アサドの演説の直後にラタキアでデモが起きたことは先に書きましたが、30付のal qods al arabi net の記事は、演説直後にラタキアで数百人規模のデモが『自由を」と叫んで行われたが、治安警察が多数展開し、銃声が聞かれたと報じています(なお、治安警察の発砲問題については、BBC放送の質問に対して、シリア外務省の報道官が、警察に対しては一切発砲しないようにとの命令が出されているとして、発砲を否定していました)。
また、ラタキアでは市内2箇所でデモがあり、激しい銃撃音を聞いたとも報じています。
また反政府派は、アサドの演説に納得できないとして、31日改めて大規模なデモを呼びかけているとのことです。

デモ関係のニュースは以上ですが、シリアでは未だ未だ緊張が続きそうです。
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=today\30z499.htm&arc=data\2011\03\03-30\30z499.htm