中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

2013年07月

エジプト情勢(風刺漫画)

370[1]エジプト情勢に関するアラブ世界の意見対立を物語るような、どぎつい風刺漫画を一つ。
クーデターに最も批判的なアラブメディアのal jazeeranet の漫画ですが、軍人は口語で「お前と家族を殺したい。俺はそうする授権を有している」と語っていて、その手にはピストルと授権証が握られています。
同じネットのもう一つの漫画は、これまで軍と民衆が銃を持ってイスラエルと対峙していたところ、クーデター後は軍とイスラエルが同じ側に立って民衆とや維持している図ですが、これも相当どぎつい漫画ですよね。
http://www.aljazeera.net/caricature/pages/d14dbf11-6f61-4318-a6fb-dbbe79733d97

エジプト情勢(追加)

朝方EUの外交担当アシュトンに関する若干の報道をお伝えしましたが、矢張りal arabiya net が報じたところの記者言会見切り上げは事実だったようで、al jazeera netもこの事実を報じるとともに、アシュトの仲介努力は失敗したと報じています。
勿論仲介努力の具体的な中身が何で、なぜ失敗したのか等は不明ですが、恐らくは朝推測したようなムルシ―の今後の処遇に関する意見の相違ではないでしょうか?

そして、今度は米国の出番のようで、上記2ネットとも、アシュトの出発数時間内にオバマがカイロへの米特使2名を派遣することになったと報じています。
al jazeera の方は、例の元大統領候補マッケイン等上院の外交・安全保障委員会の議員が候補に上っているとしているところですが、al arabiya の方は、一歩踏み込んで、オバマがマッケインとリンゼイ・グラハムの2名の共和党議員にカイロ訪問を要請し、彼らは来週にもカイロを訪問するであろうと報じています。
ちらりと見たBBC net とCNN netではこのことは報じておらず、事実関係も不明で、又何故態々民主党ではなく共和党議員に依頼するのか(失敗した時に責任回避か?)も不明ですが、とりあえず。
もしかしたら、このニュースが取り敢えずエジプト政権の強硬策に歯止めをかける可能性もあるやにも思われますが、どうでしょうか?
http://www.aljazeera.net/news/pages/c670b23f-edd4-4798-badd-3da190007bf9
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/egypt/2013/07/31/أوباما-يوفد-مكين-وغراهام-للقاء-القيادة-والمعارضة-بمصر.html

チュニジア情勢

チュニジア情勢もさらに混迷を深めているようです。

元首相のシブシ―等は現政府を批判して、有能なものの率いる挙国救済政府の必要性を呼び掛けてきましたが、al qods al arabi net やal arabiya net は、政治家2名の暗殺事件等を巡り、批判の矢面に立っているlutfi ben jadou 内相が辞任したいが、国家の危機に際して責任を果たすためその職にとどまっているとして、辞職したい意向を表明するとともに(al arabiya net は同内相始め数人の閣僚が辞表の意向を表明していたと報じています)、チュニジアが現在直面している難局から抜け出すために救国政府の樹立が必要であるとの意向を表明したと報じています。
(大多数の反対党や国民組織は、現政府の解散と救国内閣の樹立を呼び掛けてきたが、ナハダ出身のal al aridh首相が繰り返し拒否してきたところで、内務大臣がこの様な考えの支持を表明したことで、首相がますます孤立する可能性も出てきたように思われます)

他方、同内相は暗殺の目標とされる政治家、報道関係者、文化人のリストが存在すると述べ、内相自身もほかの複数の閣僚とともに自殺テロの標的になっていると語った由。
そして、暗殺された2名の世俗政治家の容疑者については、前例のない人数と組織を投入して、その逮捕を目指しているが、彼らは以前考えられていたよりもはるかに良く組織され、危険な存在であることが判明したとして、国民に対してテロ対策チームに対する全幅の協力を呼びかけた由。

http://www.alarabiya.net/ar/north-africa/tunisia/2013/07/30/تونس-وزير-الداخلية-يعلن-استعداده-للاستقالة-.html
http://www.alquds.co.uk/?p=67959
http://www.alarabiya.net/ar/north-africa/tunisia/2013/07/31/السبسي-يوافق-على-الحوار-وينتقد-حكومة-العريض.html

シリア情勢(30日)

30日のシリア情勢についてとりまとめたところ次の通りです。
これまで連日克明は報道をしてきたal jazeera netはこのところシリア報道が手薄になっています。その原因は不明ですが、カタール国王の交替やエジプト政変が何らかの影響があるのでしょうか?

・30日シリアの死者は150名であった。そのうち95名が民間人で、35名が政府軍、5名が反政府軍であった。
http://www.alquds.co.uk/?p=67975
・反政府軍はダラアとハマで地歩を広げた。
・ダラアでは数日化の戦闘の後、2の政府軍大隊を制圧した。双方に多くの死傷者が出た。
・中部のハマでは市の郊外の自由シリア軍が、郊外のsuha,aqirbat,al naimah ,hamadi amr ,qimbar等の村落を制圧した。
・ダマス周辺では国際空港近くの拠点を巡って激しい戦闘が続いている。
・政府軍はイドイブの多くの町村、ダマス郊外のダリヤ、ダラアで激しい砲撃を行っている。
http://www.alquds.co.uk/?p=67975
・自由シリア軍はダラアの輸送大隊を制圧し、ダマス郊外のゴータで地歩を広げていると発表した・
・他方政府軍がホムス市及び近郊で新たな虐殺を行ったとも発表した。
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2013/07/30/مجزرة-جديدة-لقوات-الأسد-بحمص-و-الحر-يتقدم-بريف-دمشق-.html
・イスラム民兵はゴータで政府攻撃ヘリを撃墜したビデオを公開した。
http://www.alquds.co.uk/?p=68025
・ハサカ県ではクルド民兵と、「イラクとシャムのイスラム国家」およびヌスラ戦線との間の戦闘が再開した・
http://www.alquds.co.uk/?p=67975
・シリアのクルド人指導者aisa hasuの暗殺に伴い、クルド人民防衛隊(PYDの軍事部門の由)
は、総てのクルド人に総動員令をかけ、武器を持てる者は武器を持って、「イランとシャムのイスラム国家」とヌスラ戦線の攻撃に対してクルド人地域を守るように呼びかけた。
なお、この指導者はal qamisheliで車爆弾で暗殺された。
http://www.alquds.co.uk/?p=68020

エジプト情勢(30日)

エジプトの情勢についてはアラビア語メディアのネットを読んでいても、ニュアンスの違った報道が見られ、又実際に何が起きているのか、良く判らない所がありますが、取り敢えずとりまとめたところ次の通りです。

・30日カイロ等では同胞団の呼び掛けた100万人集会が行われたが、治安当局や反ムルシ―派との衝突はなかった模様です。
参加者数等については不明です。
al arabiya net は親ムルシ―派が軍情報部の前でデモを行ったが、その後引き上げたと報じてます。
又女性数100名がUAEのクーデター支持に抗議して同国のタ大使館の前で集会を行ったとのことです。警官隊との衝突はなかった模様。

・EU外交代表のエジプト訪問については、彼女が現政権とムルシ−の双方と会談したこともあり、EUとしての何らかの仲介をしたのではないかと推測されますが、その点は不明確(al qods al arabi net  等は、同胞団の軍の示した工程表参加を条件に、ムルシ―以下の同胞団を安全に釈放するとの提案をしたと報じている)です。
この点に関し3の報道があり、
al qods al arabi net は上記提案が失敗したので、今後軍による同胞団座り込み者に対する強制排除の道が開けたと報じている
他方、al jazeera net は、アシュトンは出発前の記者会見でEUとしては今後とも仲介努力を続けると約し、必要があれば彼女自身再訪すると語ったと報じています。
これに対してal arabiya  net は、その記者会見でエルバラダイ副大統領が今後ムルシ―の政治的役割はないと語った直後に、アシュトンは飛行機のスケジュールのためとして、記者会見を中座したが、これは外交儀礼に反すると報じています。
(以上から、全くの推測をすれば、アシュトンは上記の提案をした際に政治的に対立の焦点であるムルシ―の扱いについては意図的にあいまいにしていたのを、政権側では明確にしておこうとエルバラダイが記者会見で発言したために、仲介のぶち壊しであるとして、アシュトンが怒って退席したと言う所で、他方力のバランスの点で弱い同胞団はEUの仲介に希望をかけていると言うところでしょうか?勿論単なる推測です!!)
http://www.alquds.co.uk/?p=68351
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/egypt/2013/07/31/وصول-مسيرة-أنصار-مرسي-إلى-مقر-المخابرات-الحربية-.html
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/egypt/2013/07/30/البرادعى-مرسي-فشل-لكن-الإخوان-جزء-من-العملية-السياسية.html
http://www.aljazeera.net/news/pages/20fa28a2-fc0a-41a6-9db5-72ed176a1446
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ