中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

2018年12月

厳重警戒の中での年末年始

どうもこのような物騒ではあるが、もやもやした状況の報告で1年を締めくくるのは心苦しいが、風刺画を見ても、どうやら中東の人も2018年の火事は2019年に引き継がれ、さらに拡大する可能性があるとと危惧している模様です。
それはさておいて、この1年いろいろとお世話になりました。
来年もよろしくお願い申し上げます。皆様にはよりお年を
A very happy new year to all
 

朝方、エジプトでは内相が、20日からコプトのクリスマスの1月20日までは、治安部隊総動員の最厳重警備体制を敷くと表明したことは報告しました

その他トルコのイスタンブール市長は、年末年始にかけて、騎馬警官も動員し、39000名の警官で市の治安確保に最大の努力をすると発言し、人々のたくさん集まるところでは道路の閉鎖等の措置もあり得ると警告したtのことです。

他方モロッコでは北欧女性2名が、マラキシュ郊外で、殺害されましたが、この事件にはIS同調者が関係していたとしてモロッコ当局では、一匹狼のテロ活動の再開かと警戒する声があるとのことです・

更に、alqods al arabi net は、この年末年始ではNYをはじめ世界中の大都市で、テロを警戒した厳重な警備が敷かれていると報じています
  NYではタイムズスクウェア等では厳重な警戒が敷かれ、NYで初めてテロ警備でドローンが使用される由  
  パリでは、中心のシャンゼリゼ通り等で、厳重な警戒態勢が敷かれ、凱旋門への通りとか場所によっては交通規制が敷かれる由
  トルコのアンカラでは、31日IS関係者として30名が逮捕された
  パキスタンのカラチでも、5名を逮捕し年末のテロ計画を未然に防止した
  アルジェリアでも年末年始は、警官隊は最大の警戒態勢に置かれた
  モロッコで、特に観光の盛んな都市では、警官隊が厳重な警戒態勢をとっている
  レバノンでも警備のために軍が動員された
  
このほかスーダンでは、連日の抗議デモの関係で、バシール大統領が警告を発した由
https://www.alquds.co.uk/%d8%b9%d9%84%d9%89-%d8%ae%d9%84%d9%81%d9%8a%d8%a9-%d9%85%d9%82%d8%aa%d9%84-%d8%b3%d8%a7%d8%a6%d8%ad%d8%aa%d9%8a%d9%86-%d9%87%d9%84-%d8%aa%d8%b9%d9%88%d8%af-%d8%a7%d9%84%d8%b0%d8%a6%d8%a7%d8%a8/
https://www.alquds.co.uk/%d8%a7%d9%84%d8%b9%d8%a7%d9%84%d9%85-%d9%8a%d9%88%d8%af%d9%91%d8%b9-2018-%d9%88%d8%b3%d8%b7-%d9%85%d8%ae%d8%a7%d9%88%d9%81-%d8%a3%d9%85%d9%86%d9%8a%d8%a9-%d9%88%d8%ae%d8%a7%d8%b4%d9%82%d8%ac%d9%8a/
http://www.hurriyetdailynews.com/39-000-security-personnel-to-be-on-duty-on-new-years-eve-in-istanbul-140118











年末年始の最厳重治安措置(エジプト)

先ほどエジプトが宗派間問題対応最高評議会を設置したと報告しましたが、al arabiya net は エジプト内相が、この年末年始(特にコプトのクリスマスの1月7日)エジプト全土の治安確保のために、全国の全ての県で、非常事態を最高レベルに引き上げ、また治安部隊の動員体制を最高度(レベルGの由)に引き上げると発表したと報じています。
関係筋によると、最高度の動員体制は20日からコプトのクリスマスの翌日の1月8日までしかれ、総ての士官以下の全ての休暇の取り消し、休暇中の者でも病人以外は招集を受け、この季節に人が集まるすべての道路、教会、宗教施設、観光施設等を厳重に警戒する由。
警戒レベルGになると、最も厳重な警戒態勢が敷かれ、グループにしろ、個人にしろ、これらの地域ではすべての人の動きが厳重に警戒される由
なお、特に厳重警戒される地域としては、カイロやアレキサンドリア等の大都市に加え、ルクソール、アスワン、紅海沿岸、シナイ半島、マルサマトルーホ等外国人及びエジプト人観光客が多数訪れる地域の由
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/egypt/2018/12/30/لتأمين-عيد-الميلاد-مصر-تعلن-الحالة-ج-فماذا-تعني؟.html
先ほどの記事を書くときに見逃していたので、取りあえず追加です

テヘランの大学の学生の抗議

テへランの自由aazad大学(先日の記事では自由イスラム大学となっていたが、報道のまま)で、バスの事故で学生10名が死亡したことに対する学生の抗議があったことは先に報告しましたが、al arabiya net は同大学では30日も前日に引き続き抗議デモがあったと報じています。
記事は更に、学生の要求はali akbar verayati 大学理事長兼学長その他責任者の罷免、謝罪、独立学生自治会の許可、無料バスの運行等に渡っている由。
https://www.alarabiya.net/ar/iran/2018/12/30/مظاهرة-ثانية-لطلاب-طهران-للمطالبة-باقالة-مستشار-خامنئي.html
この問題についてhal arabiya net 以外の報道もない(サウディ系の同放送は、khasshoggi事件もあってかイランの人権問題になると張り切って報道するのは皮肉!!)ので、事件お重要性等については、良く分かりませんが、独立学生自治会の承認要求など、当局としては受け入れがたい所でしょうね

宗派間問題対策最高評議会の設置(エジプト)

エジプトでは、先日治安部隊がカイロ近郊のガザで2か所、北シナイ半島で1か所の過激派拠点を急襲し、過激派40名を殺害しましたが、その時に当局が得た情報では、過激派は今後年末年始、そしてコプト教徒のクリスマス(確か1月7日だったか?)に、キリスト教会、キリスト教徒更にはその他の宗教施設に対して、テロを行う計画であったと報じられていました。
その後この事件の詳細が報じられないので、もしかするとベトナム人観光客等の殺害事件に対する当局の情宣の一部かという気もしていましたが、al qods al arabi netは、エジプトが宗派間問題対応最高評議会を設置したと報じています。
この決定は大統領が行い29日政府広報で公布された由。
この評議会は大統領顧問が率い、軍、軍情報部、情報局その他の部局がメンバーとなり、戦略的に重要な宗派間問題を取り扱い大臣やその代表の出世kうぃおもとめることができる由
https://aawsat.com/home/article/1525581/%D9%85%D8%B5%D8%B1-%D8%AA%D8%B4%D9%83%D9%8A%D9%84-%D9%84%D8%AC%D9%86%D8%A9-%D8%B9%D9%84%D9%8A%D8%A7-%D9%84%D9%85%D9%88%D8%A7%D8%AC%D9%87%D8%A9-%D8%A7%D9%84%D8%A3%D8%AD%D8%AF%D8%A7%D8%AB-%D8%A7%D9%84%D8%B7%D8%A7%D8%A6%D9%81%D9%8A%D8%A9

けったいの背景の詳細は不明ですが、矢張りシーシ政権としては、特に、この年末からコプト教新年にかけての治安情勢に強い危機感を抱いているのでは?と思われます。
エジプト観光の方はもう既に出発されたかと思いますが、今年は各地の観光施設でも、例年にない厳重な警備に出くわすことになるかと思います。




増援部隊の国境地帯への派遣(トルコ)

トルコとロシアは双方の外相、国防相等が29日だったかに会談して、両国の北部シリアに関する政策w調整していくことで合意しましたが、huryiet net は同日トルコ軍が、国境地帯のgaziantepに複数の大砲を送り、配備したと報じています。
さらにal sharq al awsat は、トルコ軍は越境攻撃(manbijを含む対YPG)の準備の一環として、29日に引き続き、30日も増援部隊の派遣を続け、国境地帯に展開していると報じています。
http://www.hurriyetdailynews.com/turkey-sends-howitzers-to-syria-border-140114
https://aawsat.com/home/article/1525596/%D8%AA%D8%B1%D9%83%D9%8A%D8%A7-%D8%AA%D9%88%D8%A7%D8%B5%D9%84-%D8%AA%D8%B9%D8%B2%D9%8A%D8%B2%D8%A7%D8%AA%D9%87%D8%A7-%D8%A7%D9%84%D8%B9%D8%B3%D9%83%D8%B1%D9%8A%D8%A9-%D8%B9%D9%84%D9%89-%D8%A7%D9%84%D8%AD%D8%AF%D9%88%D8%AF-%D9%85%D8%B9-%D8%B3%D9%88%D8%B1%D9%8A%D8%A7
これだけでは、トルコ軍が実際にまた何時鋭意今日攻撃に踏み切るかは不明ですが、何しろ29日にロシア側と大規模会議を行い、双方の政策を調整したということですから、トルコとしては当然その軍事行動にロシアの(支持とまでは行かずとも理解は)えたものと考えているはずで、下手すると新年早々の越境攻撃もあり得るのではないでしょうか?
livedoor プロフィール

abu_mustafa

最新コメント
Categories
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ