト情勢をますます不透明にしているようなきがします。

・内閣改造の発表は2度延期され、今週末になることが予測されている。
内閣改造が順調に進んでいない最大の理由は、多くの有力者、政党人がカンディール内閣で仕事をすることを拒否していることにある。
・大統領府は、救国戦線(最大の反対派)を含む国内各派に大臣ポストをオファーしたと声明していたが、消息筋は確かに多くのポストが提示されたが、提示されたものはいずれも参加を拒否したが、それはカンディールの不人気が最大の原因である由。
・また新内閣の寿命が、新しい国会議員選挙までの間で、精々数か月と見込まれることも困難にしている原因の一つである。
・消息筋は大事の交替は精々5〜8にとどまるが。そのうち主要なものは法務、電気、文化、環境(法務を除いたら主要閣僚はいない)であろうとしている。
・またムスリム同胞団も、自分たちが施政の失敗の責任をかぶせられ、非難の的になるのを避けるために。全面的改造として入閣することに消極的で、むしろ次の選挙でも大きな影響力を有している知事ポストの方に関心を示している。
・いずれにしても救国戦線等反政府派は、カンディールの辞任を求めて、新内閣への参加を拒否している。
http://www.aawsat.com//details.asp?section=4&article=726715&issueno=12572

シリア情勢(29ひ)

本日も授業があるのでごく簡単に

29日のシリア情勢につき何時もの通りといまとめたところ次の通りです。
おきな事件としてはシリア首相の暗殺未遂の他に、ロシア航空機が地対空ミサイルで狙われた事件がありました(回避して無事)。
また複数のメディアは戦争拡大の危険性があるとして、シリア政府は米軍の介入に備え、ロシアの技術援助で首都の防空能力を強化したと報じています。

・29日シリアでは97名が死亡した。
大部分がダマスと周辺とダラアであった。
http://www.aljazeera.net/news/pages/08de10a4-64f1-4763-bc5e-a9128849efdf
・各地で戦闘が強まっているが、ダマスと周辺では政府軍が砲爆撃を強化しており、特にダリヤでの攻防が激しい。またダマスではロシアの援助で防空体制が強化された。
dir al zur も激しい砲撃にさらされているが、ラタキア方面では自由シリア軍が高地3つを占拠した。
・シリア首相の車列に対する車爆弾のテロがあり、6名死亡、15名負傷したが、首相自身は無事であった。
・エジプトからのロシア航空機が、シリア上空で対空ミサイルで狙われたが、機長が回避して無事であった。
http://www.aljazeera.net/news/pages/08de10a4-64f1-4763-bc5e-a9128849efdf
http://almayadeen.net/ar/news/syria-FM3XS546iU,oOKGvAIdXPA/نجاة-رئيس-الوزراء-السوري-من-محاولة-اغتيال
http://almayadeen.net/ar/news/syria-kA_kvoXxvE2,LKGvARA3Tw/هجوم-بصاروخين-على-طائرة-ركاب-روسية-في-الأجواء-السورية
・自由シリア軍はイドリブのabudhfour空港、ハマの軍事飛行場、アレッポのquweirs空港の3つの軍事飛行場に対する激しい攻撃を行っている。
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2013/04/29/الجيش-الحر-يشن-هجمات-عنيفة-على-المطارات-العسكرية-للنظام.html
・イドリブのsaraqobで政府軍機が爆撃で「異様な物資」をばらまき、2名死亡し、20名が負傷した。病院からの映像によれば、犠牲者は窒息した様相を示している。
http://www.aljazeera.net/news/pages/08de10a4-64f1-4763-bc5e-a9128849efdf
・国連事務総長はシリア政府に対して、国連化学兵器調査団に対して障害なくシリア各地の調査を認めるように要請し、この問題で米国情報当局の報告(要するに政府軍が化学兵器を使用したらしいということ)を真剣に受け止めていると述べた。
http://almayadeen.net/ar/news/americas-LSi7bv1meUaXDaGvAQEVQQ/بان-لدمشق-وافقوا-على-التحقيق-دون-شروط
・オバマ大統領は29日電話にてプーチンに対して、シリアの化学兵器に関する米国の懸念を伝えた。
国連はシリア政府に対して国連調査団の自由な調査を認めるように要請した。
http://www.aljazeera.net/news/pages/dd56cd7f-1252-492f-88d5-781ec2684c5f
・レバノンではロシア外務次官の訪問とヒズボッラーのナスラッラ書記長との会談後、シリアの情勢がレバノン等を巻き込み、拡大する可能性があるとして緊張が高まっている。
外務次官はプーチンからの親書を手交し、ナスラッラと二人だけで会談したが、両者は今後シリア問題について連絡、提携を深めていくことで合意した模様。
ヒズボッラは、特にシリア首相の暗殺未遂後、反政府勢力が首都の中心まで制圧する可能性を危惧しており、動員、警戒態勢をとっている。
シリアの戦闘が拡大する場合には、レバノンのみならずイランまで巻き込む可能性があることが危惧されている。
http://www.aljazeera.net/news/pages/dd56cd7f-1252-492f-88d5-781ec2684c5f

元首相の大統領立候補(チュニジア)

いや頑張りますね。老人パワーと言うべきか・・・

28日付のal qods al arabi net とal arabiya net は、元首相のal baji qaid al sibsi (チュニジア・コーリング運動の創設者でその党首)が来たル大統領選に立候補すると報じています。
これは同運動の幹部がドイツ通信に対して語ったところで、sibsi 氏はチュニジア初代大統領ブルギバからの政治家で、チュニジア革命後当時のガンヌーシ首相(ナハダの党首とは別人)の辞任を受けて2011年2月から13月間首相を務めた86歳のベテラン政治家です。
2のネットとも、同党がこのタイミングで立候補を発表する理由は不明としていますが、前者の方は「現在検討中の新憲法では外国籍tの2重国籍者は立候補資格がないことになっているが、年齢制限が設けられるかは不明」とコメントしています。

記事の要点は以上ですが、確か最近イタリアの政治危機をおさめるために急遽大統領に再選されたナポリターノだったかが同じ86歳で、彼は不本意ながら祖国の政治危機のためにもう一つ御奉公するかと言うことになったのに対して、sibsiは自ら手を上げるようで、いや、元気なことです。
取り敢えず
http://www.alarabiya.net/ar/north-africa/2013/04/28/توقعات-بإعلان-السبسي-رئيس-نداء-تونس-ترشحه-للرئاسة-.html
http://www.alarabiya.net/ar/north-africa/2013/04/28/توقعات-بإعلان-السبسي-رئيس-نداء-تونس-ترشحه-للرئاسة-.html
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ