シリアではエジプト、チュニジアの抗議運動に連帯を表明するデモが警備に阻まれて、殆ど参加者がなかったというニュースはお伝えしたかと思います。
その独裁政権の本丸であるシリアでも、抗議は行われているようで、2日付のy net news は、1日ダマスカスで物価騰貴に抗議する女性のデモが数百人集めて行われたと報じています。
警官との衝突や逮捕者等は報じられていません。
なお、このところシリア政府は抗議デモ等に対して神経をとがらせており、ネットの閉鎖等でデモ参加者が集まれないようにしているが、それにもかかわらずデモは行われていて、2月17日には首都でデモがあり、その5日後にもリビア民衆との連帯デモがあったとのことです。

記事は以上でその真偽のほどは確認不能ですが、イスラエルからはシリアの情勢はかなり良く見られるはずですので、あながち全くのイスラエルの宣伝でもないと思います。
シリアの抗議運動についてはal jazeerah net でも時々報じられています。
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4036371,00.html